Yahooメールの使い方の基本

Jan 24 2008
サービスを正しく利用するためには、Yahooメールの基本を理解することが不可欠です。ハウスタッフワークスでYahooメールの使用の基本についてもっと学びましょう。
Yahoo Mailを使用すると、ユーザーは画面ビューを選択してメッセージをプレビューできます。

もちろん、Yahoo Mailの基本的な使い方には、メッセージの送受信が含まれます。ただし、Yahoo Mailの基本には、電子メールメッセージのフォーマット、添付ファイルの処理、電子メールメッセージの保存、保存、削除も含まれます。あなたはそれがすべてかなり簡単にできることがわかるでしょう。

メッセージのフォーマットと送信

メッセージを送信するには、ホームページの左上にある[新規]をクリックすることから始めます。次に「メールメッセージ」をクリックすると、新しい画面が開きます。メッセージを作成する方法は次のとおりです。

  1. 「宛先:」の後に連絡先の電子メールアドレスを入力します。複数の人に電子メールを送信する場合は、最後の名前を除く各名前の後にコンマとスペースを入れます。
  2. 「Cc:」行を使用して、電子メールのコピーを受信する必要がある人のアドレスを追加します。「To」行の最後にある「ShowBCC」の文字をクリックして、他の人が自分の電子メールアドレスを知らない、または見ないでメッセージを受信する人の名前を追加します。
  3. 「件名」の後に、電子メールのトピックを説明する単語をいくつか書いてください。よく知らない人に連絡するには、電子メールがスパムのように見えないように、非常に具体的にします(「HRミーティング2-21の議題」、「木曜日のU-12サッカーゲーム」)。
  4. 大きな作成ウィンドウにメッセージを入力します。件名の下のバーの要素を使用して、書体、サイズ、色などの選択肢でメッセージをフォーマットしたり、リンクや絵文字(感情を表すタイプで作られた顔)を追加したりできます。
  5. 「宛先:」の上にあるバーの「スペル」をクリックしてスペルを確認し、「送信」をクリックしてメッセージを送信します。メッセージが送信されたことの確認が表示され、メッセージは自動的に送信済みフォルダに保存されます。[下書きを保存]をクリックすると、部分的に書き込まれたメッセージを下書きフォルダに保存して、終了して後で送信できます。「添付」をクリックすると、添付ファイルを追加できます。そのプロセスについては、次のページで詳しく説明します。

受信、応答、保存

Yahooメールは10分ごとに新着メールを自動的にチェックします。受信トレイアイコンの後の括弧内の番号でメッセージを受信したことがわかります。Yahooメッセンジャーでアラートを設定して、Yahooメールに新しい電子メールが届くたびに音を鳴らすこともできます。(Yahooメッセンジャーは無料ですが、ソフトウェアをダウンロードして登録する必要があります。詳細については、「Yahooメッセンジャーの仕組み」を参照してください。)

受信トレイを開くと、メッセージが右側に表示され、最新のものが上部に表示されます。未読メッセージは太字で表示されます。リストの上には、各電子メールに対してアクションを実行するために使用できるコントロールバーがあります。あなたはクリックすることができます:

  • メッセージの件名または送信者がメッセージを開いて読みます。メッセージは、メッセージリストの下の閲覧ウィンドウに表示されます。
  • 「返信」して返信し、送信者のみに返信するか、すべてに返信するかを選択します。
  • メッセージのコピーと添付ファイルを他の人に送信するための「転送」。
  • 不要なメッセージのフォルダにメッセージを送信するための「スパム」。(スパムとセキュリティについては、この記事の後半で詳しく説明します。)
  • 「移動」して、設定した別のフォルダにメッセージを保存します。
  • 「印刷」はメッセージを印刷します。
  • メッセージをごみ箱フォルダに移動するには、「削除」します。このフォルダをまだ空にしていない場合は、ゴミ箱からメッセージを取得できます。

基本をマスターしたので、添付ファイルの送受信、メッセージの保存と検索、リモートからの電子メールへのアクセスなど、Yahooメールのより高度な機能を見てみましょう。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved