WHOは、小児の肝炎発生に関連する1人の死亡、17人の肝移植を報告しています

Apr 25 2022
「原因不明」の多国間肝炎の発生が1か月から16歳の子供たちの間で報告されています

世界保健機関(WHO)が土曜日のプレスリリースで明らかにしたところによると、11か国で発生した結果、子供に少なくとも169例の「原因不明の急性肝炎」が発生しました。

国際保健機関によると、すべて1か月から16歳の症例で、1人が死亡し17人が肝移植されました。 

WHOはまた、多くの症例が、腹痛、下痢、および重度の急性肝炎、肝酵素レベルの上昇、黄疸を伴う前症状の嘔吐などの胃腸症状を報告したと報告しました。しかし、ほとんどの場合、発熱はありませんでした。 

症例の大部分は英国(114)であり、スペイン(13)、イスラエル(12)、米国(9)、デンマーク(9)がそれに続いた。オランダ、アイルランド、イタリア、ノルウェー、フランス、ベルギー、ルーマニアも、それぞれ5件未満の症例を報告しました。

「肝炎の症例が増加したのか、それとも予想された割合で発生するが検出されない肝炎の症例の認識が高まったのかはまだ明らかではない」とWHOは発表の中で述べた。「アデノウイルスは可能性のある仮説ですが、原因物質の調査が進行中です。」

関連動画:Wash。看護師が患者に自分の薬の針を使用し、C型肝炎に感染したとされる

ストーリーを見逃すことはありません— PEOPLEの無料の日刊ニュースレターに登録して、ジューシーな有名人のニュースから魅力的なヒューマンインタレスト記事まで、PEOPLEが提供する最高のものを最新の状態に保ちましょう。

多国間発生の調査は進行中であり、各国はWHOの支援を受けて独自のテストとサーベイランスを実施しています。

「COVID-19パンデミック中のアデノウイルスの循環レベルの低下に続く幼児の感受性の増加、新規アデノウイルスの出現の可能性、SARS-CoV-2の同時感染などの要因をさらに調査する必要があります。 「WHOは付け加えた。 

保健当局は、症例が報告されている国では旅行を制限する必要はないと述べています。コメント防止策として、定期的な手洗いと衛生管理が提案されています。

先週、米国疾病対策センターは、幼児の重症肝炎症例の増加を警告する全国的な警告を発しました。

CDCは、「原因不明の肝炎の小児患者に遭遇する可能性のある米国の臨床医に、アデノウイルス検査を検討し、そのような症例の報告を州の公衆衛生当局およびCDCに引き出すために」健康警告を発していると述べた。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved