美しさ:奇妙なパラドックス?

May 08 2022
鏡、壁の鏡それらすべての中で最も美しいのは誰ですか?しかし、私の質問は、鏡がそれをまったく言うことができるかということです。美しさは驚異の驚異です。美しさはいたるところにあります。
幻想か知覚か?

鏡、壁に鏡

それらすべての中で最も美しいのは誰ですか?

しかし、私の質問は

鏡はそれをまったく言うことができますか?

美しさは驚異の驚異です。美しさはいたるところにあります。自然界では、雷雨の直後に輝く日光の美しさは、生命の恐ろしい厳しさからの保護のジェスチャーです。音楽では、ミュージカルメランジュの無形のダイナミクスに重ねられた美しさが、私たちを苦痛の影響を受けにくくします。書面では、すべての単語を感情で結びつけることの美しさは、私たちの心に翼を与えます。絵画では、美しさの強さは画家の目的を隠し、何よりも、輝く顔の美しさは私たちの欲望の地獄を乗り切ることがあります。

私たち人間は常に美の追求に迷い込んでいるようです。時には、それは私たちの虚栄心を掴むこと、そして時には満場一致で賞賛されるbric-à-bracを所有することに関係します。全体的な目的は美しさに囲まれているようです。どうしてそうなの?なぜ私たちにとって美しさはとても重要なのでしょうか?

美しさとは何ですか?

普通の心が主張するように、美しさは私たちを魅了するものであり、それは私たちの精神に浸透している耐え難い暗闇にもかかわらず、私たちに毎日呼吸する理由を与えます。現代科学のレンズを通して語られる場合、美は美学を体験することに関係する最も重要な断片の1つであり、人間の観察者に前向きでやりがいのある反応を刺激する古典的な品質のものです。

狭い場所?

美しさを知覚するという概念は、プロット全体の中心が最初から明確になるまで、混乱を招き続けます。それは、物事を見たり、視覚情報を処理したりするという現実への大きな迂回に頼っています。

実際に見えますか?

仕事で頭を悩ませると、最終的には疑問が浮かびました。目の後ろにある小さくて平らな網膜が、私たちの周りのすべての生きている物体と生きていない物体の詳細を最高の精度で視覚化するにはどうすればよいでしょうか。

視覚情報を受け取るプロセスははるかに当惑していることがわかります。外界から視覚情報を受け取る網膜と後頭葉の間の素晴らしい相乗効果。主に人間の脳の後ろで休んで、入ってくる視覚情報を解釈します。出来上がり!これが、内部システムで外部世界のクローンを再作成する方法です。

繰り返しますが、私たちが美しいものを見ると、それは脳内の化学反応を促進し、ドーパミンやセロトニンなどの特定のホルモンを放出します。これらのホルモンは、恍惚としたさわやかな感情の回復を引き起こします。

ファンダメンタルズの徹底的な解明により、まだ残っているいくつかの長引く質問があります。美しさは主観的ですか?すべての人に賞賛される普遍的な美しさの基準はありますか?

以下の質問は、自然と直接関係のある美について推測する人類の進化の歴史を研究することを私たちに強いています。美の理想が対称性と平均化と融合するのは自然界です。茎から木、花からノーチラスの殻まで、対称性は古くから自然法則として行使されてきました。私たちの祖先によると、この自然法則から逸脱するものはすべて、人間の存在に対する脅威である可能性があります。これが、私たちがそのような基準を魅力的にするために遺伝子レベルで条件付けられている理由です。最小限の逸脱でこれらの基準に近い人々は、ドーパミンのレベルを上げるために私たちの報酬センターへのアクセスを許可し、私たちが喜びと満足を感じることを可能にします。そのような美の理想は、完全にではなく本質的に同意するようにすべての人を合理的に説得します。美しさを評価する進化を通して、

美しさには限りない全体がありますが、そうでない場合は、さまざまな好みについての質問が提起されます。なぜ世界の一方の端では人々は公平性に執着し、もう一方の端では日焼けが何よりも好まれているのですか?

美しさが見る人の目にあることはほとんど自明です。しかし、私たちが美しさの偏見の具体的な理由を探しているなら、「美しさは見る人の文化的に条件付けられた目です」という新しいタグを作ることによって答えられるべきです

私たちの美に対する認識は、私たちの文化に加えて、主に私たち自身の反射に基づいて行動することによって形作られています。子供の頃、私たちの焦点は私たちだけにあります。私たちは自分の特徴に基づいて理想的な美の基準を開発する傾向があり、私たちが成長している文化が子供の頃の私たちの理想と完全に一致している場合、時間の経過とともに私たちは新しいレベルの自信と自信に到達します。

とにかく、私たちの文化が私たちの独特の特徴を積極的に支えていない場合、残念ながら私たちは不満に満ちた社会への入会を与えられ、最終的に私たちの自信をパルプに壊します。

明らかに、美しさは主に文化的です。私たちの目は、私たちの文化に関連するレンズを適用し、脳内でどのように美しさを再現するかによって、美しさを理解するように訓練されています。これは、ある個人が魅力的であると感じ、別の個人から肩をすくめることを正当化するのに役立ちます!

15歳くらいのときに起こった事件の記憶が今も残っています。ウィスピーな前髪が続く傾向があったので、やってみることにしました!自分のヘアスタイリストになって、必死に髪の毛をカットしました。自分が発酵させた混沌を見ると、母に急いで駆け寄りました。泣き声は数日間続き、クラスメートが曲がった前髪にどう反応するかを考えて神経質になっていたので、学校をスキップしました。学校に行く勇気を奮い立たせたその日、誰も私の髪の虐殺に気づかなかったのは全くの驚きでした!

それ以来、私は並外れた哲学を発見し、それ以来それを堅持してきました。美しさは香水に非常に似ています。一度適用されると、それは私たちの周囲に一時的な欲求を植え付けますが、時間とともにその適応能力が担当します。呪文の香りのキャストは、単なるアイデンティティにフェードインします。私の事件はそれのデモンストレーションです。私の友達は私の本当の自分にとても慣れていたので、変容はほとんど揺れませんでした。美とアイデンティティの戦いでは、道徳的な原則、内面の美しさ、知識を身に付ければ、アイデンティティは常に優雅に永続的に老化します。

私たちが自分自身の美しさと私たちの中にある潜在的な可能性を信じるように自分自身を拡張する場合にのみ、美しさはますます包括的になります。私たちがこのジレンマを克服し、私たちの特徴を前向きに認識したら、見る人は同じことをしなければなりません。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved