トランスジェンダー:男性から女性への移行で最も困難な部分は何でしたか?

Sep 24 2021

回答

JaeAlexisLee Aug 06 2017 at 00:14

「これ、ここで一番大変だった…」と言えばいいのにと思います。それは真実よりもずっと簡単でしょう。

それらの最初の一歩を踏み出し、30年以上男性として提示した後、女性として提示する...それは大変でした。私たちが未知のものを恐れる方法でそれは恐ろしいものでした。通り過ぎないことで暴力に苦しんでいるトランスジェンダーの女性のことをよく耳にします...私は恐れていました。大変でした。見知らぬ人との交流についてパニック発作を起こします。トランスジェンダーだと知って、みんなが私を見つめているような気がしまし。私にとって、これは簡単ではありませんでした。

それが一番大変でしたか?

わからない。HRTは、私が「ダイヤルイン」して調整されるまでにしばらく時間がかかりました。移行とは、乗り越えて変化するための大量の変化です=ストレス。移行から8〜9か月間、私は長い間感じていなかったような最低点に達しました。私は別れの手紙を書き始め、自分の人生を終わらせるための最も合理的な方法を計画し始めました。「今は元気です。出てきて、ようやく世界が本物の自分を見るようになりました。今は死ぬことができて大丈夫です」と思いました。

あのね?それは幸せな場所ではありません!私は私の医者に話しかけ、ホルモンの投与量を変更し、セラピストとの仕事を倍増させました。それらはすべて非常に役に立ちました。(いいえ、実際には、ホルモン投与量の変更だけで物事が大幅に改善されました。)

手術は荒く、私はまだ治癒しています。数か月後には、それについてどのように感じるかがよくわかります。たくさんの鎮痛剤。たくさん。術後の疑い、うつ病、不安がたくさんあります。ああ、そして私は手術前にHRTを止めなければならず、手術後しばらくの間再開することができなかったので、正常と考えられている術後うつ病に加えて、より多くのホルモンの問題にうんざりしていました。簡単ではありませんでした。手術の向こう側に出てきたとき、私が感じると思っていたことがたくさんありました...そして私はそれらのことを感じませんでした。思った通りに近づいていますが、手術に満足できなかったので時間がかかります。知的には、「物事が正しく見えるまでに3か月かかる」と言うのは1つのことです。物理的には、毎日起きて鏡で自分自身を見ているのは別のことです。再癒し。それが難しいとは思いませんでした。

終わりのない出てくる瞬間があり、それらのすべては恐れを持って来ました。私の家族の他のメンバーがそばに座ってそれを止めるために何もしなかった間、感謝祭のディナーに行き、私の家族のメンバーによって殴られ、嘲笑されました。大変でした。(公平を期すために、私の家族全員が出席していなかったし、出席していた人々を真剣に受け止めなかった人々の多くは、私がどのように扱われたかを任務に就かせました。結果の何かについて話すために'より良い。)

私は人生の他の場所でひどくひどく行き、ここで本当に話すことができませんでした(私はそれが足りないことを知っています)それは私を落ち込んで何週間も悪夢をかわし、私に直面する新しいものを与えてくれました私のセラピストに。それは大変でした(そして今でも難しいです)。そのようなことが驚くべき頻度でトランスジェンダーの人々に起こることを知っていたにもかかわらず、私は自分自身に「しかしそれは私には起こらないだろう」と自分に言い聞かせたので、それの一部は難しいです。そしてそれはそうしました、そしてそれは私が世界と対話する方法の一部を粉砕しました、そしてそれは後で対処するのが難しいです。

たぶん、難しいと言うことを1つ選ぶ必要があるとしたら、それは次のようになります。移行の最も難しい部分は、遠方の知的理解を超えて理解するコンテキストがなかった課題の現実に直面することです。何かが起こるかもしれないこと、そしてそれが傷つくかもしれないことを知り、その可能性を受け入れることは一つのことです...それは現実に対処するための別のことです。

ほら、トランジションはたくさんの小さなものとたくさんの大きなものでいっぱいです、そしてそれらのいくつかはエキサイティングな間でさえ怖いです。多くのことは難しいですが、それらはさまざまな方法で難しいです。恐れに立ち向かうことは一つのことです。痛みへの対処は別です。あなたがトランスジェンダーであるために負わされた感情的な傷からの回復...それも簡単ではありません。

それが多くの悪いことのように感じるなら...まあ、ええ、本当に、本当に面白くない移行のチャンクがあります。素晴らしく、美しく、肯定的な移行の部分がたくさんあります。私にとっては、すべての難しい部分があっても、人生はより良いと絶対に言います。本当にそうです。私にとって、それはそれだけの価値があり、私はそれをやったことをうれしく思います。私はそれをもう一度やり直します、そして私は人生がとても良いのでこの旅を続けるつもりです。

安値が当たったり、つらいことが起こったりしたときに、残りの人生がどれほど良いかを思い出すのは難しいことがありますが、私があなたに何かを残すことができれば、それは私とすべてのバンプに沿って旅をした他の多くの人にとってそれです彼らが見つけた方法...移行は人生をより良くします。本物の生活を送る能力は非常にポジティブなので、あなたが本当の自分であるためだけに、上記のすべてに対処する価値があります。

SageBrice Jul 06 2018 at 05:47

性転換に関するほとんどすべてが難しいです。幸福感、爽快感、安堵感でさえ悲しいのは、違和感がいつもどれだけ傷ついているのか、どれだけ失ったのか、半減期をただの影としてどれだけ長く生きてきたのかをあなたにもたらすからです。あなたが誰である可能性があります。

あなたが言うように、移行はバラバラになって自分自身を新たにするようなものです。確かに、あなたはいつもと同じ老人ですが、あるレベルでは、あなたに関するほとんどすべてがその過程で変化します。大変な作業で、どの部分が一番難しいかはわかりませんが、どれが一番難しいかはわかります

よりフェミニンに聞こえるようにあなたの声を変えることは本当に、本当に、難しいです。

生理学があなたに反対しているだけではありません-最も明白な性別の記号はピッチであり、テストステロンはおそらくあなたの声帯を長くし、あなたのピッチを深めました。公平を期すために、ピッチは確かに重要ですが、母音の長さ、イントネーション、共鳴、抑揚などの他のものがより重要です。声の低いほとんどの女性は、話すときにまだ認識できるほど女性です。

習慣を破るのが難しいというだけではありません。スピーチは信じられないほど複雑な手順であり、そのほとんどすべてが若い年齢で無意識のうちに学習され、内面化されます-通常は間違った性別を模倣することに基づいています。しかし、繰り返し練習することで習慣を変えることができます。あなたがする必要があるすべての変更は学ぶことができます。

とても難しいのは、あなたの声を変えることが、トランスジェンダーになるのが難しいすべてのことの核心にあるということです。

口を開いて話すたびに、見知らぬ人にも自分の心にも性別があります。声の信号は強力で、性別が強くなっています。話すことは耐え難いことであり、声の練習はもっと悪いです。なぜなら、それが上手になるまで、女性の声でのあらゆる努力は、あなたが実際にどのように男性の声を出すかを強調するように見えるからです。

Many trans people have a difficult relationship with their voice even before transition. I always hated mine. In fact, I barely let anyone hear it. My ‘male’ voice is extremely quiet, weak and unreliable. It hides in the back of my throat as though I were hoping to snatch it back before anyone can recognise it. I’ve never been comfortable taking up space. Taking up space, being loud, feels masculine and dominant - the urge to disassociate is so strong that I basically swallowed my voice in the process. Sometimes even an audible ‘hello’ or ‘excuse me’ is more than I can manage.

In trying to unlearn that habit, I have to confront my hatred of my own male persona. I have to confront the urge to hide myself, the underlying sense of shame. I have to will myself to tell the world that I’ve got something to say - something worth listening to. I’ve got to convince myself that I’m entitled to that space, entitled to be heard. I’ve got to stop apologising for being born ‘wrong’.

At the same time, all the characteristic of a feminine voice are characteristics associated with submission. To put it crudely, the feminine voice is basically calibrated to appease dominating males, and to provide comfort to others. The melody, the long, pleasing vowels, the soft sweet tones, the unassuming inflection. To speak with a feminine voice is to mark yourself as vulnerable, open. Women who go into business or politics are trained explicitly to masculinise their voice in order to come across as authoritative.

To be sure, there are absolutely women who manage to sound strong and assertive while also sounding recognisably feminine. But most of the ways we think about agency, about passivity and action, about weakness and strength, are based on the same dichotomy of masculinity and femininity. All the easiest shortcuts to sounding feminine play straight into that stereotype.

So, to speak with a feminine voice is also to open myself up in another way - to mark myself as vulnerable. In other words, it means letting go of anything about my voice that could help me hold on to a sense of authority, assertiveness and power.

People assigned male are taught from a young age not to reveal any signs of femininity. Femininity is seen as a weakness, and it is forcibly squashed out of you. Transfeminine people are the butt of so many jokes, and the object of so much fear, precisely because they are seen as men choosing to be effeminate . It goes against every taboo in the book.

As a closeted trans person, even though on one level I was always proud to have and express a strong feminine side to my character, on another level I was always in hiding - as much from myself as from other people. As an out trans person, I still find it terrifying and deeply uncomfortable to do anything which I feel could associate me with that comic figure of the ‘man in a dress’. It doesn’t help, either, that behaving feminine when you are visibly not a cis woman generally gets you read as a gay man. I don’t mind being read as gay - I am queer, so what’s the difference? - but I do mind being read as male.

To intentionally speak with a feminine voice - especially as a beginner, when you know you will be making at best a clumsy approximation - is to be all these things at once: to make yourself small and vulnerable, to surrender any signs of authority and assertiveness, to risk sounding like a parody, and to make a fool of yourself in public. And at the same time, at least for me, it is to overcome all the shyness, inhibition, and self-loathing associated with not wanting to seem like a man. All the habits of hiding, of being soft-spoken, of not taking up space.

Paradoxically, to feminise your voice you have to confidently own your space while simultaneously surrendering all signifiers of strength and authority.

The voice is a deeply personal thing. Speech involves all the capacities of both the body and the mind. To overcome such a contradictory tangle of inhibitions requires all your strength - physical, emotional and cognitive. In the early days of voice training, my voice would literally refuse to produce a sound. Even after I had learned to produce a passably good feminine voice in sessions with my speech therapist, my voice in public would revert to a low, quiet growl. If I tried to force it, my voice would simply disappear altogether.

Slowly but steadily, my voice has started to change. Relatives and friends whom I don’t see regularly notice the difference from one visit to the next. In encounters with new people it’s even easier - my voice comes out markedly more feminine. If I practiced more often and more regularly, I could probably achieve a voice that reliably gets me read as a woman. And my everyday voice is clearer, more open, and more feminine than it has ever been. But I still slide.

素晴らしいコメディショーとポッドキャスト、The Guilty Feministがあります。これは、常に公式の即興の告白で始まります。「私はフェミニストですが…」。アイデアは、あなたのフェミニストのコミットメントを損なう不安や偽善のいくつかをからかうことです。私自身の個人的なバージョンは次のようになります:「私はフェミニストですが…真剣に受け止められるたびに、私の声は不思議に低くなります」。

私の声を変えることは、これまでのところ達成するのが最も難しい適応でした。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved