トーナメント

Jan 22 2008
トーナメントは、騎士が制御された環境で武術を披露できるイベントでした。中世のトーナメントの詳細をご覧ください。
騎士団は、2005年にイギリスで開催されたトーナメントで、最後の男として立った足の戦闘チャレンジ(近接)で互いにクラブを組んでいます。

平時、騎士はしばしばトーナメントで武術を発揮しました。トーナメントは通常、城の敷地内で行われました。中世のトーナメントは、今日の大規模なスポーツイベントのように、主要な観戦スポーツでした。初期のトーナメントでは、多くの騎士が近接と呼ばれる見かけ上自由に戦った。近接攻撃は実際の戦闘に非常によく似ていました。騎士たちは大きなグループに集まり、裁判官または元帥は戦いが始まるように合図しました。各騎士は別の騎士と戦い、勝利者は別の対戦相手に移動し、最後に立っていた騎士が勝者でした。多くの騎士が負傷したり殺されたりしたため、教会は近接戦やトーナメントさえも嫌っていました。

トーナメントで最も人気があり、ロマンチックな競争は馬上槍試合でしたリストと呼ばれる敷地のエリアでは、馬に乗った2人の騎士がお互いに突撃します。各騎士は、先端が鈍い木製の槍を持っていました。それぞれが相手の体や頭の槍を壊そうとしたり、相手を馬から叩き落とそうとしたりしました。彼らは槍を壊したことでポイントを獲得し(ポイントの数は相手の体のどの部分が打たれたかによって異なります)、通常、ラウンドで1から3回のチャージがありました。

武器は鈍くされたが、多くの騎士は馬上槍試合で負傷したり殺されたりした。フランスのアンリ2世は、壊れた槍が彼のヘルメットのバイザーを貫通した1559年に馬上槍試合で殺されました。

馬上槍試合の勝者は競争に進み、他の騎士に挑戦することができました。敗者は彼の鎧と馬を勝利者に引き渡さなければなりませんでした。通常、勝者は鎧と馬を敗者に売り戻します。このようにして、騎士はトーナメントで財産を蓄える(または失う)ことができます。一人の騎士、ウルリッヒ・フォン・リヒテンシュタインは、ヨーロッパ中のトーナメントで素晴らしいキャリアを築き、彼の冒険について書きました。(映画「AKnight's Tale」で、ヒース・レジャーのキャラクターがウルリッヒ卿になりすましたことを思い出してください)。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved