太極拳の歴史

Nov 21 2007
太極拳の動きは、心と体を強化しながら道教の原則を教えます。太極拳のルーツが道教にどのようにたどられるかを学びましょう。

太極拳のルーツは道教の精神修行にあります。張三丰の最初のインスピレーションが実際に蛇と鶴の戦いから来たのか、夢から来たのかはわかりませんが、この12世紀の道教徒は、老子の基本原理に基づいて太極拳の動きを発明したことを知っています。老子と道教。

太極拳は「完璧なボクシング」を意味し、道教の哲学的原理に基づいた武道を指します。張三丰の夢で示唆されているように、この芸術はまた、その開業医に健康と幸福の驚くべき利点を授けます。

習得すると、芸術は、その優雅でありながら実用的な動きを通じて、人生とタオの1万ものものとの各出会いに適用される調和の生きた表現です。あらゆる行動は、世界で遭遇する力との完璧なバランスをもたらすために使用されます。したがって、芸術は実際にその実践者に陰と陽の原理を適用する方法を教えると言うことができます。

太極拳が現実世界の力に対処することに専念する習慣であるように、それはまた精神を発達させることを目指しています。それは、心と体を別々の部分として扱うのではなく、単一のまとまりのある単位として扱うことによって行われます。

したがって、エクササイズは体だけでなく精神のためにも設計されました。一方を強化することは、もう一方を強化することを意味します。最高レベルでは、太極拳は、精神を高め、体を浄化しようとする道教の精神修養の一部でもあります。

太極拳の生きた図像

太極拳の動きは、特定の哲学的原則を表しています。太極拳のルーツである芸術は、高度に専門化された知識、つまり道教の基本原則を伝える手段として意図されていたとさえ信じている人もいます。

戦いを通して彼らの強さをテストすることへの多くの若い男性の情熱とスコラ学への彼らの典型的な嫌悪を認識して、過去のマスターは素晴らしい計画を思いつきました。何世紀にもわたって知恵が完全に消えるのを防ぐために、彼らはそれを太極拳の動きに埋め込んだ。

さらに、彼らは偉大な戦闘機になるために必要なすべての資質を芸術に与えることによって、芸術を魅力的にしたという信念があります。それで、戦うことを学ぶことは、道教の原則のすべてを学ぶことを必要としました-確かに巧妙な計画、そして非常にうまく機能したもの。

この信念に真実があるかどうかにかかわらず、実際には、各動きは特定のアイデアを表すアイコンです。一緒に姿勢は、道教の哲学に深く精通している人だけがそれらを正確に解釈できるように、知識と動きを巧みに織り交ぜる秘教のダンスのようなものを形成します。

ただし、動きを理解している知識のある視聴者は、内部の治癒効果と戦闘アプリケーションの両方について広範な解説を提供できます。そのようなコメンテーターはまた、運動の哲学的基盤について議論することができます。

タロットデッキのカードの名前のように、太極拳のさまざまな動きの名前は、情報を整理し、独自の目的でカテゴリを説明する方法です。このため、太極拳の動きはアイコンと見なすことができます。太極拳の動きの完全なセットで一緒にリンクされている場合、アイコンは、学生が模倣、学習、および熟考するための生きたライブラリとして機能します。

次のページで、太極拳の教えの始まりと、その実践が他の武道とどのように異なるかを学びます。

太極拳と道教の詳細については、以下を参照してください。

  • 太極拳
  • 道教哲学
  • 気功演習
  • 道教とチー

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved