太極拳の武道への応用

Nov 21 2007
8つのテクニックは、太極拳の武術の1つの要素です。8つのテクニックと、それらが太極拳でどのように使用されるかについて学びます。

太極拳の武術の重要な要素の1つは、8つのテクニックです。これらの技術は、武道の太極拳の基礎を形成する2つの道教理論に関連しています。

最初の理論では、ウー・チーは陰と陽を生み出し、これらの主要なエネルギーの相互作用は、天、地、湖、山、風、雷、水、火の8つの自然の力を生み出します。

5要素理論として知られている2番目の理論があります。この理論は、要素間の関係が破壊と創造のサイクルの図に示されている動きまたは変換として表されるため、5相理論とも呼ばれます。

自然の8つの力のシンボルが5つのフェーズのシンボルと結合されると、13の構成が得られます。これらのフォーメーションは、13の基本的な太極拳のアイデアに関連しています。これらには、5セットの動きの中で適用される8つの異なる武術が含まれます。

8つのテクニックとそのトリグラム

元の8つのトリグラムはのhexagrams形成するために使用されるIチン存在の三つのレベルおよび対応する:最上位行が天を表します。真ん中の線、人類; そして最も低い線、地球。これらの卦は非常に古くているとさえの作成さかのぼる易経を

トリグラムの背後にある考えは、狩猟と釣りが主な職業であった初期の時代に5000年以上前に住んでいた神話上の支配者伏羲に起因しています。

要素が反対のペアに編成され、コンパスのポイントに関連付けられている場合、その配置は「初期の天国のシーケンス」または「プライマルアレンジメント」として知られています。天と地は南と北、山と湖は北西と南東、火と水は東と西、そして雷と風は北東と南西に関係しています。

この基本構造から、太極拳は情報を表す手段としてトリグラムを使用します。「エイトゲート」として知られる8つの戦闘テクニックは、特定のトリグラムに割り当てられています。

要素自体と同様に、8つのテクニックは、次のようにグループ化された陽と陰の補完的で反対のペアに編成されます。ワードオフしてロールバックし、押して押し、プルダウンして分割し、肘のストロークと肩のストロークを行います。

これらの動きは要素に関連付けられているため、方向にも関連付けられ、太極拳のシンボルの周りに相補的な反対のペアで配置されます。8つのトライグラムは、4つの基本方向(S、N、E、W)と4つのコーナー(SE、NE、SW、NW)として知られる2つの半分に分割されます。

南は天国の場所です。これは3つの陽線で表され、システム全体で陽気が最も集中していることを示しています。太極拳に関しては、これは最も強力で攻撃的な力に変換されます。天国に関連する創造性と相まって、それは知的に加えられた力の縮図になります。この六芒星に関連する太極拳の動きは、ワードオフとして知られています。

北は地球の方向です。これはロールバックのトライグラムであり、回避するための補足です。理論に忠実に、ロールバックは3本の破線で示されます。この動きは、対峙しようとするのではなく、後退を示しています。戦略的に降伏することで、ターゲットが消え、相手の努力が無害に拡散します。

ワードオフとロールバックでは、ハードとソフトの前進と降伏のパターンが再び見られます。完全に等しい2つの力で、それぞれがそれ自体で比類のないものです。

水のトリグラムで示されるプレスは、西に割り当てられています。これは、間に実線がある2本の破線で示されます。火に象徴されるその補集合であるプッシュは、東にあります。このトリグラムは、破線で区切られた2本の実線です。

四隅は、北東では雷とその動きで分割され、南西では風とその動きで引きます。山は北西にあります。その動きは肩のストロークです。その補完物である湖は南東にあります。その動きは肘のストロークです。

ご想像のとおり、8つの手法を適用することは簡単なことではありません。まず、八卦で示されるそれぞれの動きを学ぶ必要があります。たとえば、プッシュとは、単にブルートフォースで誰かを押しのけたり押し下げたりすることを意味するものではありません。アクションとは、正確な方法で実行される一連の詳細な動きを指します。さらに、8つのテクニックのそれぞれは、太極拳の姿勢の完全なセットのいくつかの異なる場所で見つけることができます。

太極拳の武術の応用の一部でもある五相理論について学ぶために読み続けてください。

太極拳と道教の詳細については、以下を参照してください。

  • 太極拳
  • 道教哲学
  • 気功演習
  • 道教とチー

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved