生涯コーチ(ママという名前)からの最高のキャリアアドバイス

May 09 2022
過去25年間、私には何人かのメンターがいて、そのほとんどが女性でしたが、特に1人の女性が、無数の方法で私の成功を促進するのに役立つキャリアアドバイスをたくさんくれました。この女性は、フランス語の教師、プロモーションディレクター、画像コンサルタント、HRエグゼクティブ、そして最終的にはアーティストなど、生涯を通じてさまざまな業界や役割で働いてきましたが、一貫して1つの仕事があります。それはメンターです。

過去25年間、私には何人かのメンターがいて、そのほとんどが女性でしたが、特に1人の女性が、無数の方法で私の成功を促進するのに役立つキャリアアドバイスをたくさんくれました。この女性は、フランス語の教師、プロモーションディレクター、画像コンサルタント、HRエグゼクティブ、そして最終的にはアーティストなど、生涯を通じてさまざまな業界や役割で働いてきましたが、一貫して1つの仕事があります。それはメンターです。母の日を祝うにあたり、私が個人的なコーチであるママから受けた教訓のいくつかを共有したいと思います。これは、私自身のチームと私が指導するチームの両方に長年にわたって繰り返してきました。

UnsplashのPrateekKatyalによる写真

1.リストを作成し、2回確認します。数年前に求人を考えて決断を迷ったとき、母は、当時の仕事で好きだったものと嫌いなもののリストを書いてほしいと提案しました。新しいものを取ることになっていた。それは私に私の情熱のポイント、私を妨げていたもの、そしてこの申し出を受け入れるために私が本当に必要とするものについて本当に考えることを余儀なくされました。それはより多くのお金、ストックオプション、そして紙の上では良い動きのように見えましたが、短所は私のリストの長所を上回り、私はそれを断りました。

2.あなたの腸を信頼してください。私がとらなかったそのポジションには魅力的なものがたくさんありましたが、何かが私を妨げていました。その大部分は、それが私にとって単に間違った動きであるという感覚でした。ママは「疑わしいときはしないでください」というフレーズを大いに信じており、この場合や他の多くの場合、それは持ちこたえています。求人を拒否してから10か月後、会社が私が運営していたはずのコミュニケーション部門全体を解雇したことを知りました。

3.相互の(不)尊重。私たちは皆、不親切または否定的な困難な同僚やクライアントについて不平を言ってきました。そして、主は知っています、私は私の分担を持っていました。私の母はよく私に「これらのことは通常相互に関係している」と言ってきました。翻訳:あなたが誰かを好きではない、または尊敬していない場合、彼らはおそらくあなたについて同じように感じます。それがすべての場合に当てはまるとは思いませんが、ほとんどの場合そうです。(考えてみてください。)誰もが私を好きでなくても大丈夫だということを学ばなければなりませんでした。—しかし、実際には、これまで一緒に仕事をしたすべての人が好きではありませんでした。すべての同僚と親友にならないことを受け入れることができる限り、さまざまな性格に対処することを学び、敵を作らないようにしてください。あなたは大丈夫でしょう。

4.その場で申し出をしないでください。ママはまた、大学卒業後の最初の求人から、どんなにひどく仕事をしたいと思っても、受け入れる前に常にそれについて考える時間を求めなさいと私に言いました。24時間の期間でも、詳細を確認し、質問をし、必要に応じて交渉し、明確な決定を下すことができます。あなたにポジションを提供した会社があなたがすぐに答える必要があるとあなたに言うなら、それはおそらくあなたにとって正しい役割ではありません。Glassdoorの調査によると、米国での採用プロセスの平均期間は約23。8日です。あなたがその仕事にふさわしい人物であることを彼らが知るのにそれほど長い時間がかかる場合、彼らは確かにあなたにそれを受け入れる前にそれを熟考するために数日を与えることができます。

5. (ほとんど)常に小刻みに動く部屋があります。母が人事とコーチングの分野に入る前でさえ、新しい仕事のために点線で署名する前に(またはすでに持っている場合は確認してください)。ほとんどの人事専門家は候補者が交渉したいと思っており、適切な人にとってはある程度の柔軟性を持っている必要があるため、企業が提供しなければならないものを最大限に提供することはめったにありません。私は21歳で22,000ドルで最初の求人を受け取りました(そうです、エントリーレベルのPRの仕事は、ニューヨーク市で一度支払われました—それは犯罪です!)。お母さんの言いなりで、私は25,000ドルを要求し、完全に石化した。しかし、何を推測しますか?彼らは24ドルに同意しました

6.あなたが話していることを知っているように振る舞うなら、人々はあなたを信じるでしょう。私が上で共有したように、私の母は彼女の職業生活の中で多くの異なることをしました、しかし彼女が一貫してしたことの1つがあります:彼女がその時に何をしていたかについて自信を持っていました。たとえば、彼女はファッションの経験がなく、経営幹部の自己紹介を支援するために大手企業に雇われた成功した画像コンサルタントになりました。彼女はキルティングと色彩理論への愛情と知識を、全国のギャラリーや審査員によるアートショーに飾られているモダンで印象的なファイバーアートの作品に取り入れ、世界中で彼女のアートテクニックを教え、3冊の本を出版しました。いくつかのテレビ番組にも出演しました。その内なる批評家が、あなたがこれまでにやったことがないか、まだ「専門家」ではないかもしれないので、何かをすることができないとあなたに言うのを聞いたとき、それで、何ですか?新しいことに取り組まない場合、どのようにして筋肉を成長させ、曲げることを学びますか?自分を信じて、勉強して自信を醸し出せば、そこにたどり着きます。

7.線の外側に色を付けてもかまいません。私の母は決して規則やシステムのためのものではありませんでした。彼女は高校生にAurevoirの言い方を教えるのが大好きでした!、彼女は公立学校制度の政治と官僚主義のファンではありませんでした。彼女は常に創造的な自由な精神であり、彼らがばかげているように見えたり、彼女に仕えなかった場合、規則を無視したり曲げたりしました(もちろん、違法または不道徳なことは決してしませんでした)。私は、規則を破った元ビートニックの母親と生涯の公務員の父親(40年間高校の教師をしていた後、引退後、予備警察官、廷吏、副保安官を務めてきました)のハイブリッドです。公式のプラカードなしでハンディキャップスポット駐車しないでください。チケットをください!)。私の自然な傾向は、列の中にとどまることです(そして、許可されていない場所に駐車することは決してありません、お父さん、約束します!)、私はすべての規則に従う必要はないことを学びました。少し実験して、既存のプレイブックにあるものとは異なるものを試してみるのは良いことです。そうしないと、より良い解決策や方法があるかどうかわかりません。

8.人生は公平ではありません。これは、成長して飲み込むのが難しい薬でした。誰がそのような否定的な格言を何度も何度も聞きたいですか?ママは子供たちに人生は一連の虹とウサギのウサギだと言うべきではありませんか?実は、私の母は正しかったのです。人生は私たちにあらゆる種類の挑戦をもたらします、そして、私たちが道に沿っていくつかのでこぼこに遭遇する準備ができていれば、私たちはそれらに立ち向かう準備ができているでしょう。私の職業—広報—では、否定的な(そしてしばしば真実ではない)噂、怠惰な記者、危機的状況に常に対処しなければなりませんでした(文字通りすべての小さなことが潜在的な危機の瞬間に変わった私の最後の仕事よりも決して多くはありません) 。あなたがカーブボールを投げられることを理解することは、時には予期しないだけでなく、それに値しないものでもありますが、仕事でも個人的な生活でも、困難に直面しても落ち着くのに役立ちます。

これらの知恵の言葉や長年聞いてきた他の多くの言葉に頼ることで、私は初級レベルから幹部レベルまではしごを登ることができました。確かにここにたどり着くために一生懸命努力しましたが、私の賢明で愛情深い母親が途中で私をサポートし、励ますことなしにそうしなかったわけではありません(そしてここに、母親だけでなく、子供たちへのアドバイスとサポートが彼らが誰であるかを形作るのを助けた私を含むすべての父親がいます) 。

私の12歳の娘はまだ自分のキャリアを開始するのに何年もかかりますが、時が来たときに彼女が繁栄するのを助けるために私の人生で得たアドバイスのいくつかを伝えることができることを願っています。時々、彼女は私に彼女の年をはるかに超えていくつかの非常に洞察に満ちたキャリアアドバイスを与えるでしょう、それで私はそれが遺伝子で実行されると思います!

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved