洗面所から救出された女性。電話を落とし、トイレに閉じ込められた後の離れ家:「最初の」と消防署長は言います

Apr 25 2022
女性は犬用リードでトイレに身を沈めようとした、と消防署長は言った

関係者によると、オリンピック国有林を訪れた女性は、紛失した携帯電話を釣り上げようとして火曜日に公共のトイレに落ちた。

ブリノン消防署長のティム・マンリー氏は、消防士がオリンピック国有林のマウントウォーカーの頂上に行き、40代の女性が真っ先に金庫トイレに急降下したという報告に応えたと語った。

マンリーによれば、女性はトイレを分解して携帯電話を取り戻そうとし、座席と住宅を分解しようとした。彼女が犬用リードで彼女を支えて金庫室に身を沈めようとしたとき、事態はさらに悪化した。 

「結局、彼女は自分自身を支えるのを助けるためにひもを取りました、それは失敗しました、そして彼女は最初に金庫の頭に滑り込んで落ちました」とマンリーはソーシャルメディアの投稿に書いています。「15〜20分間外に出ようとした後、彼女は自分の電話を使って911に電話をかけました。」

ブリノン消防署レスキュー41とキルセンF&Rエイド21が山頂に対応しました。ファーストレスポンダーは、立っている女性に彼らを渡すことによって、その場しのぎのクリブプラットフォームを作りました、とマンリーは言いました。 

ストーリーを見逃すことはありません— PEOPLEの無料の週刊ニュースレターに登録して、毎週金曜日にその週の最大のニュースを受信トレイに配信してください。

マンリーによれば、プラットフォームが彼女が立つのに十分な高さになると、乗組員は彼女を金庫室から引き出し、ホースで留め、防護服を与えました。

彼女は「人間の排泄物にさらされた後、医師の診察を受けるよう強く勧められたが、彼女は去りたかっただけだった」とマンリーは書いた。「彼女はレスポンダーに感謝し、カリフォルニアに戻る旅を続けました。」

関連:カリフォルニアの家族が家の下で冬眠している5匹のクマを見つけて驚いた:「かなりのシーン」

彼は、彼女が「有毒ガスに打ち負かされたり、怪我を負ったりすることがなかったのは非常に幸運だった」と付け加えた。

「これはかなりユニークだった」とマンリーはキットサップサンに語った。「私はこれを40年間行ってきましたが、それが初めてでした。」

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved