細胞説

Jan 14 2008
細胞説は顕微鏡の発明によって可能になりました。細胞説の進化と関係者についてもっと学びましょう。
1678年、アントニ・ファン・レーウェンフックは、顕微鏡で「小動物」(原生動物)を観察したと報告しました。

細胞の発見は、改良されたレンズ研削技術によって可能になった顕微鏡の発明によって可能になりました。オランダの商人であるアントニ・ファン・レーウェンフック(1632-1723)は、レンズを研磨して簡単な顕微鏡に組み立てることを学びました。彼の現代のロバートフック(1635-1703)は、そのような器具を使用してコルク細胞を観察しました。そのスケッチは、1665年の出版物「顕微鏡図」に掲載されました。フックの仕事に触発されて、レーウェンフックは彼自身の顕微鏡検査を始めました。 1678年、彼は王立学会に、さまざまなサンプルから「小動物」(バクテリアと原生動物)を発見したと報告しました。社会はフックにレーウェンフックの発見を確認するように頼みました、そして彼はそうしました。

これは、隠された世界が人間の視覚の限界を超えて存在することを広く受け入れる道を開き、多くの科学者が彼らの調査で顕微鏡を取り上げるように促しました。そのような科学者の1人は、ドイツの植物学者マティアスヤコブシュライデン(1804-1881)で、多くの植物サンプルを調べました。シュライデンは、すべての植物、および植物のすべての異なる部分が細胞で構成されていることを最初に認識しました。動物学者テオドール・シュワンと夕食をとりながら(1810-1882)、シュライデンは彼の考えに言及しました。動物の組織を研究しているときに同様の結論に達したシュワンは、すぐに彼らの仕事の意味を理解しました。 1839年、彼は「動植物の構造と成長の一致に関する顕微鏡的調査」を発表しました。これには、細胞説の最初の声明が含まれています。すべての生物は細胞で構成されています。

その後、1858年に、ルドルフヴィルヒョウ(1821-1902)は、すべての生細胞が既存の細胞から上昇しなければならないことを提案することにより、シュライデンとシュワンの研究を拡張しました。科学者を含むほとんどの人が、非生物は自然に生体組織を生成できると信じていたため、これは当時の急進的なアイデアでした。自然発生説を裏付ける証拠として、肉片にウジが不可解に現れることがよくありました。しかし、ルイ・パスツール(1822-1895)という名前の有名な科学者は、疑いの余地のない細胞説をしっかりと確立し、現代の科学的方法の基本的なステップを固めた今では古典的な実験で自然発生説を反証しようと試みました。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved