レイラアリは、史上初の女性のメインボクシングイベントは「私たちが常に望んでいたもの」であると言います

Apr 26 2022
ケイティテイラーとアマンダセラノは今週後半にマディソンスクエアガーデンで行われる史上初の女性メインボクシングイベントで戦う

ケイティテイラーとアマンダセラノは、マディソンスクエアガーデンでのメインイベントで戦う最初の女性ボクサーになる4月30日に歴史を作ります。

「彼らはボクシングの歴史の中で初めてマディソンスクエアガーデンのメインイベントとして戦う機会があります」と元スーパースターボクシングチャンピオンのライラアリは、イベントが女性のスポーツにとって何を意味するかについて人々に話します。「それは私たちが常に望んでいたことです。私はボクシングをしていた時から、女子ボクシングの成長を支援し続けたいと言ってきました。」

記録が無敗の元ボクサーは、1999年にプロとしてのキャリアを開始し、2007年まで競争しました。彼女自身のキャリアを通じて、アリは、より高い報酬から裏書取引まで、女性ボクサーが正当な賞賛を受けることに情熱を注いできました。

「最終的には、それは女性が世界チャンピオンであり、リングでそれを獲得したときに彼らが値する報酬を稼ぐことができるようになるでしょう。これは私たちがそれに近づいていることを示しています」とアリは説明します。「チャンピオンであり、それを獲得し、彼らが値する、または彼らが値する報酬、または承認取引の認識を実際に受け取っていない女性は、この機会を持つことに非常に興奮している女性です。」

関連:ライラ・アリは、彼女が最初に仮面の歌手を断った理由と、パパのモハメド・アリが与えたアドバイスを共有しています

彼女はさらに、「何世代にもわたって彼らの後ろにやってくる他の戦闘機が、実際にスポーツで生計を立てることができるようになることを本当に奨励するだろう」と付け加えた。

ESPNによると、象徴的なボクサーのモハメドアリの娘であるアリは、2006年にマディソンスクエアガーデンで10ラウンド中4ラウンドでシェリーバートンを破ってデビューしました。「私は庭で戦った。メインイベントでは戦わなかった。これは、私が戦っていたときから女子ボクシングがより高いレベルに成長したことを本当に示していると思う」とアリは言う。

「それはボクシングの史跡です」とアリは象徴的なニューヨーク市のアリーナについて人々に説明します。「父がそこで戦ったことは私にとって特別なことでした。もし彼がこの戦いを見るために聴衆の中にいたなら、彼は興奮してそれを楽しむだろうと私は知っています。私は確かにそれを知っています。」

関連:ライラ・アリはモハメド・アリ神父との彼女の子供時代を振り返る:「あなたのお父さんとしてスーパーマンを持っていると想像してください」

セラーノ(33歳)は、姉のプロボクサーであるシンディセラノからインスピレーションを得た後、2009年からプロボクシングを続けています。Box.Liveによると、ファンから「リアルディール」の愛称で呼ばれる彼女は、42-1-1の記録で土曜日の対戦に参加します。

Box.Liveによると、35歳のテイラーは11歳でボクシングを始め、19回の戦いで無敗で、ノックアウト率は32%でした。アイルランドのボクサーはまた、2018年の試合でセラーノの妹を破った。

ストーリーを見逃すことはありません—  PEOPLEの無料の週刊ニュースレター に登録して、毎週金曜日にその週の最大のニュースを受信トレイに配信してください。

アリは人々に、彼女は家からの戦いを見ることを好みますが、これは彼女が直接出席するものであると言います。「私は実際にボクシングの試合に出場しないのでエキサイティングです。私はテレビで見たいと思っています。テレビの方が簡単で、リングで何が起こっているのかを見ることができるのが好きだからです」と彼女は説明します。「私はケイティ・テイラーのファンです。オリンピックで初めて彼女に会って以来、彼女のファンです。彼女は本当に感銘を受け、それ以来プロとして彼女のキャリアを続けてきました。 「」

セラーノはテイラーに彼女自身の印象的な挑戦を提供します。アリは言います。「彼女はテーブルにたくさんのことをもたらします。これは、どちらも負ける危険がある戦いです。したがって、2人の戦闘機がいて、どちらが本当にわからない場合、この種の戦いは本当にエキサイティングです。どうなるか」

テイラーは、200か国以上でDAZNの東部標準時午後7時30分にセラーノ土曜日に参加します。サブスクリプションの詳細については、www.DAZN.comをご覧ください。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved