ポール・マッカートニー、アメリカでのパフォーマンスで好きな 2 つのことを明かす

Nov 03 2022
ここを読んで、ポール・マッカートニーが他の国と比べてアメリカでのパフォーマンスについて気に入っている 2 つの点を見つけてください。

ポール・マッカートニーは、ビートルズ、ウィングス、またはソロのキャリアを問わず、何十年にもわたってツアーを行ってきました。アーティストはしばしば母国である英国で演奏しますが、大西洋を越えて何百万人ものファンを楽しませるためにアメリカに来ることもよくあります。彼は世界中のツアーを楽しんでいますが、ポール・マッカートニーがアメリカでのパフォーマンスについて特に気に入っていることが 2 つあります。 

ステージに出る前に緊張しないポール・マッカートニー

ポール・マッカートニー | テイラーヒル/ゲッティイメージズ

彼のウェブサイト、Paulmccartney.comのインタビューで、元ビートルズは彼のGOT BACKツアー、ソロ アーティストとしての 15 回目のツアーについて話しました。ツアーは 2022 年 4 月に始まり、2022 年 6 月にイギリスのグラストンベリー フェスティバルでの公演で終了しました。マッカートニーは何十年もの間、売り切れの観客の前でおそらく何千回もパフォーマンスを行ってきました。 

マッカートニーは、通常、ショーの前に緊張することはないと言いますが、長期間パフォーマンスを行わなかった後、神経質になることがあります. 

「普通はノーだけど、3年ぶりに戻ってくると、いつもより少し緊張するよ。だって『なんてこった、どうなるか忘れちゃったの?』と思うだけだから」「ああ、これだ!」と思うようになるまで、少し時間がかかります。そうすれば、あなたの神経はなくなります。」

ポール・マッカートニーは、アメリカで演奏することの 2 つの側面を楽しんでいます

ポール・マッカートニーは、彼の音楽が非常に人気があるため、米国でよく演奏します。彼の音楽は、ビートルズ時代とソロのキャリアから、アメリカのチャートを支配しており、彼のショーは通常、都市に関係なく売り切れています。彼のGOT BACKツアーでは、彼が海岸から海岸へと移動しているのが見られます。マッカートニーは、彼が米国でのパフォーマンスを楽しんでいる理由の 1 つは、会場が新しく、彼のクルーにとってアクセスしやすいことだと言います。 

「米国の良いところは、乗組員にとって簡単なことです」と歌手は説明します。「会場は準備されています。ホールはすべて、私たちのようなショーを簡単に行えるように作られています。ヨーロッパでは時々、古い建物に行くと物を吊るすために余計なものを置かなければならないことがあります。

「Live and Let Die」の歌手が米国でのパフォーマンスを好むもう 1 つの理由は、言葉の壁がないことです。しかし、彼は言語がなじみのない国にいるときに起こる文化的な挑戦を楽しんでいます. 

「私はアメリカで演奏するのが好きです。英語が話されているので、観客と話すのが少し楽になります」と McCartney は語ります。「しかし、外国でプレーすることもとても楽しいです。なぜなら、その言語を少し学び、異なる文化を体験するという別の側面があるからです。しかし、スラングや口語表現を使用できると、簡単になります。

マッカートニーのショー前の儀式とは?

何年にもわたって、マッカートニーは準備のために行うプレショーの儀式を開発してきました。英国のアーティストは、これには通常、喉をきれいにするために何かを飲んだり、バンドでウォーミングアップしたりすることが含まれると言います. 

「私はいつもショーの 1 時間前に電話を受けます。いや、私が必要とされる 1 時間前です」と McCartney は述べています。「その間、私は特定のことをします。塩水でうがいをしてから、歯を磨き、何を着るかを考えてから、中国のシロップ溶液にお湯を入れます。の。"

「それを飲んだ後、私は座って、必要に応じてメイクアップを少し行います(私はいつもそうしています!)。ほんの少しですが、あちこちの隙間を埋めます」と彼は続けます. 「その後、ショーの約15分前に完全に準備ができたら、バンドと一緒に集まり、少しウォームアップを行います。「レット・イット・ビー」と「ヘイ・ジュード」を少し。 」

McCartney は 50 年間ソロ アーティストとして活動してきましたが、彼がまだビートルズを少し持ち歩いているのは素晴らしいことです。 

関連:演奏中に歌手を「非常に感情的に」することができるポール・マッカートニーの歌

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved