「パワーブックII:ゴースト」:ラレンズ・テイトがオマリ・ハードウィックとの友情のためにショーに参加する

Mar 10 2022
ラレンズ・テイトは、最初のショー以来、「パワー」ユニバースの定番となっています。オマリハードウィックとの彼の友情は彼がその役割を着陸させるのを助けました。

Rashad Tate(Larenz Tate)は、パワーユニバースの中心的なキャラクターになりました。彼は元の番組から始めましたが、パワーブックII:ゴーストシーズン2の主要なパワープレーヤーでした。シリーズ   は、父親のジェームズ「ゴースト」セントの余波で、タリクセントパトリック(マイケルレイニージュニア)に続きます。パトリック(オマリハードウィック)の死。

麻薬の売人として路上で仕事をしている大学生としての彼の人生を両立させようとして、タリクは彼の2つの人生を別々に保つことは彼が思っていたより難しいことに気づきました。彼はまた、彼自身の欲望と動機を持っているラシャドに頼ることを余儀なくされています。

しかし、そもそもテイトはどのようにしてショーに参加したのでしょうか。

『パワーブックIIゴースト』のラシャド・テイト役のラレンズ・テイト| Starz

関連:  「パワー」:50セントはもともとショーでゴーストをプレイしたかった

ラレンズ・テイトは別の「パワー」宇宙キャラクターを演じることになっていた

パワー ファンは常にテイトとラシャドを関連付けますが、 デッドプレジデント 俳優は元々、元のシリーズで別の役割を担うことになっていた。 

「私は、ターシャに恋をするゴーストの弁護士であるテリー・シルバーというキャラクターを演じることになっていた」とテイトは エクスプレスに語った。ファンは、シーズン4で最初に登場したゴーストの弁護士テリーシルバー(ブランドンビクターディクソン)を思い出すでしょう。しかし、ターシャに夢中になって、最終的にゴーストの手で彼を殺しました。

スケジュールの競合のため、テートはテリーの役割を断らなければなりませんでした。「私は仕事を離れていました、私はそれをすることができませんでした、それは起こりませんでした」と彼は説明しました。ありがたいことに、それはすべてうまくいきました。

ラレンズ・テイトはどのようにして「パワー」ユニバースに参加したのですか?

元のパワーに参加することになると、テイトはキャストやクルーとのつながりのおかげですべてが終わったと言いました。1月のInstagramLivewith PowerUniverseの作成者であるCourtneyKempで、彼はHardwickとの友情が彼の役割を奪うのに役立ったと説明しました。

「それをパワーにまでさかのぼり、オマリ・ハードウィックとの友情を深めてください」と彼は言いました。「私たちは過去に一緒に働きました。オマリはいつも私をショーに連れて行く方法を見つけようとしていました。私が元々持っていたキャラクターは、テリーシルバーを描くことになっていた。私は映画を制作していたので、それができませんでした。私は戻ってきて、[コートニー]は言った、「私は私たちが取り組んでいるキャラクターを手に入れました。それはもうすぐです。政治家を演じることについてどう思いますか?彼の名前はテートになると思います。」それは私が前にやったことがないことでした。」

テートは、彼が実際の生活から遠く離れているので、ラシャドを描くのが大好きだと付け加えました。彼はその役割が4つのエピソードの間だけ続くと思ったけれども、それはそれ自身のシリーズになりました。

「パワーブックV:インフルエンス」のプレミアはいつですか?

Rashadは、Power Book II:Ghostの第2シーズンの主要なパワープレーヤーでした。タリクのつながりを利用して、彼は政治的段階に戻るための恐喝を行うことができ、知事の新たな立候補への道を開いた。パワーブックV:パワーユニバースの最終スピンオフに影響を与えることは、知事のためのラシャドの2回目の実行に焦点を当てます。ただし、Starzはシリーズのリリース日を発表していません。「彼がどこかに現れるのを見るかどうかは誰にも分かりません」とテートは ジャスミンブランドに語った。  「私が何が起こっているのかを知った瞬間、あなたは何が起こっているのかを知るでしょう。」

Ghost、 Raising KananForceを含むシリーズの残りのすべてが膨大な数でデビューしたので、StarzがInfluenceがいつでも生産されることを発表することを推測することができます。

関連:  50セントはタラジP.ヘンソンが「パワー」宇宙で主演することを望んでいると言います

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved