ナイフ投げの物理学-ナイフ投げのしくみ

Mar 20 2015
ナイフ投げはパフォーマンスアートであり、素晴らしい娯楽です。ナイフ投げの技術と歴史について学びましょう。
の非常に独自のナイフ投げは、飛ぶ準備ができています。彼女はハンドルでナイフを握っています。

ハンドルでもブレードでも、好みのミサイルがナイフ、斧、トマホーク、その他の先のとがったものであるかどうかにかかわらず、投げる基本的なルールは同じです。ライトエンドをつかみ、ヘビーエンドを最初に投げます。ジャグラーがクラブのセットを空に向かって回転させるときと同じように、この配置は回転と安定性を促進する自然な動きを生み出します[出典:Janich ]。

腕をリリースポイントに向かって振ると、ナイフに2種類の動きが与えられます。最初に、肩関節の周りを部分的に円を描くように動かします。次に、スピンを作成します。どのように?速度=距離/時間だからです。スイングが完了するまでに、ナイフの外側の端は、握っている端よりも長い距離を移動しましたが、同じ時間です。この差動運動は、重心の影響を受けるスピンを与えます。そのため、ナイフのバランスが非常に重要です。

ナイフはどのような道をたどりますか?さて、物理学によれば、突然自由に壊れた回転物体は、それが解放された点に接する直線で動き続けます。このため、ナイフ投げのリリースポイントは、ほとんどの人が予想するよりもはるかに早く発生します。腕を完全に伸ばした状態ではなく、弧の上部で発生します[出典:Thiel ]。スローの最後に手放すと、代わりにナイフが地面に飛びます。

もちろん、これは理想的なケースであり、実際のアーク、モーション、リリースポイントは投げ方によって異なります。

解放されると、ナイフは平均時速26〜30マイル(42〜48 km / h)でターゲットに向かって飛行します[出典:アダモビッチ]。すべての投げる要素を適切にまとめると、ビジネスの終点がターゲットに垂直になるのと同じように、ナイフが回転を完了します。

これで、ナイフの重さが作用します。運動量は速度と質量に比例するため、適切な比率の重さを持つナイフは、ターゲットにくっつく確率を大幅に向上させます。ナイフを木材に押し込む圧力は接触面積に反比例するため、鋭いポイントも不可欠です。猫が朝、腎臓を殴る1本の足にすべての体重をかけて目覚めさせたことがあれば、この概念に精通しているはずです。武器を選ぶのに役立つので、これは良いことです。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved