今日のアボリジニのオーストラリア人

Jan 21 2008
今日のアボリジニの人々は、さまざまな形の現代技術を受け入れ、都会の中心部に住んでいます。今日のアボリジニの人々と現代のアボリジニのグループについて学びましょう。
オーストラリア、シドニーの近代的な駅にあるアボルジン。多くのアボリジニは近代的な大都市に住んでいます。

2016年の国勢調査によると、649,171人が「アボリジニまたはトレス海峡諸島民出身」であり、2011年から18.4%増加しました。これは、オーストラリアの人口の3.3%であり、2011年の3%から増加している可能性があります。アボリジニのオーストラリア人は非アボリジニのオーストラリア人よりもわずかに大きな家族を持っているという事実と、特に混合組合からの人々がこのグループでより多くの人々を特定している可能性があるという事実によるものです[出典:ビドルとマーカム]。

また、オーストラリアの先住民族の言語を家庭で話す人の数は、2011年の60,550人から63,754人にわずかに増加しました。また、高校に通う割合は、2011年の51%から60%近くに増加しました。それでも、非先住民のオーストラリア人が稼ぐものの3分の2にすぎません[出典:ビドルとマーカム]。したがって、状況は改善していますが、レース間には依然として明白な不平等があります。

料金アルコール依存症は、彼らがしているにもかかわらず、他のオーストラリア人よりもアボリジニオーストラリアの中ではるかに高いドリンクアルコールになりにくいです。ある研究によると、遠隔地の先住民の男性の14.8%が危険なレベルでアルコールを消費していたのに対し、非遠隔地では10.4%でした。オーストラリア政府によると、オーストラリア先住民の約30%が貧困線以下で生活しているのに対し、一般的には人口の13.6%です。若い先住民オーストラリア人(20〜24歳)の驚くべき70%は、仕事にも教育にも従事していませんでした。

多くの伝統的なオーストラリア人は、歴史を失ったように見えるコミュニティのメンバーに歴史を広めようとしています。彼らは伝統的なアボリジニの言語で学生を訓練するために教師を雇いました。いくつかのラジオテレビ局でさえ、彼らの文化を以前に経験したことがない世代を教育するためにアボリジニの番組だけを備えています。

そしてもちろん、アボリジニアートもあります。彼らの芸術は世界的に有名であり、多くのアボリジニのオーストラリア人は彼らの作品を売って生計を立てています。伝統的に、彼らは芸術を彼らの夢のように見ています:神聖で秘密です。アボリジニの歴史について適切なレベルの知識に達した後、選ばれた少数の人々だけがアートワークを見ることができます。しかし、近年、それは変わったので、一部のアーティストは自分自身とその家族をサポートするためにお金を稼ぐことができます。

アボリジニアートは、絵画、ビーズ細工、木工品、樹皮絵画、バスケットなど、多くのメディアで紹介されています。アボリジニのオーストラリア人はまた、オーストラリアから出てくる最も有名なアイテムであるブーメランを製造および販売しています。しかし、いくつかの芸術は売ることができません–それは洞窟の壁にあります。オーストラリアの有名なランドマーク、エアーズロック、そのような場所の1つです。オーストラリアの中心部近くにあるウルルというアボリジニの神聖な場所です。岩は一連の洞窟を覆っています。それらの洞窟の中には、彼らの夢を説明するためにアボリジニのオーストラリア人によって描かれた壁と絵画の壁があります。人々がエアーズロックを訪れて絵画を見ている間、それらが何を意味するのかを知る方法はまだありません。そして、アボリジニの人々は、当分の間、それを秘密にしている。この岩は、アボリジニのオーストラリア人にとって神聖な性質であるため、2019年に観光客に閉鎖されました。

初版:2008年1月21日

関連記事

  • ブーメランのしくみ
  • オーストラリアの伝統のしくみ
  • オーストラリアの盗まれた世代は何でしたか?
  • オーストラリアのディジュリドゥは世界最古の管楽器かもしれません
  • 人間の移動のしくみ

その他のすばらしいリンク

  • サバイバルインターナショナル-アボリジニの人々
  • アボリジニオーストラリア

ソース

  • フランス通信社。「パース市はアボリジニの人々に属するというオーストラリアの裁判所の規則。」ニューヨークタイムズ。2006年9月21日。http://www.nytimes.com/2006/09/21/world/asia/21australia.html?_r = 1&oref = slogin。
  • フランス通信社。「オーストラリア;「盗まれた」アボリジニのために450,000ドル。」ニューヨークタイムズ。2007年8月2日。
  • オーストラリア統計局。アボリジニとトレス海峡諸島民の人口。http://www.abs.gov.au/AUSSTATS/[email protected]/featurearticlesbytitle/06E6409495FF5247CA256DEA00053A04?OpenDocument。
  • オーストラリア政府-文化とレクリエーションのポータル。「オーストラリア先住民の文化遺産」http://www.cultureandrecreation.gov.au/articles/indigenous/。
  • オーストラリア人権および機会均等委員会。アボリジニとトレス海峡諸島の子供たちの家族からの分離に関する全国調査に関する報告書。http://www.hreoc.gov.au/pdf/social_justice/submissions_un_hr_committee/6_stolen_generations.pdf
  • BBCのニュース。「アボリジニの人々へのオーストラリアの謝罪。」http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7216873.stm
  • ビドルとマーカム。「2016年国勢調査:オーストラリア先住民にとって何が変わったのか?」会話。2017年6月27日(2020年1月17日)https://theconversation.com/census-2016-whats-changed-for-indigenous-australians-79836
  • ボンド、ジョン。「クータマンドラに戻る:癒し?私にとってそれは不可能だ、ヴァル・リノウはジョン・ボンドに語った。」変更の場合。2005年12月。http://www.forachange.co.uk/browse/2084.html。
  • ダルマウ、ティム。「アボリジニの知恵、アボリジニの権利-オーストラリアのアボリジニの人々。」全地球レビュー。1992年春。http://findarticles.com/p/articles/mi_m1510/is_n74/ai_11891472/print。
  • ジェイコブス、クリスティン。「私はあなたの同情を望まない、ただ聞いてください。」変更の場合。2005年8月から9月。http://www.forachange.co.uk/browse/2060.html。
  • ジェットマガジン。「オーストラリア議会は、アボリジニの人々に不公正を認めたことを後悔している」と語った。1999年9月13日。http://findarticles.com/p/articles/mi_m1355/is_15_96/ai_55983440/print。
  • マークス、キャシー。「アボリジニの人々は彼らが 『人間』になった日をマークします。」独立。2007年5月26日。http://news.independent.co.uk/world/australasia/article2584125.ece。
  • マークス、キャシー。「アボリジニの人々の児童虐待を削減する計画をめぐる人種差別の叫び。」インデペンデント。2007年6月29日。http://news.independent.co.uk/world/australasia/article2720109.ece
  • マークス、キャシー。「盗まれた世代」のアボリジニがテストケースに勝ちました。」TheIndependent.http://news.independent.co.uk/world/australasia/article2831091.ece。
  • オッペンハイマー、スティーブン。「アフリカから。」インデペンデント。2003年7月9日。http://news.independent.co.uk/sci_tech/article95400.ece。
  • オーストラリア議会。「盗まれた世代」http://www.aph.gov.au/library/intguide/SP/Stolen.htm。
  • ラヴィリオス、ケイト。「アボリジニの人々、ヨーロッパ人はアフリカのルーツを共有している、DNAが示唆している。」ナショナルジオグラフィックニュース。2007年5月7日。http://news.nationalgeographic.com/news/pf/97179615。
  • ロス、ケイトとテイラー、ジョン。「平均余命と健康状態の改善:先住民族のオーストラリア人とニュージーランドのマオリ人の比較。」人口研究ジャーナル。2002年9月。http://www.jpr.org.au/upload/Special2002pp219-238.pdf。
  • スーター、キース。「オーストラリア-1つの土地:2つの人々。」現代のレビュー。2003年8月。http://findarticles.com/p/articles/mi_m2242/is_1651_283/ai_107897407/print。
  • ウェイド、ニコラス。「DNA分析から、オーストラリアへの単一の移住への手がかり」ニューヨークタイムズ。2007年5月8日。http://www.nytimes.com/2007/05/08/science/08abor.html?scp = 1&sq = Australian + Migration。
  • Zielinska、Edyta。「ウォークアバウト」自然史。2006年9月。http://findarticles.com/p/articles/mi_m1134/is_7_115/ai_n16713949。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved