キャンプファイヤーが消えた:メメントモリ、パートII

May 08 2022
神は馬鹿も憎んでいるので、私たちの味方ではありません。私たちは刑務所の独房で立ち往生していて、腐っています。

神は馬鹿も憎んでいるので、私たちの味方ではありません。私たちは刑務所の独房で立ち往生していて、腐っています。

私たちはこれから生きているとは思わない。ロバートは私たちの死に対してかなりの報奨金を支払ったと確信しています。

この世界には、私の友人、銃を搭載した人と掘る人の2種類がいます。そして、私たちは掘り出し物ではありません。

1分前にラギンの「ブル、カシン」、「スウェット」の弾丸だったジョンは、突然静かで落ち着き、傷ついた顔に奇妙な笑みを浮かべた。

「行こう、兄弟。雌犬のあの息子を殺しに行きましょう。」—ジョンは言った。

彼はついに夢中になったと思った。たぶん、この町は人々にそのような影響を及ぼします。神が彼の魂を楽にしてくださいますように。

「あなたは一体何について話しているのですか、あなたは妄想的な愚か者ですか?」—私は、指を動かすのではなく、尋ねました。

「私たちはここから出てきました。バンダナをください。」—ジョンは言った。

ろくでなしは夢中になっています。

私は彼に私のバンダナを与えました、そして彼はそれを地面に投げました。彼は彼を取り出して私の隣に投げ、そして彼らに小便を始めた。

「ああ、クレイジーな野郎。この細胞はあなたを怒らせた。お尻を座らせてください。」-私はあざけるように言った。

ほら、ジョンはバカのように見えて彼の知性を本当によく隠している静かなタイプの仲間です。

彼はバンダナを取り、いつもブーツに持っている隠しナイフを取り出しました。彼はセルのバーの周りにバンダナを巻き付け、ナイフをそれらの間に置き、ナイフをねじり始めました。突然、バーが曲がり始めました。

「あなたは天才を狂わせました。あなたはそれをしました、あなたは狂ったろくでなしです。」—私は驚いて叫んだ。本当のイェーホーの瞬間。

「ローガン、地獄を黙らせて、私を助けてください。そして静かにしてください。お尻が縄にぶら下がってほしくないのです。」—ジョンは、傷ついた顔にまだ奇妙な笑みを浮かべて言った。

バーを十分に曲げて、絞り込めるようにしました。

「ローズを見つけ、ロバートを見つけて、ここで地獄を手に入れましょう、兄弟」—ジョンは言いました。

「死はロバート、ジョンを待っています。パイパーに彼の期限を支払う時間です。」-私は酸っぱい笑顔で言いました。

私たちは静かに独房から出て、歓楽街に近いリルチャイナタウンに戻りました。立派な女性が家の1つから出て行って、すべてが着飾って、よくやった仕事を誇りに思っていました。彼女は歓楽街の女性でした。ジョンと私は彼女をつかみ、質問のために家の後ろに連れて行った。

「けがをする必要はありません。悲鳴を上げないと約束したら、私はあなたを手放します」—ジョンは穏やかな声で言いました。

女性は確認のために頭をうなずいた。

「奥様、私たちはローズという名前の女の子を探しています。バレンタインからずっとここを一人で旅した。たまたま彼女に会ったことがありますか?」- 私は尋ねた。

「ごめんなさい、仲間に申し訳ありませんが、私があなたに何かを言っても、あなたが女の子を傷つけないことをどうやって信じることができますか?お二人は、考え直さずに女性でさえ殺すのに十分なほど残忍なようです。」—女性は言った。

「奥様、彼女の父親は彼女を見つけるために私たちを送ってくれました。彼女はこの神の見捨てられた町にずっと来るのに苦労したかもしれないと言った。」-私は言った。

「あなたの名前は何ですか、仲間?「私はあなたが誰であるかを知るまで、私はあなたに何も言わないからです。」-強い決意を持って女性は言いました。

「私の名前はローガンです。このフェラーはジョンと呼ばれています。私たちはバレンタインからずっとやって来ています。」-私は言った。

「まあミスター、私の名前はエディス、喜びの家の女性です。あなたが探している女の子は私の家にいます。私は彼女をそこに隠しました。なぜなら、誰かが彼女を手に入れたら、彼女はこの場所を生きたままにしないからです。」-エディスは言いました。

「その奥様をやってくれてありがとう」-ジョンは言った。

「奥様、私たちにお願いをして、しばらくの間彼女を安全に保つことができますか?ロバート・ダウンズを見つけて、彼と一緒にいくつかのことを整理する必要があります。」-私は言いました。

「私は、あなたが二人で雌犬の息子を殺すと約束した場合にのみ、そうします。」-タバコに火をつけている間、エディスは言いました。

「奥様、彼があなたに何をしたとしても、彼は自分にふさわしいものを手に入れるでしょう。私たちは彼や彼に続く愚か者を憐れみません」とジョンは言いました。

「彼は私をレイプしました、その雌犬の息子。そして、私の女の子のカップルも。ひどいものでした。私たちは地獄を通り抜けて戻ってきました。彼が私たちにしたことの後で、私たちは自分たちを人間と呼ぶ魂をほとんど持っていませんでした。そして、誰もそれについて何もしていません。私はあなたが彼を殺すことを望みます!彼が地獄で腐敗することを願っています!」-エディスは涙を浮かべて怒って言った。

「それを聞いてすみません、奥様。私は本当にそうです。」-私は言った。

私たちはエディスと別れ、ロバートの隠れ家を見つけるためにリルチャイナタウンの雑貨店に行きました。

そこの買い物客は、町の反対側にある古い荒廃した教会でロバートを見つけることができると私たちに話しました。

私たちがそこに着いたとき、私たちはロバートが古い祭壇の前に座っているのを見ました。私たちは彼に祈るために何かを与えます。警戒していたロバートの部下2人を連れ出し、中に入った。

「そこにいる、あなたは雌犬の息子だ」—ジョンは言った。

“I was expecting you partners. What took you so long to break outta prison?” — asked Robert with a tone of sarcasm.

“Robert, there’s no need for this to get ugly. We can end this right here, right now.” — I said.

“C’mon Logan. We both know that it’s either you or me that walk outta here alive. This ain’t our first rodeo.” — just as Robert said that, John took out his revolver and shot Robert in the leg.

“There you go, Johnny boy. You know how these things go. You weren’t there to save your daughter, and you won’t be able to safe Rose as well.”- said Robert while laughin’ through his pain.

John had a daughter that ran away only to be found raped and strangled to death. Something from which John never really recovered. How can he when his own flesh and blood was served to the cold and dark of the earth. Parents are supposed to go first, not the other way around.

“I know it’s hard to kill a man. But you should’ve killed me already. Is this some kind of pity you’re showin’ me? For old times sake? Forgive me if I slipped and stabbed you in the back.”- said Robert sarcastically.

John just stood there silently, countin’ his bullets as though were blessings.

“Killin’ is easy. It’s livin’ with it that’s hard. It’s easy just to squeeze the trigger, and without a second thought to kill a man like you. A slaver, raper and backstabbin’ son of a bitch like you.” — I said.

Just when Robert started laughin’, John put three bullets in Robert’s chest.

“I didn’t know you had it in you boy.”- said Robert while coughin’ up blood.

“You do realize, gentlemen, the second you step outta this church, my man will gun you down like the dogs you are, don’t ya? Johnny boy, what are you gonna do, huh?”- said Robert while dancin’ on the thin line between life and death, coughin’ up more blood.

“We’re countin’ on that.”- I said, determined to meet my maker.

John got closer to Robert, put his gun to Robert’s head and said: “Livin’s for decent folk. People like you and me, we’re livin’ on borrowed time. And your time has come, ol’ friend.” — and shot Robert dead.

Gettin’ outta the church, we set fire to a few ol’ wood stacks that were dry as hell and got the hell outta there as Bodie quickly went in flames. In the panic, we took li’l Rose from Edith’s house as Edith was celebratin’ Robert’s death as everyone else was runnin’ and screamin’. Evadin’ Robert’s men in that panic was pretty easy, and we rode away from Bodie.

Indeed killin’ is easy. Livin’ with the ghosts of those you killed, now that’s hard. Callin’ you from your past, makin’ you remember their eyes before you killed them. That’s why we’re nothin’ but ghosts hauntin’ the past. This world doesn’t seem to have place for people like us. We’re goin’ extinct in the civilized way of killin’. We’re thieves, in a world that don’t want us no more.

あなたが困っているとき、新しく始めることは常に良いことのように聞こえます…しかし、私たちのような人々のためにフロントポーチで平和な死を望むことはありません。私たちは無法者です。それが私たちが知っているすべてであり、私たちがこれまでに知っているすべてです。私たちはコードによって生き、コードによって死にます。間にはありません。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved