血縁淘汰に反対する議論-血縁淘汰のしくみ

May 04 2015
血縁淘汰は、自然界における利他的な行動はランダムではないことを提案しています。ハウスタッフワークスで血縁淘汰と種の生存についてもっと学びましょう。

表面的には、血縁淘汰の理論は非常に理にかなっています。自然淘汰が生殖の成功を低下させる形質を取り除くように設計されている場合、生殖適応度をゼロに低下させる利他的な形質の存在をどのように説明しますか?血縁淘汰は、これらの形質は、利他主義者の助けのおかげで、同じ遺伝物質の多くを共有し、より多くの赤ちゃんを産む近親者に受け継がれると説明しています。

しかし、私たちが個人に焦点を合わせすぎている場合はどうなりますか?確かに、別の鳥の巣を守る、女王のために餌を集めるなどの利他的な行動は、個々の鳥や蜂の繁殖適応度をゼロにする可能性がありますが、それがグループ全体の正味の適応度を上げるとしたらどうでしょうか?

ダーウィン自身は、1871年の「人間の進化と昏睡」で、最初に群選択のアイデアを仮定しました。この理論の下では、利他的な特性は、グループの生殖能力を高める場合に受け継がれます。血縁関係はそれとは何の関係もありませんでした。ダーウィンは自己犠牲の概念を使ってそれを説明しました。全体として利己的で自己犠牲的な行動を示した類人猿の部族は、自分たちだけを探していたライバルのグループを打ち負かし、その結果、それらの「より高貴な」遺伝子を引き継ぐでしょう[出典:Okasha ]。

実際、血縁淘汰が行われる前は、群選択が利他主義の問題に対する一般的な解決策でした。血縁淘汰の議論の強さは、理論的ではなく数学的なものであることがわかりました。ハミルトンと彼の同僚のメイナード・スミスは、複雑な数学的シミュレーションを使用して、単純な群選択には、世代を超えて利他的な行動を継続的に持続させる進化の力がないことを証明しました。

議論を複雑にしているのは、自然界では、多くの緊密な社会集団も近親者で構成されているという事実です。血縁淘汰はどこで終わり、群淘汰はどこから始まりますか?今日、議論は激しさを増しています。著名なハーバード大学の生物学者、エドワードO.ウィルソンは、血縁淘汰の最も初期の支持者の1人であり、血縁淘汰は二の次であり、それを証明する数学を持っていると主張するNatureの2011年の記事を共同執筆しました。彼は続けて、群選択は人間で起こると言いました[出典:ネイファク]。

85歳のウィルソンは仲間に爆破されましたが、彼の断固たる姿勢は、ダーウィンの革新的なアイデアが150年以上経ってもまだ波を立てていることの証拠です。

フリーローダー効果

群選択に反対する創造的な議論の中で、リチャード・ドーキンスは、単一の突然変異体フリーローダーが完全に利他的な社会を破壊する可能性があると述べています。怠惰のおかげで、フリーローダーは利他的な隣人よりも速く繁殖するのに十分な時間とエネルギーを持っているので、利己主義のためにより多くの遺伝子を伝えます[出典:ネイファク]。

著者のメモ:血縁淘汰のしくみ

自然淘汰と進化の「ルール」について話すとき、私たちは他の自然から自分自身を分離する傾向があります。動物の利他主義はグループの保存によって盲目的に動機付けられるかもしれませんが、人間の自己犠牲的な行動は異なりますよね?それは道徳的、倫理的、高貴、または単に素晴らしかったです。しかし、私たちが思っている以上に遺伝子に駆り立てられているとしたらどうでしょうか?配偶者としての魅力を高めるために、親切で無私無欲に行動するだけだとしたらどうでしょうか。進化生物学者にもその名前があります—相互選択。あなたが私のものを引っ掻くなら、私はあなたの背中を引っ掻きます。あなたが来年私のものを保護するなら、私は今年あな​​たの巣を保護します。私たちの行動の多くが、生き残り、繁殖したいという私たちの深い生物学的衝動の表れであることは間違いありません。

関連記事

  • 進化のしくみ
  • 自然淘汰のしくみ
  • チャールズダーウィンのしくみ
  • 人間は本当に類人猿の子孫ですか?
  • 動物はまだ進化していますか?
  • 本当に利己的でない行為のようなものはありますか?
  • なぜ人間は利他的ですか?

ソース

  • バーク、アンドリューFG「血縁淘汰」。オックスフォード書誌。2015年3月39日(2015年4月26日)http://www.oxfordbibliographies.com/view/document/obo-9780199830060/obo-9780199830060-0051.xml
  • モンゴメリー、スティーブン。"自然な選択。" クライスツカレッジ、ケンブリッジ。2009年(2015年4月26日)http://darwin200.christs.cam.ac.uk/pages/index.php?page_id=d3
  • ネイファク、レオン。「善はどこから来るのか?」ボストングローブ。2011年4月17日(2015年4月26日)http://www.boston.com/bostonglobe/ideas/articles/2011/04/17/where_does_good_come_from/?page=full
  • オカーシャ、サミール。「利他的行動」。スタンフォード哲学百科事典。2003年6月3日(2015年4月26日)http://plato.stanford.edu/entries/altruism-biological/
  • Rausher、Mark D.「進化論、講義11および12:利他主義と血縁淘汰」。デューク大学。(2015年4月26日)http://sites.biology.duke.edu/rausher/lec11_05.html

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved