家庭での脱水食品-脱水食品のしくみ

Apr 16 2015
脱水食品には長い歴史があります。スナックやその他の食品がどのように脱水されているか、脱水された食品が健康であるかどうかを調べます。
家庭での食品の脱水に関しては、電子レンジの使用から実際の脱水機の購入まで、さまざまな選択肢があります。

自宅で自分の食べ物を脱水するのに、大きくて派手な機械は必要ありません。実際、ほとんどの人は、始めるために必要なすべてのものをすでに持っています。必要なのは、湿気を押し出すための熱、それを吸収するための乾燥した空気、そしてそれを運ぶための空気の動きの3つだけです。

食べ物を脱水する簡単な方法は、私たちの先祖の本からページを取り、それを太陽の下で乾かすことです。この手法は基本的に無料です。必要なのは、直射日光と湿度レベルが20%未満の約3〜4日です[出典:Jopp ]。残念ながら、これは、脱水プロセスが完了する前に涼しく湿った状態がカビの成長を引き起こす可能性がある米国の多く(南西部の砂漠を除く)を排除します。

食品は、屋内で行われる空気乾燥も可能です。この方法の優れた候補は、ハーブ、唐辛子、きのこです。これらは、中世の蒸留所のように、ひもに通すか、束にして吊るす必要があります。ほこりを防ぐために紙袋をたたくと、準備が整います。

テクノロジーを一段と高めたいが、コストはかけたくない場合は、オーブンで脱水してみてください。オーブンを華氏140度(摂氏60度)に加熱し、ドアを数インチ開いて支え、開口部を吹き飛ばすようにファンを設定します。クッキーシートの上に食べ物を単層で置きます。乾燥時間は、ハーブの場合は1時間、桃のようなジューシーで肉の多い果物の場合は48時間です[出典:Boyer andHuff ]。電子レンジも使用できますが、ハーブにのみ使用できます。ペーパータオルの間にいくつかの枝を置きます。そうすれば、たった2、3分で乾燥したもろいハーブができあがります。

最後に、家庭用脱水機を購入できます。これは通常、発熱体、空気循環用のファン、および食品を配置するトレイで構成されています。オーブン乾燥のように、この方法は、食品に応じて、数時間から数日の範囲の結果を生成します。通常、脱水機が最良の結果をもたらしますが、40ドルから350ドルの費用がかかる可能性があります。

これらの方法のいずれにおいても、適切な準備が不可欠です。たとえば、一部の食品は、脱水する前にブランチングしたほうがよい場合があります。また、肉は脱水する前にすべての脂肪を取り除き、調理する必要があるため、特に注意が必要です。準備のコツや乾燥時間のあるすばらしいウェブサイトがたくさんあるので、脱水症状に真剣に取り組む場合は、それらをチェックしてください。

購入するか、自宅で作るか?

設備費、エネルギー料金、時間の投資を考慮すると、脱水食品は食料品店、特にバルクビンで購入する方が簡単な場合があります。ただし、家で乾かしてお金を節約したい場合は、割引価格の農産物に注意し、お得な情報があれば一度にたくさん脱水する準備をしてください。価格を比較するときは、脱水食品の重量が新鮮な食品よりも90%も軽いため、ポンドあたりの直接の価格比較は信頼できないことに注意してください[出典:バックカントリーシェフ]。

初版:2015年4月16日

脱水食品FAQ

どのように食品を脱水しますか?
オーブンで食品を脱水し、その熱を使って特定の食品に含まれる水分を取り除くことができます。
脱水食品はどのくらい持続しますか?
脱水食品は、適切に包装された場合、5年から6年も続く可能性があります。
食品を脱水する目的は何ですか?
あなたが食物を脱水するとき、あなたはそれをかなり長持ちさせることができます。ジャーキーやドライフルーツなどのドライフードの味を楽しむ人もいます。
脱水するのに最適な野菜は何ですか?
根菜のような丈夫な野菜は、脱水するのに最適なもののいくつかです。ジャガイモは一般的ですが、ズッキーニ、コーン、ケール、スナップエンドウも素晴らしい選択です。
食品脱水機を購入する価値はありますか?
高価な機械を使わずに、自宅で食品を脱水する方法はいくつかあります。食品脱水機は、たくさんの食品を脱水したい場合や、自分で脱水工程を経たくない場合に便利です。

著者のメモ:脱水食品のしくみ

この記事の締め切りの1週間前に、私は大階段-エスカランテ国定公園で3泊しました。夕食のメニューは?ラザニアにミートソース、チキンの照り焼き、コンセンサスのお気に入りのチキンファヒータを詰めたもの—すべてフリーズドライ。水分を補給した後、肉、野菜、麺、穀物の風味と食感は、家で新鮮に食べるものに驚くほど近いと思いました。でもたぶん私は一日のハイキングで本当にお腹がすいたのかもしれません。

関連記事

  • フリーズドライのしくみ
  • 食品保存のしくみ
  • 宇宙食のしくみ
  • 食品のしくみ
  • キャンプ用の食事を準備する方法

その他のすばらしいリンク

  • ユタ州立大学の拡張:食品の家庭用乾燥
  • コロラド州立大学の拡張:食品の保存と保管のコスト
  • バックパッキングとキャンプのための脱水食品

ソース

  • アダム、キャサリンL.「食品脱水オプション」。全国持続可能な農業情報サービス。2004年8月。(2015年4月7日)http://well95490.org/wp-content/uploads/library/plan_it_green_toolkit/food_and_permaculture/permaculture_resources/animal_systems/food%20dehydrattion%20options.pdf
  • ボイヤー、レニー、カーリーハフ。「脱水を使用して果物、野菜、肉を保存します。」バージニア協同組合拡張。2009年6月1日。(2015年4月8日)http://pubs.ext.vt.edu/348/348-597/348-597.html
  • コフマン、メロディーアン。「ドライフルーツのデメリット」。SFゲート。(2015年4月8日)http://healthyeating.sfgate.com/disadvantages-dried-fruit-3227.html
  • ブリタニカ百科事典。「脱水症:食品保存」。2014年5月18日。(2015年4月6日)http://www.britannica.com/EBchecked/topic/156046/dehydration
  • フランシス、フレデリックJ.「食品科学技術のワイリー百科事典–第2版」。ワイリー。1999年10月。
  • ジョップ、ルーアン。「家庭で食品を乾燥させる方法」。ミネソタ大学エクステンション。2011.(2015年4月6日)http://www.extension.umn.edu/food/food-safety/preserving/drying/methods-for-drying-food-at-home/
  • ケンドール、P。およびL.ペイトン。「食品の保存と保管のコスト。」2008年8月。(2015年4月7日)http://www.ext.colostate.edu/pubs/foodnut/08704.html
  • キルヒハイマー、シド。WebMDのニュースアーカイブ。「果糖は消化器系の問題を引き起こす可能性があります。」WebMD。2003年7月14日。(2015年4月8日)http://www.webmd.com/digestive-disorders/news/20030714/fructose-may-cause-digestive-problems
  • シルビア、ラブグレン。「ファッショナブルな食品:食品の流行の70年。」シカゴ大学出版局。2006年6月。
  • マウンテンハウス。「凍結乾燥プロセス」。マウンテンハウス。(2015年4月10日)http://www.mountainhouse.com/M/frzdry.html
  • Nummer、BrianA。「食品保存の歴史的起源」。国立家庭用食品保存センター。2002年5月。(2015年4月6日)http://nchfp.uga.edu/publications/nchfp/factsheets/food_pres_hist.html
  • 栄養学–ミズーリ大学エクステンション。「食品保存:食品の乾燥」。(2015年4月6日)http://extension.missouri.edu/explorepdf/hesguide/foodnut/gh1562.pdf
  • プレスコット、サミュエルC.、バーナードE.プロクター。"食品技術。" マグロウヒル。1937年。
  • レイ、C。クレイボーン。「フルーツ、カット、ドライ」ニューヨークタイムズ。2008年7月1日。(2015年4月9日)http://www.nytimes.com/2008/07/01/science/01qna.html
  • シャラウ、ジェフ。「あなたの夏の収穫を保存します。」裏庭の庭師。2001年6月20日。(2015年4月7日)https://ag.arizona.edu/yavapai/anr/hort/byg/archive/foodpreservation.html
  • バックカントリーシェフ。「脱水する価値のある食品は何ですか?」バックカントリーシェフ。(2015年4月10日)http://thebackcountrychef.com/food-dehydrating-part-2/
  • トッド、ロバートB.「キングスカレッジ病院での臨床講義」。メディカルタイムズとガゼット。1852年1月3日。(2015年4月9日)https://books.google.com/books?id=CbdXAAAAMAAJ&printsec=frontcover&vq=masson%2520head%2520gardener%2520of%2520the%2520horticultural%2520society%2520of%2520paris
  • ネブラスカ大学リンカーンフードチーム。「食べ物がどのように台無しになるか。」ネブラスカ大学リンカーン校。(2015年4月8日)https://food.unl.edu/safety/spoilage
  • Vega-Mercado、Humberto etal。「食品の脱水の進歩。」食品工学ジャーナル。ページ271-289。2001.(2015年4月6日)http://ucanr.edu/datastoreFiles/608-215.pdf

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved