彼らが作るフィギュア-Mold-A-Ramaフィギュア

Dec 18 2014
いくつかのコインをドロップして、プラスチックが電車、ゴリラ、またはフランケンシュタインの怪物に成形されるのを見てください。ハウスタッフワークスでMold-A-Ramaの詳細をご覧ください。

彼らが作る数字

フラミンゴの置物は、Mold-A-Ramas用に作成された多くの動物のカビの1つです。

これまでに存在したユニークな金型の数を正確に特定することは困難ですが、Mold-A-Ramaマシンを所有し、ウェブサイトMoldville.comを運営しているBill Bollmanは、約300のデザインが作成されたと推定しています[出典:Lammle ]。伝えられるところによると、1980年代に盗まれてスクラップとして売られたものもありますが、多くはまだ存在しています。

動物園の動物、万国博覧会などのイベントのロゴ、シカゴのスカイラインやグローマンズチャイニーズシアターなどの地元のランドマークなど、場所に関連する図を作成するために機械が設置されることがよくありました。サンタ、雪だるま、トナカイ、ホリデーツリーなどの季節のホリデーモールドもあります。金型は、多くの動物、恐竜、車、列車、船、潜水艦、戦車、大統領や他の有名人の胸像(ローレンスウェルクさえも)、観光名所、スペースラボ、プロジェクトマーキュリー宇宙カプセル、宇宙を含むNASAの工芸品のために存在しますとりわけ、シャトルとタイタンIIICミサイル。機械はさまざまなサイズの型板を扱うことができるので、おもちゃはいくつかの貯金箱のデザインを含めてサイズが異なります。

ディズニーのフィギュアは、ディズニーランドトイファクトリーとしてリブランドされたMold-A-Ramaマシンによって製造されました。これらには、ミッキーマウス、ドナルドダック、プルート、グーフィー、ピーターパン、ピノキオ、ジミニークリケット、ブレアラビットが含まれていました。マシンは、マシンのさまざまな部分を操作しているように見えるようにポーズをとったディズニーのフィギュアでカスタマイズされました。

ディズニーランドとシンクレア以外にも、フランケンシュタインのコインバンクを作ったユニバーサルスタジオのマシンや、フリッパーイルカの置物を作ったマイアミ水族館のマシンなど、ブランドが変更されたマシンがありました。マシン用にカスタマイズされたサインがたくさん作られました。中には、所有者が場所やおもちゃに関連するテキストを交換できるスロットが付いているものもあります。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved