実際、小さなiPhoneは悪いです

Dec 09 2020
小さなiPhoneを愛する人の手にあるiPhone6。新しいアナリストのレポートによると、Appleは来年の初めに第2世代のiPhoneSEをリリースする予定です。
小さなiPhoneを愛する人の手にあるiPhone6。

新しいアナリストのレポートによると、Appleは来年の初めに第2世代のiPhoneSEをリリースする予定です。4インチの画面を備えた古いAppleデザインの愛好家は、小さな手を持つ人々のためにiPhoneを喜んで歓迎したくなるでしょうが、それは時期尚早でしょう。ほぼすべての噂によると、新しいiPhoneSEはiPhone8のデザインとその4.7インチの画面に基づいています。私にとって、これは理にかなっています。その小さなiPhoneはあなたが覚えているほどきれいではありません。

ほんの数時間前、私は友人のiPhoneSEの画面に目を細めた。私のiPhone11 Proの5.8インチのディスプレイと比較すると、4インチの画面はおおよそ切手のサイズを感じました。電話自体は私の手にとても心地よく感じました、私はそれを認めます。小さい方のシャーシは手のひらにすっきり収まるので、片手で画面上の何にでも届くほどコンパクトです。この能力が、クラシックなiPhoneのデザインを素晴らしいものにしているのです。あらゆる種類のパンツやコートなどのポケットにもすっきり収まります。しかし、少年はその小さな画面が私の目を傷つけます。

Appleには確かに4インチの小さな画面デザインに戻らない理由がたくさんあります。それらには、サプライチェーンの考慮事項、売上高、アプリ開発者、さらには基本的な設計上の制約を含める必要があります。非常に信頼できるAppleアナリストのMing-ChiKuoによると、新しいiPhoneSEは現在のiPhone8とほぼ同じですが、A13チップなどのアップグレードされたガットと最大3GBのRAMが含まれています。このパフォーマンスの向上により、拡張現実アプリやAppleArcadeのあらゆる種類の新しいゲームなどの難しいタスクを処理できるようになります。新しいiPhoneSEもほぼ間違いなくAppleの最も安いiPhoneになるでしょう。古いSEは、Appleが2018年に廃止する前に、350ドルで始まりました。(iPhone SEは 今年初めにApple Storeの改装されたセクション簡単に登場しました。)

したがって、安価で強力なiPhoneのアイデアが気に入った場合は、SEの復活は朗報です。あなたが本当に小さなiPhoneの復活を見たかったのなら、あなたは困惑しているに違いない。私はあなたを責めません。iPhone SEとその前身のコンパクトなデザインは、テキストメッセージを読んでいるときにディナープレートを握っているような気分になりたくない小さな手を持つ人々に最適でした。大きくて新しいデバイスが時々使いにくいのではないかと恐れて古い4インチのiPhoneを持っていたのなら、私は4インチのiPhone5から4.7インチのiPhone6へのジャンプも恐れていた。しかし、画面が大きくなると、最終的には、電話の使い方が良くも悪くも変わりましたが、ほとんどは良い方法でした。

私は普通の大きさの手を持つ男だと認めるべきです。画面が大きいほど、多くの人よりもナビゲートしやすくなります。しかし、それでも時々地獄のように迷惑です。ほとんどの場合、私はまだiPhoneを片手で使うことができません。たとえば、左手に何かを持っていて、iPhoneのメニュー間を移動しようとしている場合、通常は鼻を使って画面の上部にあるものをタップします。これはばかげていると感じます、そしてそれはそうです。

ただし、画面が大きくなると、非常にプラスのトレードオフが発生します。私は実際、10代の頃よりも大きなiPhoneディスプレイで多くのことを読んだ。写真をスクロールしているときは、デバイスを顔に近づけません。私はしばらく前に私の電話でゴッドファーザーの三部作を見さえしました、そして盲目になりませんでした。私をブライトサイド氏(または非常識)と呼んでください。しかし、大画面を持つことの多くの利点は、いつでもかさばる、持ちにくいデザインの欠点を上回ります。

大画面のiPhone標準を受け入れることは、Appleが小さなiPhoneを持ち帰ることは決してないという事実に対処する方法でもあります。小さなiPhoneは悪いです、クパチーノの誰かが数年前に決めました。時々使いにくいとはいえ、大きなデバイスの方が便利だということに同意したいと思います。小さな画面のiPhoneが必要な場合は、クパチーノの同じ人が今日あなたに言うでしょう。AppleWatchを購入してください。それが私が最終的にしたことです。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved