事故で押しつぶされたスイカは、動物を喜ばせ水分補給するために野生生物保護団体に寄付されました

Aug 22 2022
Yak's Produce は、数十個のつぶれたメロンを野生動物のリハビリ専門家であるレスリー グリーンと彼女のルイジアナ州の救助施設で暮らす 42 匹の動物に寄付しました。

ルイジアナ州ファーマービルで開催されたルイジアナ スイカ フェスティバルが本格化した 7 月下旬、フェスティバル会場の近くで 100 個以上のスイカとマスクメロンを運んでいた農産物トラックが事故に巻き込まれ、果物が道路に散らばっていました。

事故で押しつぶされたメロンは、怪我をすることはありませんでしたが、ライセンスを受けた野生生物のリハビリの専門家であるレスリー・グリーンが現場に来るまで、廃棄されるように見えました.

全員が無事であることを確認した後、「Yak's Produce のオーナーに尋ねました。『ねえ、もしみんながこのすでに開いたスイカを全部使わないのなら、野生動物のリハビリのために持ってきてくれませんか?』」と Greene 氏は回想します。

「そして、所有者は、「廃棄されるのではなく、別の原因に進むことができれば、それは素晴らしいことです」と言っています.

ヤクは、ビーバー、アライグマ、スカンク、オポッサム、ヤギなどを含む 42 匹の動物を現在収容しているリバー バンディット レスキューの本拠地である、グリーンの 4 エーカーの敷地に果物を届けました。グリーンはメロンを毛むくじゃらの住人に渡しました。

TikTok @ellegreene2018で愛らしい饗宴を共有した46歳のグリーンは、「彼らは皆、それで町に行っただけです. 「彼らはそれを絶対に気に入っています。とても暑くて湿度が高いので、完璧なおやつです。」

Instagramの「家馬」のチャーリーは、夜は納屋で過ごし、日中は屋内でリラックスしています

ジューシーな果実を最初に味わったのはビーバーでした。「私は囲いの上にそれを放り投げました、そして彼らは出てきました」とグリーンは言います、「そして彼らはスイカが大好きです.」

所有者によると、「田舎にいる」レスキューは、野生生物保護区に沿ってぶつかり、グリーンはレスキューの完全に治癒した、略奪的ではない動物を解放します。

彼女と彼女の夫であるサウスウェスト航空のパイロットは、ホーマーに 100 エーカー以上の家族所有の土地を所有しており、そこで夫婦は修復した捕食動物を救助から解放しています。

「私は動物が大好きです。彼らを助けるのが大好きです」とグリーンは言います。介護施設のマーケターであり、彼女の救助とリハビリテーションの仕事にお金を払っています。「私はいつも養育者でした。何かまたは誰かが私を必要としていると、気分が良くなります。」

TikTokを乗っ取った「風変わり」で好奇心旺盛なエミュー、エマニュエルに会いましょう

グリーンがソーシャルメディアでメロントラックとの出会いを共有した後、彼女のTikTokフォロワーの「1トン」がYakのFacebookページにアクセスし、砕いたスイカをゴミ箱に捨てる代わりに寄付したことを称賛した. 次に、ヤクはグリーンに連絡を取り、彼女と彼女の動物に、もはや販売または使用できなくなった農産物を提供しました。

「つまり、私たちと野生生物にとって大きな勝利でした」とグリーンは言います。「私はヤクに感謝し、ヤクに手を差し伸べてくれてありがとうと言ってくれたすべての動物愛好家に感謝します。」

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved