時間、お金、自由、ブロックチェーン

May 09 2022
人間にとって最も重要な資源は何ですか?それぞれの考えがあるだろうが、私は「時間」だと思う。「時間が金だ」のような明らかな話をしようとするのではない。

人間にとって最も重要な資源は何ですか?

それぞれの考えがあるだろうが、私は「時間」だと思う。「時間が金だ」のような明らかな話をしようとするのではない。

我々は、ある資源の経済的価値が希少性のために生じることを学んだ。供給が限られた状況でその資源を持つという需要がこれを超えると、競争が発生し、価格で表現される経済的価値が発生する。

ところが、こうした需要、供給の不一致による経済的価値を論じるためには、一つの前提が必要なのに一定の時間区間を限定しなければならないということだ。つまり、特定の時点または一定期間を仮定したとき、その基準内で経済的価値を判断することができる。

もし私たちが寿命の制限なしに永遠に生きることができれば、無限に近い宇宙空間の中で無限の時間内に結局誰もが望む量の資源を得ることができるだろう。しかし、需要の主体である人間が有限な時間を生きるため、供給に限界が生じ、これによる競争で経済的価値が発生するのだ。

したがって、すべての資源の価値は、最終的な資源である時間の価値に還元できることがわかります。

すべての人間はそれぞれ決まった量の時間(寿命)をもって生まれます。もちろん、与えられた時間の総量をあらかじめ知ることができる方法はなく、その時間さえ使い切れずに生を終えることもあるが、ほとんどの場合、人ごとに平均的な量の時間が与えられ、その量が有限であることは明らかである。

時間とは、リソースが持つ興味深い属性は、意識的に消費しても消費しなくても一定の速度で消費され続けるということです。時間の消費を促すか遅くする方法はない。(週末には時間が速く流れるというもっともらしい主張があるが科学的に証明されていない) 人間ができるのは瞬間ごとにその時間をどのように使うかを決めるだけだ。

しかし、すべての時間を自分だけのために使うことはできません。資本主義社会は、分業化、専門化を通じて現代文明の存在基盤となる莫大な生産性を達成するために、すべてのメンバーがシステムに貢献することを要求する。個人は、自分の時間をシステムに提供する代わりに、貢献の代価としてお金を受け取り、それをシステムで生産された他の資源に交換することができる。

お金は単に商品やサービスを購入できるようにする手段にとどまらない。本質的に代替不可能で有限な私の時間を保存した手段であり、自由を犠牲にした対価である。ところで、このお金を誰かに勝手に発行し、お金に保存された価値を変えて再分配するなら?同じお金でもっと価値のあるものを買えなくなったほどの問題ではなく、私の時間を自分の意志通りに使える自由に対する深刻な脅威となる。

もちろん、通貨政策や再分配政策が無条件に間違っていると話しているわけではない。資本主義社会の中で成し遂げたすべての行為者の成就は、共同で構築したシステムがあるため可能なので、これに対する支払いが必要であることも十分可能な論理である。ただし、お金に保存された時間価値の再分配が少数の恣意的な判断の下で行われ、決定過程が公開されず、責任素材も不明であれば、結局、我々は決定権者の善意を無条件に信頼するしかない。これが権限を持った者が「Don't be evil」することを信じなければならない状況を超えて、「Can't be evil」するしかないシステムを作ろうとする努力が続く理由だ。

私たち自身を守る方法はないのだろうか?最も簡単な方法は腐敗したシステムを離れることですが(自然人になる準備を始めてみましょう)、究極の解決策ではありません。最善の方法は、システムが私たちを守るために発展させることですが、現実ではこれを達成することはできませんでした。

すぐに国家システムだけを見ても、私が生まれる国を選択することはできず、他の国に国籍を変えることも容易ではなく、既存の問題を解決しようとしても、すでに利害関係者が多すぎて劇的な発展を成すことは不可能に近い。

ところが「ブロックチェーン」が登場し、このようなシステムを底から再設計することが可能になった。社会契約論を学ぶとき、「前契約書を見たことも、署名したこともないんですけど」と冗談だが、ブロックチェーンではこうした社会的契約の内容、あらかじめ定義した規則がコードで表現される。

明確に自分の意思に同意できるときに参加し、これを発展させるために一緒に努力し、意見の違いでこれ以上一緒に行けなくなった場合、システムを離脱したり、またはその時点からシステムを複製、分岐することができる。オープンソースがソフトウェア開発方法論といえば、ブロックチェーンは社会システム開発方法論といえる。

現実には何人の人が集まって国を建てられるのだろうか?笑いはどころか関心を引くことさえ難しいだろう。だが、ブロックチェーンでは善意を持った、何人かの狂った人々が集まると世界を変えることができる。

ハデレクがすることもそうだ。私たちの自由を守ることができる中立ネットワークの構築。

今ブロックチェーン分野では、実験と詐欺の境界に置かれた新たな挑戦が生まれ続けている。その挑戦の意義と成果を否定するわけではないが、人々の人生を真に変化させることができる方法について悩み、努力するチームは見つけるのが難しい。

火星移民計画でお金を引き寄せるが、実状は大気圏脱出ロケットだけを繰り返し作る状況なのだろうか。本物の火星まで行くには悩むべき問題が山のようなのに、あらかじめ億万長者になってしまった多数の開発チームはあえて火星移民を行く必要がなくなった。

ハデレクはロケットではありません。だから、他の会社のようにサッとロケットに乗るように勧めることは難しい。いつまでも選費のように貧困を勲章にするつもりはないが、私たちの選択肢の中では早く会社を育てるよりも究極の目標達成に役立つ道かどうかが優先だ。私たちはロケットに乗る人ではなく、ロケットを一緒に作る人を探しています。

経済的補償を約束する会社はたくさんある。しかし、人生をかけてやる価値のあることについて話すところは多くありませんでした。なぜ誰も早期引退を言うのですか?偉大なことをしている叫ぶが、実は本人もそんなに信じていないのではないだろうか。

引退もせず、生涯を奴隷のように仕事だけするというのではない。自由のためのシステムを作る人々は奴隷になるべきではありません。だから今ここでやることがあなたにも面白く、価値があり、誇りを感じることができ、何より自分でやりたいことでなければならない。さらに億万長者になっても続けたいと思うそのようなことだ。

人生を歩くことを探すということ、

かなりクールな仕事じゃないの?

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved