出エジプト記で「輝いた」という珍しいヘブライ語の使用

Jan 31 2021

出エジプト記34章29節(KJV):

そして、モーセがシナイ山からモーセの手に二つの証言の表を持って降りてきたとき、モーセが山から降りてきたとき、モーセは彼と話している間、顔の皮膚が輝いていることを望んでいませんでした。

出エジプト記34:30(KJV):

アーロンとイスラエルのすべての人々がモーセを見たとき、見よ、彼の顔の皮は輝いていた。そして彼らは彼の近くに来るのを恐れていました。

そして出エジプト記34:35(KJV)で:

イスラエルの人々はモーセの顔を見て、モーセの顔の皮が輝いていた。モーセは彼と話をするまで、再び彼の顔にベールを置いた。

この章で使われている「輝いた」という言葉はカランです。興味深いことに、

  • この言葉の他の唯一の出現は詩篇69:31に「角」を意味することです

  • 単語OWR」輝きのために、より頻繁に言葉では、/ライト与えます。

ここでこの用語を使用する理由は何ですか?それは金の子牛と関係があるのでしょうか?

使用されている用語については別の質問がありますが、テイクが異なることに注意してください。

回答

1 Dottard Jan 31 2021 at 04:59

出34:29、30、35、詩69:31(OTでは4回だけ)で「輝いた」と訳されている言葉はקָרַן(カラン)です。BDBの意味は、以下の付録に記載されています。

出34:29-35では、モーセの顔が光線を発しているという意味で「輝く」という意味で使われていました。2コリント3:7-18も参照してください。

ヘブライ語には、「輝く」という考えを表すさまざまな言葉があります。

  • קָרַן(カラン)=「光線を送る」例:出34:29、30、35、詩69:31
  • יָפַע(yapha)=「輝きを放ち、ビームを送り、輝きを放つ」、例えば申命記33:2、ヨブ3:4、10:3、22、37:15、詩50:2など。
  • זָהַר(zahar)=「明るく輝く」、例えば、出18:20、列王第二6:10など。
  • אוֹר(または)=「光になるか光になる」、例えば、創世記1:15、17、出13:21、14:20など。
  • נֹגַהּ(nogah)=「明るさ」、例えば、サムエル記下22:13、23:4、詩18:12など。
  • נָגַהּ(ナガ)=「輝く」、例えば、サムエル記下22:29、ヨブ18:5、22:28など。

モーセがこの機会に彼がした言葉を使うことを選んだ理由は説明されておらず、解説に謎として残されています。ケンブリッジの解説もこの特異性を観察しています:

つまり輝いていた。神の栄光の反射から(出エジプト記24:16 f。)。ヘブ。動詞は独特なもので、vvだけが繰り返されます。30、35:それは光線の意味でḳéren、「ホーン」からの宗派であり(Habakkuk 3:4を参照)、したがって、光線されたことを意味します。ジェロームは、Aq。に続いて、文字通りVulgでレンダリングされました。クォードコルヌータエセット; したがって、彼の頭から角が立ち上がっている芸術におけるモーセの頻繁な表現。

詩69:31では「角」が使われています。興味深いことに、クレメンタインラテン語のテキストを直接翻訳したDRBは、この単語とその慣用的な意味を誤解していました。ミケランジェロがモーゼ像(現在はサンピエトロ大聖堂にある)を彫ったとき、彼はモーゼの頭に2つの角を付けました-下の写真を参照してください。バーンズは同じことを指摘しています。

「輝き」と訳されている言葉は、「角」と訳されている言葉と密接に関連しています。したがって、ラテン語版などでは、動詞が「角のある」と表現されています。この言葉の表現から、額に角のあるモーセの人気のある表現が生まれました。例えば、ローマのミカエルアンジェロの彫像。

例34のこれらの「角」と金の子牛の事件との間に関連性は見られません。

付録-קָרַןのBDBエントリ

קָרַן動詞קֶרֶן5を表すQalは、光線を送信します。— Perfect3masculinesingularקָרַןעוֺרמָּנָיו出エジプト記34:29,30,35(P)。

קֶרֶןのHiph`il宗派

1a、表示(成長)ホーン(完全に開発される)、分詞מָּרמַקְרִןמַפְרִיס詩篇69:32。

3 Robert Jan 31 2021 at 05:06

クアラン

ここで起こっていることがいくつかあります。ヘブライ語の動詞にはさまざまな活用などのパラダイムがあり、これらのパラダイムは、インド・ヨーロッパ語族で直接目的語と間接目的語に基づいてさまざまに活用する方法と似ていますが、実際には同じではありません。

この場合、クォーランは基本的なQalパラダイム(最も一般的なデフォルトのパラダイム)では「輝く」ことを意味しますが、Hiphilパラダイムでは「角を持つ」ことを意味します。これは同じ補題ですが、活用に基づいて意味を判断できます。これは、パラダイムに基づいて変化する意味の極端な例です。

なぜHiphilが角を持っているのかを説明するために、角と輝きの間には何らかの関係がなければなりません。それは、牛の文化における角が力と強さの象徴であるということです。 「ホーン」の旧約聖書で単語検索をしてください、そしてそれは非常に魅力的です。したがって、この知識があれば、それはより理にかなっています。 Hiphilはしばしば(常にではありませんが)使役形式として解釈されます。したがって、Qalで動詞が「料理する」である場合、Hiphilは「誰かに料理をさせる」可能性があります。繰り返しになりますが、これはHiphilについての1つの便利な考え方にすぎませんが、これらのパラダイムは単純な分類に反しています。しかし、少なくともここでは、「輝く」の原因となるエージェントが「力」、つまり「ホーン」であることは理にかなっています。

おもしろいボーナスとして、カランの誤訳により、ミケランジェロは実際には彼の顔が輝いていたのに、モーセに角があるように描いたと言われています。しかし、振り返ってみると、ミケランジェロはモーセを角で飾ることによって力の源として描写することは巧妙で歴史的に適切な実例となる装置であるため、彼が何をしているかを正確に知っていたのだろうか。それからまた、これは私自身の個人的な気まぐれかもしれません。

詳細については、カラン、ハイフィル、ミケランジェロに関する上記の情報が提供された、カランの旧約聖書の神学的ワードブックを参照してください:Coppes、LJ(1999)。2072קָרַן。RL Harris、GL Archer Jr.、およびBK Waltke(編)、Theological Wordbook of the Old Testament(electronic ed。、pp。815–816)。シカゴ:ムーディープレス。

Quaran対 'wr

'wrは「光を与える」という意味の動詞です。gen1.15を参照してください。'または「光」を意味する名詞ではないことに注意してください。'または「shine」として翻訳されることはありませんが、動詞' wrはshineとして翻訳されます。1つは動詞、もう1つは名詞です。

'wrとquaranの間には確かに意味的な重複がありますが、前者は「光を与える」ことに焦点を当てていますが、後者は電源から放出される光を示唆しています。これらのセマンティック領域は両方とも、「輝く」と呼ぶもので重複していますが、セマンティック範囲が異なるため、正確な同義語ではありません。

著者の選択を説明する

ここでこの用語を使用する理由は何ですか?

なぜなら、作者は、照明について述べるのではなく、モーセの内なる力によるモーセの栄光/輝きを強調しているからです。

イスラエル人は彼の輝きのためにモーセを恐れました-ヘブライ語は文字通り「恐ろしい」です(出34.30)。

詩篇104.2では、神は光で「服を着た」と表現されています。テントのカーテンのように天を伸ばす衣服のように光で身を覆うあなた、

ですから今、モーセは神の前で40日と夜を過ごし、彼の顔は光で輝いていますが、その光は神の力の衣服です。その光の源であるのは神の臨在であり、このはイスラエル人が恐れていたものです。

それが単なる光源である場合、つまり何かが輝いている場合、これによって私たちが恐れたり恐れたりすることはありません。

したがって、Quaranを使用すると、 'wrを使用するよりもこのパワーの概念が強化されます。

それは金の子牛と関係があるのでしょうか?

ありそうもない。旧約聖書で非常に一般的であるある種の言葉遊びを提案している場合は、より多くの例を提供する必要があります。

3 TonyChan Jan 31 2021 at 02:11

出エジプト記34:29新国際版

モーセが契約法の2枚の板を手に持ってシナイ山から降りてきたとき、彼は主と話していたので、自分の顔が輝いていることに気づいていませんでした。


輝いていたקָרַ֛ן(qā・ran)
動詞-カル-パーフェクト-サードパーソン男性単数
ストロングのヘブライ語7160:角、光線を発射する

これがパウロがそれを理解した方法です:

2コリント3:7

さて、石に文字で刻まれた死をもたらした省が栄光をもって来たならば、イスラエル人はその栄光のためにモーセの顔を着実に見ることができませんでした。

パウロは、モーセが神と親密な関係にあったときに、栄光が神から生じたものとして、モーセの顔から輝くのを見ました。彼の顔は角や力をあまりにも発射したので

30アロンとすべてのイスラエル人がモーセを見たとき、彼の顔は輝いていて、彼らは彼の近くに来るのを恐れていた。

それはかなり素晴らしい光景だったに違いありません。

それは金の子牛と関係があるのでしょうか?

いいえ。金の子牛は偶像でした。本当の力や栄光はありません。それはモーセによって完全に破壊されました。

出エジプト記32:19モーセが陣営に近づき、子牛と踊りを見たとき、怒りが燃え上がり、錠剤を手から投げ出し、山のふもとで粉々に砕いた。20そして彼は人々が作った子牛を取り、それを火で燃やした。それから彼はそれを粉にすりつぶし、それを水にまき散らし、イスラエル人にそれを飲ませました。

一方、モーセの顔は神からの真の栄光を反映していました。モーセは神と多くの時間を過ごしたので、彼の顔は神の栄光の一部を吸収しました。徐々に、この吸収された栄光は時間とともに彼の顔から放射されます。このヘブライ語はめったに使われませんでした。なぜなら、だれも神にそれほど近づくことはめったになかったからです。それにもかかわらず、イエスの栄光はモーセの反映された栄光の栄光を上回っています。

2コリント3:18

そして、明らかにされた顔で主の栄光を熟考している私たち全員は、霊である主から来る、ますます増大する栄光をもって彼のイメージに変えられています。

モーセは栄光を反映し、時間とともに薄暗くなりました。新しい契約では、私たちは神の栄光を反映するだけではありません。御霊は私たちを内側からますます栄光に変えます。減少する代わりに、増加しています。私たちはキリストの御霊によって栄光を増しています。モーセが栄光を反映したのと比較して、それは良い知らせです。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved