イタリアのクリスマスの伝統

Dec 07 2017
花火、焚き火、スピリチュアルミュージックを楽しめるホリデーフェアが開催されるイタリアのクリスマスの伝統について学びましょう。
教皇フランシスコは、バチカンのサンピエトロ大聖堂でクリスマスイブにミサの間に赤ん坊のイエスの置物にキスします。ANDREAS SOLARO / AFP /ゲッティイメージズ

クリスマスシーズンは、クリスマスの4日前の日曜日であるアドベントの最初の日曜日にイタリアで始まります。北の山々の寒い冬の天候と南の穏やかな天候のクリスマスフェアでは、ホリデーミュージックとともに花火と焚き火が催されます。家族はクリスマスマーケットに行き、飼い葉桶のシーンのための贈り物や新しい人物を買いに行きます。一部の家族はクリスマスツリーを設置して飾ります。

クリスマスの日を含む9日前のノベナの間、子供たちは家から家へと行き、クリスマスの詩をコインで暗唱します。家族は、ノベナの初日にプレセピオ、または飼い葉桶のシーンを設定します。彼らは毎朝または夕方のノベナのプレセピオの前に集まり、ろうそくに火を灯して祈ります。

一部の家族は、メアリーとジョセフの等身大の人物を前庭に置いています。飼い葉桶のシーンとクリスマスキャロルはどちらもイタリアで生まれました。

この間、子供たちは両親にメリークリスマスを願い、良い行動を約束し、受け取りたい贈り物のリストを作成する手紙を書きます。両親は夕食時にこれらの手紙を声に出して読んだ。それから彼らは暖炉の中でそれらを投げます。子供たちは、彼らの願いが煙突に上がると、神話上のクリスマスの魔女であるラ・ベファーナに向かって唱えます。

クリスマスイブの夕方の空に最初の星が現れると、すべての家族が窓に火のともったろうそくを置いて、キリストの子供への道を照らします。彼らはプレセピオの周りにろうそくを灯し、赤ん坊のイエスの姿を人から人へと渡し、最終的に飼い葉桶に優しく置きます。その後、魚や他の種類のシーフード、野菜、サラダ、前菜、パン、パスタ、お菓子を使った贅沢な肉のない夕食を楽しみます。その夜遅く、誰もがクリスマスイブのミサに向かう途中で松明に照らされた通りを通り抜けます。

クリスマスの日は、教会、家族、そしてごちそうのために予約されています。一部のイタリアの子供たちは、ファーザークリスマスと呼ばれるように、ベイビーイエスまたはバボナターレから贈り物を受け取ります。それからみんなが大きなクリスマスディナーに腰を下ろします。これには、多くの場合、カポンまたは別のロースト肉が含まれます。フルーツがたっぷり入ったイーストケーキのパネットーネや、クローブとシナモンを加えた濃厚なハニーケーキのパンフォルテ、アイスクリームやフルーツなどのカッサータが人気のお菓子です。

元日は友達が集まって訪れる日です。イタリア人がお互いに贈り物を交換する日でもあります。子供たちは1月6日まで待たなければなりません。ラベファーナの名前はイタリア語でエピファニーに由来しています。

1月6日は、三人の王がずっと前にベツレヘムのキリストの子供を訪れた日であるため、三人の王の日とも呼ばれます。伝説によると、古いベファーナは家の掃除に忙しくて賢者を助けることができませんでした。今、年老いた放浪者は、エピファニーの前夜にキリストの子供を探して、ほうきで空を飛んでいます。子供たちはその夜、ノベナの間に彼らが求めた贈り物を期待して、暖炉のそばに靴を置きました。 La Befanaは、お菓子や子供たちへの贈り物を残しています。

クリスマスシーズン中、イタリアの家族はザンポーニャに敬意を表してシェパーズキャロルと呼ばれる特別な歌を歌います。アドベントの町にやって来て、家から家へとバグパイプを演奏したり、イエスの誕生について歌ったりした本物の羊飼いです。一部の町では、羊飼いに扮したバグパイプ奏者が、近所のプレセプティオの前で遊んだり歌ったりしています。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved