痛みの信号伝達

Nov 09 2007
痛みの信号伝達は、脊髄に痛みを伝達するために後根の感覚線維に依存しています。痛みの信号伝達の詳細をご覧ください。

切断された手からの信号は、後根を通って脊髄に伝わります。そこで、彼らは後角(蝶の形をした灰白質の上半分)内のニューロンにシナプスを作ります。それらは、それらが入った脊髄セグメント内のニューロン上でシナプスを形成し、また、それらの侵入セグメントの上下の1〜2セグメントのニューロン上でシナプスを形成します。これらの複数の接続は、体の広い領域に関連しています-これは、痛み、特に内部の痛みの正確な場所を特定することが難しい場合がある理由を説明しています。

二次ニューロンは、脊髄視床路と呼ばれる脊髄の白質の領域を介して信号を上向きに送信します。このエリアは、すべての下部セグメントからのトラフィックが脊髄を上るスーパーハイウェイのようなものです。脊髄視床路の信号は、延髄(脳幹)を通って脊髄を伝わり、の中継中心である視床のニューロンでシナプスを形成します。一部のニューロンは、身体的行動を制御する延髄の網様体でもシナプスを形成します。

次に、視床からの神経が信号を脳の体性感覚皮質のさまざまな領域に中継します。脳には単一の痛みの中心はありません。

痛みの信号は、体を通る経路に沿って伝わります。次のページでそれらについて学びます。

顔からの痛みの情報

あなたの顔には、三叉神経と呼ばれる独自のミニ脊髄システムがあります。体性感覚ニューロン(および顔と頭全体の痛み受容器)は、三叉神経を通って中枢神経系に移動します。それらは、延髄中央部の三叉神経核(ニューロンのグループ)および延髄下部のニューロンでシナプスを形成します。次に、これらのニューロンは、中脳内の視床領域を介して視床に信号を送信します。視床のニューロンは、体性感覚皮質と大脳辺縁系に信号を中継します。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved