Impermanence:Bellwetherへのインタビュー

May 08 2022
Bellwetherは、2020年に結成されたシドニーのポップパンクバンドで、ボーカリストのJames、ギタリストのHeath and Zac、ベーシストのGabs、ドラマーのJoshで構成されています。彼らの曲は、J-POPからエモに至るまでのさまざまな音楽的インスピレーションとさまざまなポップカルチャーの参照を組み合わせて、自己受容、反省、成長についての正直な物語を語っています。

Bellwetherは、2020年に結成されたシドニーのポップパンクバンドで、ボーカリストのJames、ギタリストのHeath and Zac、ベーシストのGabs、ドラマーのJoshで構成されています。彼らの曲は、J-POPからエモに至るまでのさまざまな音楽的インスピレーションとさまざまなポップカルチャーの参照を組み合わせて、自己受容、反省、成長についての正直な物語を語っています。バンドは、Terra、Fangz、Columbusなどのバンドでシドニー中のショーを演奏してきました。ベルウェザーはとても楽しいです、そして彼らは世界を引き継ぐつもりです、そして私はそれのためにここにいます。

彼らのデビューEPの1か月の記念日を祝うために、私は彼らの話と無常の複雑さについてバンドと✨深く✨チャットしました。

1.コーヒーを飲む場合—通常のコーヒーの注文は何ですか?そうでない場合は、代わりに何を飲みますか?
Gabs:
カフェインを持っているなら、私は単に✨die✨するので、デカフ大豆フラットホワイト。ヒース:私は基本的なので、ただの標準的なカプチーノです。ジョシュ:私は心の中で苦い老人なので、ロングブラック。ザック:大豆ダブルショットアイスラテ、私は眠りません。ジェームズ:大きなダブルショットのキャップを打ち負かすことはできません。砂糖はありません。decafの前の死。



2.バンドとして、音楽を作る以外に一緒にやるのが好きなことは何ですか?
Gabs:
ミームを作る。ヒース:ビールを飲み、他のバンドがライブで演奏するのを見る。ザック:スポーツ観戦。ジェームズ:飲み物を飲んだり、スポーツや映画を見たりしています。


3.今よく聴いている地元のアーティスト/バンドは誰ですか?
Gabs 特に彼らが私たちを開いたときに彼らがライブを見たので、私はTerraをたくさんバイブしています、彼らの曲「Arrows」はそれにとてもパンチがあります。Heath: Peni Parkerは最近人気があります。私は彼らのサウンドとビジュアルの美学、そしてポップパンクとエモラップを独自の方法で組み合わせた私の親友であるNervousLightが大好きです。Josh:私は、ペニー・パーカーが現在落としている強打者を絶対に殴り続けてきました。また、 Debbiesと彼らが出した新しいものの大ファン。ザック:ブルーム


最近のものは御馳走でした。ジェームズ:その新しいクレイJグラッドストーントラックは危険です!いくつかの深刻なマイケム/古い学校のエモの雰囲気。

4. Infinite Impermanenceとは別に、優れたYu-Gi-Ohとは何ですか。カード?なんで?Heath: Geomathmech Final Sigmaは、彼がそのシグマグラインドセット(Mathmechの私のお気に入りのデッキでもある)を使用しているためです。Josh: HumptyGrumpty。ザック:おそらくヘビーストームですが、禁止されています。ジェームズ:翼のあるクリボーはこれまでで最高でかわいいものです。



1.皆さんにはかなりの数の異なる音楽的影響があることを私は知っていますが、あなたが作ったものとはまったく異なるジャンルの音楽を聴いている誰かにあなたのバンドをどのように売りますか?
Heath:
Blink-182が数年間、Toonami以外に消費するものがない部屋に閉じ込められていたと想像してみてください。おそらく、私たちが出てくるでしょう。

2.皆さんはさまざまなバンドから集まってきましたが、これがベルウェザーにとって完璧なラインナップになることをどうやって知ったのですか?どのような会話がプロジェクトにつながりましたか?
Gabs:
私たちのマネージャーが私にDMを送って、参加するように頼みました。それが本物だとは思いませんでしたが、残念ながら、ここにいます。Heath: James、Josh、Zacが尋ねた後、私はバンドに参加しました。当時はバンドがなく、すでに彼らと友達だったので、自然にフィットしているように見えました。バンドの目標とビジョンがどれほどうまく調和しているかが明らかになったのは、しばらくしてからでした。ジェームズ:それが完璧なラインナップだとどうやって知りましたか?…フリッカーの「決定された」EPを聞いてください。

3.皆さんは最も素晴らしいビジュアルを持っています。私は「海馬」のビデオと、EPで出したプレスショットが大好きですが、あらゆる段階でそれを壊してきました。バンドの視覚的アイデンティティにどのようにアプローチしましたか?誰と一緒に仕事をしたことがありますか?それらの会話はどのようなものでしたか?
ヒース:
バンドのビジュアルコンポーネントは私たち全員が楽しむ重要なものです。このリリースでは、EPの多くが映画、テレビ、コミックに基づいているため、特に重要でした。ビジュアルメディアに触発された私たちの音楽のビジュアル。バンド全体のまとまりのあるスタイルを維持しようとしながら、個々のトラックが意味のある方法で視覚的に表現され、曲のアイデアを伝えるのに役立つようにします。
一緒に仕事をした人については、EPとシングルのアートワークについてはReece Grogan(Yeah Rad ) 、ミュージックビデオについてはBrandon Lung 、友人のMaddyZiperとBaxterBarryと協力しました。スタイリング用。私たちは彼らの作品のファンであり、私たちのビジョンの達成と統合を支援するために彼らを連れて行きたいと思ったので、彼らと一緒に仕事をすることにしましたが、このプロジェクトを情熱的なプロジェクトにしたいので、彼らに芸術的な自由を与えることも重要でした関係者全員。

4.架空のバンド(例:LödedDiper、Mystik Spiral、The Hex Girls、Sex Bob-Ombなど)と一緒にツアーをすることができたら、誰になりますか?ショーはどのように見えますか?
ヒース:
けいおんから放課後ティータイム!バンド全員が演奏し、その後、全員がケーキとティータイムのために座りました。ジェームズ:フィグリン・ダンとモーダル・ノード(別名カンティーナ・バンド)…冗談ですが、クラッシュ・アンド・ザ・ボーイズと一緒にセツクス・ボブ・オンブを簡単にセックスして、あなたを悲しませたり、知っていることをさせたりします。

5.すでに聞いたこと(Yu-Gi-Oh!、Shrek、Bojack Horseman、Scott Pilgrimなど)以外に、最近あなたたちにインスピレーションを与えているものは何ですか?
ヒース:
私はこの1年間、少年マンガをこれまで以上に楽しんでいます。また、ワンピースは私の新しいお気に入りのシリーズです。たぶんいつか麦わらの一味についての曲を書くことに取り掛かるでしょう。ジェームズ:私は最近ハリーポッターシリーズとアランムーアの古典的なグラフィックノベルVフォーヴェンデッタを読んでいます。

1. Impermanenceを完全にまとめるのにどのくらい時間がかかりましたか?早い段階でミュージックビデオを作るのを逃したことは知っていますが、EPの作成中に、将来やりたいと思っていることを見逃したことはありますか?Heath:
Impermanence の執筆と作成のプロセスの開始は、2020年の初めに始まったため、構想からリリースまで2年以上かかりました。私がやりたかったことがあれば、最初のシングルと最後のEPの間にもっと多くのショーを再生して、それを誇大宣伝することになるでしょうが、それはそれが何であるかです。

2.サウンドに関しては、「ラモーナフラワーズ」は最もノスタルジックな感じがしますが、新鮮なひねりが加えられています。サウンドとコンセプトの両方の観点から、EPを開くのにとてもクールな方法です。このようなトラックを組み合わせて、現実の生活、ポップカルチャーの参照や要素を組み合わせた関連性のあるテーマを組み合わせると、シームレスになりますか、それともこれらすべてのストーリーをまとめることを余儀なくされたと感じますか?
ヒース: 私たちがそれらすべての要素を一緒に強制しているように感じるポイントは今までになかったと思います。もしあったとしたら、その曲をかなり早くドロップすると思います。私たちは幅広いメディアやテーマに情熱を注いでおり、さまざまな影響を受けています。そのため、私たちが出すサウンドは、私たち自身の正直な表現であり、私たちの興味を誇らしげに身に付けています。

3. “Charade”, proved that you guys don’t really take yourselves too seriously which is wonderful to see. Since this one was inspired by the Scott Pilgrim universe, would you guys ever put together a Bellwether graphic novel or anything of the sort?
Gabs:
Dude, that’s such a sick idea
Heath: I would love to one day develop a concept EP or record where we really go deep into the concept and create a companion comic. Of course, we’d have to spend a decent chunk of time crafting the story and finding an artist to execute the idea, but it’s definitely something I’d love to do.
James: I love this question and yes a concept EP/LP with a comic/graphic novel is absolutely a dream of mine. On top of this I’d totally go full Gerard Way and bring the characters to life live on stage.

4. “Halfway Happy” is on the lower side, equally as explosive as the rest of the EP, but definitely a bit more serious. Did the atmosphere feel different putting this one together? Did it feel scarier to put this one out, especially considering it was the first music video you put out as well?
Heath:
For me, this song has required a slightly different approach when it came to writing — “Halfway Happy” is the most emotional song lyrically, so I wanted to make sure that was the focus. This meant backing off on some of the more explosive and “out there” elements we incorporate into our music, so that the vocal and lyrics didn’t get lost in the song.

5. What do you hope people will take from “Kaiba”? Apart from the clear references and the incredible instrumentals, how did the track come together? — And for those who might not pick up on it, what’s the deeper message within the track?
Heath:
The initial idea of the track was the write a song in the style of Japanese artists like Cidergirl, KANA-BOON, and DECO*27, and it was because of that that the idea to base it on an anime lyrically (in this case, Yu-Gi-Oh!) came about.
The larger message of the track is about aiming to become the best in your field, and reflecting on the mistakes made on the path to your goals.

6. “Shortsighted” was your first single you guys released, is there anything you learnt from that first release that you applied to the other singles or the EP as a whole?
Heath:
It’s honestly hard to say, since so much of the release behind “Shortsighted” was affected by the pandemic and lockdown. Even attempting to compare its release to the other singles and EP is difficult given the completely different contexts in which they were released.

7. Do you have a favorite song in the EP? What about it makes it your favorite?
Gabs:
Mine is “Halfway Happy”, I think, because the lyrics are just too damn relatable to my own life. There’s something so emotional about it that playing it gets me super hyped.
Heath: “Charade” and “Kaiba” are my favourites, simply because they’re the most exciting and energetic.
James: My favourite constantly changes depending on my mood but I think it would be “Halfway Happy”. It’s the most personal, authentic and relatable track on the EP.

1. Has there been anything surprising about how the band and the EP have been received? What songs have had the best live reaction?
Gabs: “
Kaiba” has been received very well by Yu-Gi-Oh! nerds around the world, I love to see it.
Heath: I’ve been surprised by how well the EP, and specifically “Kaiba”, has been received overseas, garnering more popularity on Spotify in the US than here in Australia (have to give some credit to TikTok here I think).
Josh:Kaiba” has definitely blown up more than expected. I never would have imagined Heath being a weeb being our best promotional tool.
James:Kaiba” becoming our most streamed song was definitely a nice surprise, but I’m glad it’s getting the love it deserves.

2. If the world ended tomorrow, what are your 4 best memories with the band? What are the 4 things you are most grateful for with the band?
Gabs:
Probably the best memory was the band giving me the opportunity to perform, so our first performance together at Burdekin.
Heath: Writing, recording, performing and releasing these songs we’ve all worked so hard on.
Josh: Getting COVID on Christmas from our first show.
Zac: Definitely playing the Columbus show, we all had so much fun with it.
James: The things I’m most grateful for are getting to write, record, and play with such amazing musicians and friends.

3. Do you guys have any exciting surprises coming up? (Merch, shows, events, etc.)
Heath:
Well if we told you that, it would no longer be a surprise ;)

A massive thank you to Bellwether for talking through a bit of the band’s story and giving me an in depth look at their debut EP for its one month anniversary. You can find Impermanence over on Spotify, Apple Music, Amazon Music, and beyond. If you haven’t checked out Bellwether, the band are so exciting and I have a feeling they have so many cool things up their sleeves that you should be hyped for. As always, thank you so much for reading and supporting all the wonderful bands and creatives I get to work with and whose stories I have the pleasure of sharing!

Catch the band live opening for RedHook and The Dead Love with Capitol Affair on the “Bring Ya Mates Tour” in Sydney’s Oxford Art Factory on Thursday, May 12th. Tickets here!

Stay on top of all things Bellwether on:
Tik Tok
Instagram
Twitter
Facebook
Youtube
Spotify
Apple Music
Amazon Music
Triple J Unearthed

REMINDER THAT I’LL BE TAKING A BREAK FOR A COUPLE OF MONTHS STARTING MID MAY-ISH :)

Instagram、Facebook、Twitterでさらに多くのWebspinnerを入手し、 Spotify(まだ進行中ですがそこに到達しています!)とSpotifyプレイリストをチェックしてください。質問、リクエスト、アイデアがある場合、またはWebspinnerを使用したい場合は、[email protected]から連絡してください。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved