いかだを作る

Jan 29 2008
いかだを作るには、耐航性を持たせたいのであれば、たくさんの木やブドウの木が必要です。いかだを作るために必要な手順について学びます。

あなたが十分な島の生活をしていて、救助のために浮かぶことを試みるのに十分な勇気を感じるならば、あなたはいかだを必要とするでしょう。ただし、最初に知っておくべきことは、これは非常に危険な動きであり、激しい暴風雨に長時間耐えることができるいかだを作る可能性はあまり高くないということです。それに加えて、信号の火がなく、限られた量の食料しかありません-あなたはあなたが島に戻ったことを望むかもしれません。

いかだを作るには、ラッシング用にたくさんの木とつるが必要です。槍と同様に、竹はいかだに使用するのに最適なものです。竹の中空の稈、または茎は空気で満たされ、非常に浮力があります。大きな竹の植物はその強さのために伐採することは事実上不可能です、それであなたの最善の策はそれが落ちるまでその根元でそれを燃やすことです。下の稈に穴を開けて空気を放出し、爆発を防ぎます。

建設を始める前に、2本の大きな竹の木を約8フィート離れた地面に置きます。これらの上にいかだを作り、水に滑り込ませるのを助けます-それは非常に重くなります。また、簡単に水に入ることができるように水に十分に近づけて構築する必要がありますが、満潮時に浮き上がる危険性があるほど近づけないでください。

­

いかだの構造は非常に簡単ですが、時間がかかります-あなたがたくさん持っているものです。最初にフレームを作成します。

  • 4つの大きな竹片を手に入れます。1つのセットの長さは約8フィート、他のセットの長さは12フィートである必要があります。
  • 長い部分を下に置き、次に短い部分を上に置いて正方形を形成します。
  • 長いピースは両側から4フィート伸び、安定化ポンツーンとして機能します。
  • ロープやつるでしっかりとすべてを一緒にラッシュします。

­

フレームができたので、床を作り始め、ポンツーンを完成させます。

  • フレームが完全に覆われるまで、小さな竹片をフレームの上に並べて固定します。
  • 長さにまたがって、ポンツーンの遠い端にさらに4つの竹のセクションを結びます。

今やるべき最も重要なことは、いかだをテストすることです-それを水中に入れて、乗ってください。いかだが耐航性があることに疑問がある場合は、使用しないでください。島で立ち往生することは、いかだがサメが出没する海の岸から1マイル沈むよりもはるかに優れた選択肢です。

サバイバルスキルと難破船の詳細については、以下のリンクを調べてください。

関連記事

  • クルーズ船のしくみ
  • 米国沿岸警備隊のしくみ
  • 悲惨なサバイバルストーリー
  • 海で撮影:11の現実の難破船
  • スキューバダイビング器材が故障した場合はどうなりますか?

その他のすばらしいリンク

  • サバイバーマン
  • ベアグリルス
  • ナショナル・ジオグラフィック

ソース

  • アラン、ヴィッキー。「オープンウォーター」。サンデーヘラルド、2005年8月7日。http://findarticles.com/p/articles/mi_qn4156/ is_20050807 / ai_n14858460 / pg_1
  • 「食用動物」wilderness-survival.net、2008年。http://www.wilderness-survival.net/food-1.php#fig8_2
  • 「熱射病:応急処置。」mayoclinic.com、2008年。http://www.mayoclinic.com/health/first-aid-heatstroke/FA00019
  • Man vs. Wild、「デザートアイランド」。ディスカバリーチャンネル、2007年。
  • ノーザンマリタイムリサーチ、2008年。http://www.northernmaritimeresearch.com/
  • ピーク、ジョン。「難破!」BBCラジオ、2008年1月15日。http://www.bbc.co.uk/radio4/hometruths/shipwreck.shtml
  • サバイバーマン、「ロストアットシー」。ディスカバリーチャンネル、2007年。

­

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved