ハンター・ヘイズの「クレイジーが欲しい」が彼の最も人気のある曲ではないかもしれない理由

Apr 21 2022
「IWantCrazy」は、Spotifyのストリーミング数で「IWant Crazy」を上回っていても、ファンに人気のハンター・ヘイズの曲です。

ハンター・ヘイズは、「Everybody's Got Somebody But Me」、「One Good Reason」、そしてもちろん「IWantCrazy」などの曲で知られています。この明るいカントリーソングは、いくつかの賞と表彰を獲得しました。 

しかし、ヘイズには「IWantCrazy」のストリーミング数を超える別の曲があります。それが2011年のリリース「Wanted」です。

カントリーシンガーによると、ハンター・ヘイズのチャートトップの曲「I Want Crazy」は、「本当に自然なこと」についてです。

シンガーソングライターのハンター・ヘイズが、アルツハイマー協会に恩恵をもたらすナッシュビルのディスコパーティーのステージで演奏します。テリーワイアット/アルツハイマー協会のゲッティイメージズ

彼は「良い」ことを望んでおらず、「十分に良い」ことも望んでいません。ソングライター兼シンガーソングライターのヘイズは、クレイジーな関係を望んでいます。このカントリースターは2011年に「IWantCrazy」をリリースし、Hunter Hayes(Encore)に追加しました。

「ライフスタイルを調整して、それを和らげる方法や、これらすべてのものを組み込む方法を理解する必要がある場合、それはあなたが本当にこの人を気遣い、彼らと一緒にいたいということを意味します」とヘイズはラジオとのインタビューで言った.com、CBSによると。「それは本当に自然なことです。その時点で調整する必要があるのが大好きです。それがどれほど現実的かです。」

2022年4月の時点で、「I Want Crazy」は、Spotifyでヘイズの最も人気のある曲の1つです。このトラックには、音楽プラットフォームで1億3500万回以上再生されています。しかし、心を奪い続けるカントリースターの別の曲があります。

HunterHayesの「Wanted」には2億3500万回以上のSpotifyプレイがあります

ヘイズの最も人気のある曲になると、「Wanted」がケーキを取ります。2013年、ボーカリストはグラミー賞の最優秀新人アーティスト賞と最優秀カントリーアルバム賞にノミネートされました。彼はまた、「ウォンテッド」で最優秀カントリーソロパフォーマンスを獲得しました。 

2011年リリースのHunterHayes(Encore)に含まれている「Wanted」は、歌手の視点から語られたラブレターです。誰かが欲しがっていると感じさせることについての歌詞で、歌はその最良の部分で関係を参照します。 

Spotifyでのデビュー以来、この曲は2億3500万回以上再生され、ミュージックビデオは数百万回のYouTube視聴回数を記録しています。ヘイズがオリジナルのフリーフォームシリーズディズニーのおとぎ話の結婚式に驚きの出演をしたとき、彼は新婚夫婦のために「募集」を行いました。 

ハンターヘイズには新しい音楽がありますか?「ウォンテッド」歌手は2021年に「ワイルドブルー(コンプリート)」をデビューさせました

チャートトップのオリジナル曲と完売したライブパフォーマンスにもかかわらず、ヘイズは21プロジェクトに続いてスポットライトから一歩後退しました。2019年、彼はワイルドブルー、パート1で音楽の世界に戻り、「One Shot」、「Dear God」、「OneGoodReason」の曲を完成させました。

ヘイズは2021年にワイルドブルー(コンプリート)を含む音楽をリリースしています。アーティストは今後のライブパフォーマンスを行いませんが、商品は彼のWebサイトで購入できます。彼はまた、ソーシャルメディアでファンを更新し、仮想パフォーマンスとAMPラジオでの彼のショーに関する詳細を共有しています。

Hayesの音楽は、SpotifyやAppleMusicなどのほとんどの主要なストリーミングプラットフォームで利用できます。

関連:学士国家は、ハンター・ヘイズがビクトリアFに「クレイジーになりたい」と歌っていると考えています。

© Copyright 2021 - 2023 | hachiwiki.com | All Rights Reserved