フォルクスワーゲンは、アウディが他のチートに加えてチートエミッションであったことを認めています、申し訳ありません

Dec 19 2020
画像クレジット:Scott Olson / GettyImages排出基準と規制が全面的に厳しくなっているのは事実です。準拠するには、広範な調査とテストが必要です。
画像クレジット:スコットオルソン/ゲッティイメージズ

排出ガス基準と規制が全面的に厳しくなっているのは事実です。準拠するには、広範な調査とテストが必要です。自動車メーカーがすべきではないことは、特に現在起こっている他の不快感のために、アウディが行った ように排出ガス試験のためにハンドルチートを実装することです。

カリフォルニア大気資源局は今月初めにアウディの不正行為を把握し、フォルクスワーゲンは週末にそれを確認した、とロイターは報告している物語から:

アウディのチートが機能した方法は、始動時に、トランスミッションが「低CO2プログラム」に従事し、排出ガスとエンジン回転数を低く保つようにギアをシフトするというものでした。

ステアリングホイールを15度以上回すと、設定が解除され、車はより汚染された方法に戻ります。アウディは、排出ガス試験の下では、誰もホイールを15度以上回転させないだろうと考えていたと思われます。

連邦政府は現在、これがガソリン車のディフィートデバイスとしてカウントされるかどうかを判断しようとしています。現在、ステアリングチートをめぐってアウディに対して2件の集団訴訟 提起されています。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved