フードノスタルジア-パート2

May 08 2022
これは1997年12月でした。ボンベイが「ムンバイ」になってから2年が経ち、ほとんどの人は今でも愛する街の新しい名前に慣れていました。

これは1997年12月でした。ボンベイが「ムンバイ」になってから2年が経ち、ほとんどの人は今でも愛する街の新しい名前に慣れていました。私は大学2年生でした。オベロイホテルでの6か月のインターンシップは、2か月前に開始され、月額1200ルピー(当時は約25ドル)で高額の給付金を支払っていました。

毎日、片道1時間半の通勤がありました。まず、自宅からシオン駅まで徒歩15分。VT(わずか1年前にCSTに名前が変更されました)をローカルにします。VT駅の外では、バス停でナリマンポイント行きのバスを待つか、急いでいるときはチャーチゲートまたはチョウパティ行きのバスに乗ります。チャーチゲート駅の近くで下車し、ホテルまで徒歩15分。

その最後のストレッチは2つの部分に分割されました。ファンシーデパート、ゲイロードレストラン、Kラストムアイスクリームパーラーから始まり、その後、道路は左に曲がってマリンドライブに向かいました。アラビア海が真正面にあり、ジャズバイザベイピッツェリアが左側にあります。それは魅惑的な経験であり、この趣のある恐ろしい場所をこすり落としました。「実際にゲストとして入って、音楽と景色を楽しむのはどうですか?」通り過ぎるたびに疑問に思いました。
2か月目が終わり、経理部から現金を集める時が来ました。前月の給料日は、私たちの多くにとって初めての収入だったので、少し感動的でした。家に帰ってお母さんに渡したのを覚えています。でも今回は違いました。今回は自分でその一部を使うのは悪いことではありませんでした。私には、町の外からの仲間のインターンであった真新しい友人がいました。私たちは二人とも、別々の電車を家に持ち帰る前に夕食に出かけることにしました。

チャーチゲート駅に向かって歩き始めました。曲がり角にたどり着くと、ここは「ジャズ・バイ・ザ・ベイ」で、海に沈む夕日を背景に、すべてが華やかでゴージャスに見えました。私の表現はそれをすべて言っていただろう。「ここで食べたい?」彼は少し慎重に尋ねた。少し躊躇して、「そうだね、やってみよう」と言った。彼は私に緊張した笑顔をくれた。その時、私は彼がそれを彼の御馳走にしたいと思ったことに気づきました。「または、箸に行くこともできます」と私はすぐに付け加えました。
「いや、いや、ここに行こう。彼の口調は突然自信を持ったが、それでも緊張を感じることができた。私たち二人は、それが高価な場所であることを知っていたが、それがどれほど高価であったかを正確には知らずに、その場所に入った。

その場所は空でした。結局のところ、彼らはまだ夕食のために開いていませんでした。サーバーは私たちがまだ来ることができると私たちに言いましたが、メニューから選択するオプションは非常に限られています。音楽は始まっていなかったし、私が想像していたほどそこにいるのはエキサイティングではなかった。そんな中、友達がメニューカードを手に取って、顔の色が薄くなっていた。数分間、私たちは不快にそこに座って、お互いが何かを言うのを待っていました。それからほぼ同時にテーブルから起き上がり、「中国料理を食べに行きましょう。後でここに戻ってきます」

レストランの外では、潮風と通りの喧騒がこれまでにないほど心地よく感じられました。プレッシャーがかかる中、私たちは冗談を言ったり大声で笑ったりしていました。私たちもこれまで試したことのない中国の場所は、歩いてすぐのところにありました。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved