デザインマネージャーとしての生活。

May 08 2022
数年前、私は個人の寄稿者デザイナーとしてのキャリアからデザインマネージャーの役​​割への最初の一歩を踏み出しました。段階的には、興奮と波の素晴らしいミックスに満ちた未知への大きな飛躍のように感じたと言えます。インポスター症候群。おなじみですか?デザインの世界で可能なことに夢中になっているので、私たちはデザインに入ります。

数年前、私は個人の寄稿者デザイナーとしてのキャリアからデザインマネージャーの役​​割への最初の一歩を踏み出しました。段階的には、興奮と波の素晴らしいミックスに満ちた未知への大きな飛躍のように感じたと言えます。インポスター症候群。

おなじみですか?

デザインの世界で可能なことに夢中になっているので、私たちはデザインに入ります。デザイナーとしての10年間の研ぎ澄まされてきた私は、経営に踏み込んだときに自分のスキルが転用できるのではないかと考えました。マネージャーのポジションにシフトするデザイナーが、通常のデザインアクティビティの技術から、戦略、ビジネス目標、新しい利害関係者との協力、チームの成長やスキル開発に焦点を当てる分野に移行することは、確かな真実です。

あなたは突然、あなたが働いているビジネスのより広い視野を持っていることに気づきますが、詳細の制御は少なくなります。

それは初期性を不快に感じますが、あなたがあなたに投げかけられた変化をナビゲートするにつれて、そしてあなたの経験が私のものと似ているなら、それはより自然になります—あなたはデザインの技術と同じくらいあなたがすることを愛することになります。

私がデザイナーとして働いていたとき、私はこれらの3つのテーマに焦点を合わせているのを見ました。

  • 詳細—製品またはエクスペリエンスでユーザーに違いをもたらすために実装に重点を置いているもの。これらは、既存の障壁や複雑さを取り除くことにより、ユーザーがタスクを完了するための明確さを提供する要素です。
  • 出力—ワークショップ内で作成したもの、Figma(または他の何か)内のビジュアルデザイン、プロトタイプ、またはエンドユーザーとの調査ディスカッション。これらのアウトプットは、アイデアを発見し、設計して納品し、他の人が製品のビジョンを理解できるようにするための資産です。
  • あなた—あなたのスキルの成長、選択したツールの使用、そしてあなたの技術の知識。すべての優れた設計者は、成長し、学び、新しいツールや作業方法に不快感を覚えるために、時間の一部に集中する必要があります。

私が読んだり、他のデザインリーダーと話したりして見つけたのは、共通のテーマもあなたの焦点であるべきです。一般的に議論されるのは次のとおりです。

  • 目的—チームは、何をする必要があるのか​​、何をしてはいけないのかについて方向性を示す必要があります。チームの目的を定義することは、ユーザーの詳細」を処理するのと同じです。チームメンバーが集中し続けるための明確さを提供しています。それが戦略の共同作成、設計原則の確立、またはチームのストーリーの共有に取り組んでいるかどうかにかかわらず、これらは、チームのサポートで目的を確立するためにリーダーとして焦点を当てる必要がある詳細です。
  • プロセス—チームがどのように連携するかだけでなく、より広いビジネスとどのように連携するかを明確に定義します。これは「バリューストリーム」と呼ばれることが多く、「開始から終了」までのすべてのステップです。個々の寄稿者としての上記の「出力に似ていますが、ここでは、DesignOpsなどのフレームワークに焦点を当てています。これはすべて、チームがどのように機能しているかを理解し、標準の設計方法論とガバナンスプロセスを構築するのに役立ちます。基本的に、チームメンバーが作成する出力を生成および共有するのに役立つすべてのもの。
  • 人々—あなたの焦点があなたである上記のように、これは明らかにそれがより大きな何かに進化し、あなたの焦点があなたのチームメンバーにもっと集中する場所です。コアコンセプトは同じですが、チームをサポートし、チーム間の関係に取り組み、成長の考え方を確立し、安全なコラボレーション環境を促進し、必要なスキル/人材を採用します。

確かに、成長して学ぶ必要のある分野はまだたくさんありますが、そこから構築を開始するためのコア基盤があります。

まとめると、個々の寄稿者デザイナーとデザインマネージャーの目的は驚くほど似ていますが、デザインマネージャーがチームを設計し、デザイナーが製品を設計します。

最初の大きな飛躍が、デザインマネージャーとして成功するキャリアの方向性への快適な長い歩みのように感じられることを願っています。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved