だから、私の父は今鉛筆会社を所有しています

Jul 25 2022
これは、毎日目にすることのないタイトルです。
ほとんどの人は、彼らが焦点を合わせているある種の趣味や興味を持っています。私たちは皆、私たちが人生から抜け出すのを助ける何かを必要としています、そしてあなたのFacebookフィードをスクロールすることはあなたにとても多くの満足を与えるだけです。

ほとんどの人は、彼らが焦点を合わせているある種の趣味や興味を持っています。私たちは皆、私たちが人生から抜け出すのを助ける何かを必要としています、そしてあなたのFacebookフィードをスクロールすることはあなたにとても多くの満足を与えるだけです。スポーツに参加したり、工芸品を手に取ったり、特定のもののコレクターや研究者になったりする人もいます。私にとって、それは漫画本と、ページと舞台裏で起こる奇抜なシェナニガンです。私の父に関しては、彼は過去20年間、アンティークのペンと鉛筆の収集と目録作成に費やしてきました。

はい、ペンと鉛筆。

万年筆や古いシャープペンシルを愛する人々の大規模なコミュニティがあることがわかりました。彼らは、筆記用具について知っておくべきことすべてを収集、作成、調査します。そして、鉛筆作りの長い歴史の中に、情報とドラマの深いうさぎの穴があると私が言うとき、私を信じてください。非常に複雑なので、Mediumのすっきりとした小さな段落にすべてを要約することはできません。

これは彼のコレクションの古い写真です。それ以来、ずっと大きくなっています。

私の父、ジョナサン・ヴェリーは「リードヘッド」コミュニティの主要人物です。彼はこのトピックについて数冊の本を書き、10年以上ブログを維持しています。彼は文字通り、床から天井までの範囲よりも、ペンと鉛筆のコレクションでいっぱいの部屋全体を持っています(これは冗談ではありません)。実際、彼は非常によく知られているので、4月のある日、鉛筆メーカーのAutopointのすべての機器をレンタルスペースに残しておくことに興味があるかどうか尋ねられました。

説明させてください。

Autopoint鉛筆会社は、20世紀のほとんどの間、シャープペンシルの世界で主要なプレーヤーであり、今日でも多くのファンがいます。今年の時点でもう存在しないので、私は「だった」と言います。私が父に何が起こったのか尋ねたとき、彼は会社が単に適応できなかったと説明しました。ウィスコンシン州ジェームスタウンに引っ越してからも、基本的には50年代のように運営されていましたが、70年代からずっと悩んでいました。彼らは同じ古い機器を使い続け、同じ古いビジネスモデルを使用しました。

これは、生き残るためには現代に適応する必要があると彼らに言い続けた私の父を含む多くのファンを苛立たせました。しかし、上層部はほとんどすべての批判をシャットアウトし、燃えている家でコーヒーをすすりながら犬のミームのように前進し続けました。私の父が会社に関する彼の本のためにオートポイントに連絡しようとしたとき、彼らがどのようにやっているのか、そして彼らの将来の計画についての声明を得るために、彼はラジオの沈黙を得ました。結局、私の父はあきらめて、彼の本の第11章に「UnlikelySurvival」というタイトルを付けました。彼は、会社が今日まで成功したことを褒め言葉として意味しましたが、意図しない二重の意味は正確でした。ええ、オートポイント以外の誰もが壁に書かれているのを見ました。

話に戻りましょう。

この物語全体は、オートポイントが所有権を変更した2013年頃、父が彼らにインタビューしようとしていた時期に始まりました。彼らはまだ、他の会社の名前でブランド化された、主に景品の宣伝や卸売りのために、1ポップあたり約3〜6ドルで鉛筆を販売していました。私の父が言ったように、「彼らは安すぎて安くはなかったし、安すぎて良かった」。舞台裏で何が起こっているのかはあまり知られていませんが、漏れた噂は良くありませんでした。

オートポイント鉛筆の製造に使用される機械の1つ。

約2年前、彼らは鉛筆を製造していたスペースに家賃を払わないという素晴らしい決断をしました。いいえ、理由はわかりません。結局、彼らの家主は彼らにうんざりして、今年の4月まですべてを移動するために彼らに与えました、さもなければ彼らの機器は売り切れました。4月が来て、Autopointは、電話を無視し、すべてが順調であるふりをするという彼らの勝利したカスタマーサービス戦術を利用しました。なんで?今でも困惑しています。

残された材料。

家主は、すべてを徹底的にこなし、すべてを購入することに興味がある人を見つけるために自分たちでそれを引き受けました。そして、あなたはそれを知らないでしょう、彼らはオートポイント会社についての本全体を書いたオハイオからの鉛筆コミュニティの著名なメンバーを見つけました。彼らは私の父に電話をかけ、基本的に「ねえ、あなたはこれらの人たちが残したこれらすべてのものが欲しいですか?」と言いました。

そして、それが私たちがここにたどり着いた方法です。

まだ作業されていないさまざまなモデル。

ウィスコンシンへの長い旅は数回かかりましたが、私の父はどういうわけか、材料、機械、文書の最後のすべてを持ってくることができました。彼が得たものの量と価値を考えると、私は真剣に唖然とします。彼は彼らが50歳のように見える彼らの機械、ちょうど組み立てる必要のある鉛筆の断片、そして再び良くなるためにほんの少しのバフ研磨を必要とするすべての拒否さえも手に入れました。Autopointがすべてのものを保管施設に移動することすらしなかった理由は私を超えています。まあ、彼らの喪失。

過去数週間、私の父はAutopointが彼らがしたことをどのように行ったかを理解し、それをより良くするために一生懸命働いてきました。彼はレーザー彫刻機を使用して鉛筆の本体にさまざまなものをエッチングし、次に手動プレスを使用してクリップを取り付け、消しゴム(意図的に取り付けるのが難しい)でそれを締めくくっています。彼が顧客に提供している多種多様な異なるパターンに加えて、彼はリクエストに応じてカスタムオーダーを行うこともできます。そして、プロセスに協力しないいくつかの色と時折鉛筆が燃えることを除いて、物事は順調に進んでいます。

彼の新しいビジネスに名前を付けることになると、私の父はそれを彼がしばらく前に購入した鉛筆のリード会社と合併することに決めました。(はい、彼にもリード会社があります。私は質問をやめました。あなたもそうすべきです。)元々は「レジェンダリーリードカンパニー」と呼ばれていたので、以前は知られていたオートポイント会社の新しい名前は現在*ドラムロールしてください*レジェンダリーペンシルです。会社!

彼も私も、まだ誰もそれを思い付いていないことに驚いています。

私はついに昨日の父の新しいワークショップを見ることができました。そこで彼は私にプロセスを見せてくれ、彼の製品のいくつかをテストすることを許可してくれました。鉛筆はスムーズに書くことができ、彼が思いついたパターンが大好きです。私はかつてギリシャ神話のオタクであり、ケルト族の結び目はかっこいいといつも思っていたので、私のお気に入りはケルト人とポンペイ人のネクタイです。彼はボールペンの彫刻にも取り組んでおり、いくつかのプロトタイプを見た後、私は彼にそうするように促しました。黒のボールペンの街並みの模様は、「ボスマン」の雰囲気を漂わせています。持っているだけでパワフルになりました。彼はまた、より小さな手を持つ人のためにスリムなモデルを持っていますが、彼はまだそのサイズの消しゴムのサプライヤーを見つけようとしています。助けてくれる人を知っている人がいたら、私の父か私を殴ってください。

成功への道の多くの教訓の1つ。

すべてがエキサイティングだったのと同じように、私はこの冒険全体の中で最も難しい部分が何であったかを父に尋ねなければなりませんでした。困惑したため息をついた後、彼はブランドを再発明しようとすることは挑戦であると説明しました。オートポイントはそれ自体に最も大きなダメージを与え、みんなの口に酸っぱい味を残しました。そのため、彼は新しいブランド名とバレルの装飾に新しいプロセスを使用しており、楽観的です。結局のところ、彼は何年も前から存在しているコミュニティの信頼できるメンバーです。仲間のコレクターは、大会で彼らの発見を守ることで彼を信頼しています。彼らは彼が彼の言葉の男であることを知っているので、すべてがうまくいく可能性が高いです。

私が観察し、自分でワークショップを訪れたことから、父が作っている鉛筆は誰にとっても素晴らしい贈り物であると言えます。私は鉛筆愛好家とこの新しい会社の背後にある歴史について話してきましたが、私の父が作っている鉛筆は彼のファンと彼らがかつて知っていたオートポイントの懐かしさを追いかけている人々のためだけではないことを保証します。これらは、愛好家、数独やクロスワードパズルのファン、またはレトロなものすべてのファンに最適な無地の鉛筆(そして間もなくペンになります)です。私は父がすべてを自分でやっているので、すべての鉛筆が私の父によって注意深く作られていることを証明することができます。それに、ここアメリカで作られた鉛筆です!

彼の2番目の家で幸せな趣味の人の写真。

自分で鉛筆を購入したい場合は、www.legendarypencilcompany.comにアクセスしてください。

(私の父は、次の画像がペンと鉛筆のコミュニティの内輪ネタであることを皆さんに知ってもらいたいと思っています。これらは蔑称的なものではありません。)

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved