第三の波—サービスデザイン?

May 10 2022
多くの場合、企業が組織内の製品やサービスの問題について創造的で革新的なソリューションや単に異なるビジョンを必要とするとき、問題の解決を支援しようとするコミュニケーションエージェンシーやコンサルタントを巻き込むのが一般的でしたが、常にブリーフィングなどでより正確な方法で、プロジェクトのビジョンは配信で終了し、そこで継続的に進化する製品としてではありません。デジタル製品の進化、特にブラジルでの専門的なプロセスの参入により、UX、ヒューマンセントリック、デザインシンキング、アジャイルベースファッションが登場しました。

多くの場合、企業が組織内の製品やサービスの問題について創造的で革新的なソリューションや単に異なるビジョンを必要とするとき、問題の解決を支援しようとするコミュニケーションエージェンシーやコンサルタントを巻き込むのが一般的でしたが、常にブリーフィングなどでより正確な方法で、プロジェクトのビジョンは配信で終了し、そこで継続的に進化する製品としてではありません。

デジタル製品の進化、特にブラジルでの専門的なプロセスの参入により、UX、ヒューマンセントリック、デザインシンキング、アジャイルベースファッションが登場しました。

私たちはプロジェクト、スクラムVSカンバンVS、アジャイルプロセスとの物議を醸す戦いを経験しました。

「チームごとに2つのピザ」から「1週間のスプリント」まで、世界は今やより多くのデータ駆動型であり、ほとんどがリッスンしています。ユーザーの声に耳を傾け、顧客の声に耳を傾け、このようにNSS、そのようにNPS、四半期ごとのOKRとKRですが、私の注意を引くのは、UXリサーチに対するこの巨大で絶叫する需要です。

ちなみに、先日、ジェイソン・ビュールが大企業の「ランキング」と各企業のポジション数を掲載した非常にクールな投稿を公開しました。

UXとUIの専門家を探す際に「第1の波があった場合」、そしてUXリサーチの専門家に焦点を当てた「第2の波の全盛期」にいる場合、そしてこの企業の執着により、顧客満足度指数を知ることができます。驚くべきことですが、その従業員、そしてもちろん、利害関係者、Cレベル、株主などにも同様です。それで。マップされたすべてのエクスペリエンスを企業が提供するのを誰が支援しますか?エリア、ニーズ、プロセス、システム、特に人々を結び付けて、この配信を確実にしますか?

サービスデザインが何であるかをまだ知らない人のためにこのダイナミックがどのように機能するかをまだ主張している、私はNNGroupからのサラギボンズの定義が本当に好きです、彼女はUXとSDが同じコインの両面であると彼女の言葉で言います:

では、 Products Guruのディスカッショントピックが言うように、サービスデザインは、デジタルトランスフォーメーションにおける企業からのこの需要の第3の波になるのでしょうか。

もちろん、すべての分野と職業も絶えず変化し、進化していますが、この規模の動きが始まるまで、それらはそのままである必要があります。

コメントあなたはどう思いますか?

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved