COVIDワクチン接種は、2021年に約234,000人のアメリカ人の命を救った可能性があります

Apr 22 2022
新しい報告によると、2021年6月以降にウイルスで死亡した約234,000人のアメリカ人は、ワクチン接種を受けていれば救われたはずです。

米国疾病対策センターからの新しい報告によると、 COVID-19は、2021年も米国で最も致命的な病気の1つであり、2020年と同様に、ウイルスは3番目に多い死因でした。しかし、それはCOVID-19ワクチンのおかげである必要はなく、別の新しい報告では、2021年6月以降にウイルスで死亡した約234,000人のアメリカ人がワクチン接種を受けていれば救われたと推定しています。

木曜日に、カイザーファミリー財団は、ワクチンが広く利用可能であり、すべてのアメリカ人が完全にワクチン接種されていた可能性がある2021年6月から2022年3月までの成人COVID-19死亡数を調べた新しい分析を発表しました。ワクチン接種を受けた人々に発生した死亡と他のリスク要因を考慮して、非営利団体は、その期間中に死亡した約234,000人のアメリカ人がワクチン接種を受けていれば生きていたと推定しました。

「ワクチンが昨年夏に広く利用可能になって以来、米国では合計389,000人の成人がCOVID-19で死亡し、そのうちの6人(約234,000人)が適時のワクチン接種によって予防できた可能性があります」と研究者らは述べた。「この分析は、COVID-19に対してワクチン接種されブースターされた人々の数を増やすための継続的な努力の重要性を強調しています。」

CDCのデータによると、4月21日の時点で、アメリカ人の66%だけが完全にワクチン接種されています。

そして金曜日に、CDCは米国の主要な死因に関する年次報告書を発表しました。2021年に、COVID-19が心臓病と癌に次ぐ3番目の主要な死因であることがわかりました。2021年には415,000人以上がCOVID-19で亡くなり、約693,000人が心臓病で、605,000人が癌で亡くなりました。

COVID-19による死亡率も、2020年から2021年の間に20%近く増加し、さらに60,000人のアメリカ人がウイルスで死亡しています。

関連ビデオ:ここにCOVID-19ワクチンについてのいくつかの神話を破る事実があります

過去2年間のインフルエンザの発生率は低く、インフルエンザはもはや死亡原因のトップ10には含まれていませんでした。自殺はそれに取って代わり、2021年に10番目に多い死因でした。

COVID-19による死亡数が最も多かったのは黒人、アメリカインディアン、アラスカ先住民でしたが、2020年から2021年の間にCOVID-19による人種格差は減少しました。黒人による死亡はCOVID-19による死亡の13%を占め、16%から減少しました。 2020年には、白人アメリカ人の死亡者数は2021年に約60%から65%になりました。

「2021年は2003年以来最も高い死亡率を示し、COVID-19や意図しない傷害を含む多くの主要な死因が増加した」とCDCは述べた。「…私​​たちは、過剰なCOVID-19による死亡を防ぐことができる効果的な介入の必要性に比例して、すべてのコミュニティで平等な治療を確実にするために努力しなければなりません。」

コロナウイルスのパンデミック に関する情報が急速に変化する中、PEOPLEは私たちの報道で最新のデータを提供することを約束します。このストーリーの情報の一部は、公開後に変更された可能性があります。COVID-19の最新情報については、CDCWHO、および地域の公衆衛生部門からのオンラインリソースを使用することをお勧めします。  

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved