ベンタナ荒野での1週間

May 09 2022
カリフォルニア州ビッグサーのすぐ東にあるベンタナウィルダネスで、80年代初頭の10代の頃からこの魔法の場所でハイキングや探索を続けてきたウォードと一緒に、1週間バックパッキングをしたという、信じられないほどの経験から降りてきました。より良いガイドと仲間を求めてください。すべての画像©ScotHacker、2022。

カリフォルニア州ビッグサーのすぐ東にあるベンタナウィルダネスで、80年代初頭の10代の頃からこの魔法の場所でハイキングや探索を続けてきたウォードと一緒に、1週間バックパッキングをしたという、信じられないほどの経験から降りてきました。より良いガイドと仲間を求めてください。

すべての画像©ScotHacker、2022.許可なく画像をコピー、配布、または複製しないでください。

私たちが与えられた時間

荷物を積んだバックパックとたくさんの重いカメラギアを使って、5日間で約40マイル(および垂直方向に2マイル)を歩き回り、歩き回り、うめき声​​を上げ、歩き回りました。2〜4日目は、他の人間や文明の痕跡は見られませんでした。これが、たとえば5回連続の日帰りハイキングとどれほど違うかを説明するのは難しいです。社会や文明の外で、この孤独の体験に没頭するには時間がかかります。日帰りハイキングでは、同じ時代を超越した感覚は得られません。

その週に撮影した画像を約200枚保存し、そのうちのいくつかをここに含めました。興味があれば、Lightroomのフルアルバムを利用できます(Adobeログインを持っている場合はコメントを許可します)。また、 Flickrアルバムは、私が少しずつ取り出していくにつれてゆっくりと表示されます。

ベンタナトレイルに沿ってこの小さな円形の虹に出くわしたことに驚いていました。ウォードは後でそれがブロッケンスペクターであったかもしれないかどうか尋ねました、そして私はそれを調べました—確かにそれはそうであったかもしれません!Wiki:「ブロッケンの幽霊(ドイツ語:Brockengespenst)は、ブロッケンの弓、山の幽霊、またはブロッケンの幽霊とも呼ばれ、太陽の方向と反対の雲に投げかけられる観察者の拡大された(そして明らかに巨大な)影です。人物の頭は、多くの場合、栄光を形成する色付きの光のハローのようなリングに囲まれています。これは、雲の中の均一なサイズの水滴が屈折して太陽光を後方散乱させると、太陽の方向と反対に見えます。」

私たちの旅行の直前に完璧なタイミングで公開された彼の素晴らしいレビュー、 VentanaDoubleConeを提供してくれたDavidYocomに感謝します。

真の荒野
州立公園や国立公園とは異なり、真の荒野には道路がありません。料金も、インフォメーションステーションも、バスルームも、ガイド付きツアーも、雑貨店も、郵便局も、軽食も、道路もありません…それはただ…ワイルドです。最小限のインフラストラクチャが少しあります—いくつかの(非常に少数の)認可されたキャンプ場といくつかの風化したトレイルサイン、そしてそれはそれについてです。これはまた、車でのキャンプがないことを意味します—バックパッカーと数人のトレイルランナーだけです。2、3、4日目、私たちは別の魂を見ませんでした。また、ゴミや、数マイル離れたところにハミング文明があったことを示唆するものも見られませんでした(たまに飛行機雲が1万年前に後退したという幻想を打ち砕くだけです)。

火の道の頂上に近づくと、低い雲が通り抜けました。

フリーライド
「ホイスト」からベンタナへのハイキングの最初の1.5マイルは、最初の1000フィートを実際のトレイルヘッドまで上昇する、急で、血色の良い、汚れた火の道です。

地元のテオという名前の地元の人が彼のピックアップを止めて、私たちが乗り物を気にかけるかどうか尋ねたのと同じくらい早く、私たちは火の道を設定しました。あまり誇りに思っていませんが、ウォードと私はパックを持って後ろに飛び乗って、キャブの上の頭痛バーを握るように言いました。すぐに彼はトラックを止め、タクシーのドアを開け、そして彼のゴージャスなハスキー、オシリスを出しました。ウォードと私が後ろを向いて立ち上がっている間、彼が慎重に、しかし素早く、あばたのある表面を運転したとき、オシリスはトラックの前を走り、次に後ろを走りました。

テオの材木トラックの後ろに乗って、ホイストから火の道を上る

すぐに私たちは低い雲に向かいました、そして風景は変わり始めました。火の道の終わりに、テオはホビットの家の彼の個人的なネットワークへの急な私道を爆撃し、私たちをに招待しました。

テオは、ベンタナのフリンジ住人の1人であり、荒野の端に存在を切り開いた人々であり、地球の近くに住むことを試みて、夢の住居を建てる風変わりな人々です。彼は薪を売ったり、手作りの竪琴を作ったり、子供向けの本を書いたりして生計を立てていると言った。お香が空気を満たし、ヒンドゥー教と仏教のアートワークが壁に並んでいました。ベンタナでの生活、建築、犬、スキューバダイビング(!)について話し、それから私たちは出かけ、満員で心を喜ばせました。

材木トラックを持ったテオ

1日目、ホイストからパットスプリングスへ
水を見つけるのは難しいでしょう。パットスプリングスの丘の側面から突き出ている魔法のパイプは、細流になっています。

パイプがうまく流れていた昨年のパットスプリングスでの写真—前方の荒野の残りの部分へのライフライン。今年は干ばつの冬の後になってしまった小さな細流のショットを撮らなかった。

月曜日の嵐がすべての小川を埋め尽くすと思ったので、これは最初は驚くべきことでしたが、ここ山岳地帯では、表面の小川ではなく深い泉に依存しており、地下水面は数年の干ばつの後にほぼ枯渇しました。私たちはできる限りの水を運びました。パットスプリングスまたはローンパインの2つの「ピンプリック」水源のいずれかが枯渇した場合、私たちは引き返す必要がありました。

ついにトレイルで—私たちの前の長い旅。

私たちは日没のすぐ近くの最初の2日間にキャンプ場に着陸し、ジレンマを残しました。景色を撮影するか、テントを設置するか。ソフィーの選択だったので、両方を行いました(もちろん)。パットスプリングスからの眺めは比類のないものです—これはブライスキャニオンとカウアイ島のカララウとともに、地球上で私の神聖な場所の1つになりました。

太平洋の上の雲の層が下に転がり、ビッグスールを隠しています。

雲のてっぺんを見下ろすと、飛行機の窓からは珍しい景色が見えますが、プラスチックや金属は一切ありません。

パットスプリングスからの眺め、ベルトの下8マイル

2日目、パットスプリングスからベンタナダブルコーン
までパットスプリングスで目が覚めました。目の前に広がる波状の丘に驚いていました。私たちが木から吊るしたバッグに生き物が侵入したことはありませんでした。私が持っていなかったフライパンが必要だったねばねばした脱水卵を食べました。今日は私たちの最大の日でした—ほぼ9マイル、0.5マイルの上昇で、その多くが露出しました。パットスプリングスに残ったトリクルからH2Oを満たし、出発しました。

プエルトスエロ近くの「フェアリーリング」。IIがこの現象を理解しているかどうかはわかりません。リングパターンの複数の小さな茂みの残り物なのか、硬い繊維や湿った領域が燃えにくいために木の残り物なのかさえわかりません。

From Puerto Suelo, the brush got thicker. There is no forest service to keep the trails clear — volunteers do that if you’re lucky, hiking out with sheers to cut back the oak and madrone that grows into the trail and claws at your arms and legs and pack. Through areas that were green with new growth, and blackened from the Soberanes fire of 2016. Refilled our tanks from the seep at Lone Pine — if it had dried up, we would have had to turn back.

At times, the brush was so thick we had to crawl on hands and knees, but still so grateful for the last volunteer who had cut things back.

Yucca dotted the landscape. A burnt trunk left behind a spiked crown. At one point, physical exhaustion gave way to sleepiness, and I layed down in the trail and cat-napped on my pack.

Craggy landsape — Yucca blip on a rugged outcropping.

This had been the toughest slog, but finally the trail turned upwards onto a final peak, and there we were at Ventana Double Cone. VDC had been a lookout station once upon a time, and there are still a few wood and stone remnants of the old structure. Did someone live out here, watching for fires? How did they get supplies?

Low clouds streaming over a distant saddle, looking down from Ventana Double Cone.

Awe-inspiring 360° view of rippled mountains in all directions, golden light, pink and orange reflecting off granite slabs and impossibly rugged mountains as far as the eye can see. Ventana just goes on forever, never quits.

Ward and I hunted for the best place to pitch a tent, but there was little protection from the wind on the ridge. Finally spotted a flat area a bit downhill and found it perfectly flat, smoothed by recent rains. Talking to a trail runner later, realized later we might have camped on an emergency helipad. Fine, it was perfect.

From the next day: Clambered up a boulder to get a different perspective on our helipad campsite.

We switched out of sweaty t-shirts into thermal layers. Still, had to eat dinner in the tent to keep the chill at bay. Tent worked wonders, and soon we were able to venture out to enjoy the sun setting over roiling clouds.

Ward setting up on Ventana Double Cone

Day 3, Ventana Double Cone to Mystery Camp
Crack of dawn, I peeked out the tent flap to see Ward had been (once again) up an hour before me, reveling in dawn’s first light. Pulled on boots to pad around the mountaintop before coffee, first golden rays poking through.

Before departing a campsite, Ward gives thanks with a ritual of his own devising, beautiful to see.

厳しい2日間の後、ローンパイン(水源)への短いものを計画しましたが、アリが豊富で視界がないので、地図ではなく、以前に通過した小さなキャンプに押し付けました。私たちはそれを「ビールキャンプ」と名付けました(私たちは最終的に、その夜にそれぞれ持っていたビールを1杯飲むことにしました。これは、それぞれ約1ポンドの価値があります(金額ではなく、お金ではありません))。ビールキャンプは素晴らしい呼びかけでした。素晴らしい景色と、背後にある大きな丘は、世界中をずっと探索することができました。

「ビールキャンプ」の上の丘にある幽霊の木。

ユッカの死後の世界に魅了された—彼らはゆっくりと死んで衰退する—ゴーストサボテンだと私は思う。今回は乾燥した年で野生の花はほとんどありませんでしたが、キャンプには可憐な「フリンジポッド」がたくさんありました。さやを持って草の中に横たわると、太ももに刺し傷を感じ、それが岩だと思い、ひっくり返して小さなクモ(鉛筆の消しゴムのサイズ)がズボンを噛んでいるのを見つけました。2週間後、まだ2つの赤い隆起がありました(後退)。

「ビールキャンプ」のフリンジポッド—これを撮影している間、楽しい小さなクモに噛まれました!

テントを張った後、隣の山に向かい、私がその特定の土壌を100年間歩いた最初の人かもしれないことに気づきました、誰が知っていますか?腐敗したユッカ、花崗岩の形成、幽霊の木、無限の組み合わせ。岩が滑って、滑って、手を伸ばして安定させ、サボテンの茎をつかみました。指から血がこぼれ、私はそれをキャンプに吸い戻し、ほとんど迷子になりました。キットにネオスポリンと蝶の包帯が含まれているのを見つけてうれしいです。名前のないキャンプに沈む夕日、そして私たちはストーブの輝きの上で夕食を食べました(まだ火はありません!)

ユッカ姉妹

私が丘から戻ったとき、ワードは彼自身の見晴らしの良い場所を見つけるために出かけました。彼が暗闇の中でキャンプを見つけるために、彼が暗闇で戻ってこなかったら、私はテントの上にヘッドライトを置くだろうと彼に言いました。地平線上の遠くの都市のわずかな輝きだけが、文明がまだそこにあることを私たちに思い出させました。

4日目、パットスプリングスに戻り
ます。テントの生地、花崗岩、サボテンが外に配置され、日光の輝きに目覚めるのが大好きになります。太陽が昇ると、完全に幾何学的な長方形の光が現れ、下のシャパラルの上を滑空しました。その日のその時間に太陽が私たちの上の尾根のノッチに当たった方法だったに違いありませんが、そのような幾何学的な線が見えるのは奇妙でした。ここでは何もまっすぐではありません。臭い靴下がクリスマスのように幽霊の枝にぶら下がって乾きました。

カウボーイキャンプからパットスプリングスまであと3マイルのところにありましたが、最悪の火傷跡を通り抜けなければならず、常に壊滅的でした。

森の混沌:誕生、成長、死、復活。私たちが理解するのが難しいタイムスケールで、エネルギーを物質に、そして再び元に戻す継続的なモーフィング。すべての天気、すべての条件、すべての時間。日光は木になり、木は根おおいになり、根おおいは土になります。大規模なものから微小なものまで、変化は常に継続的です。巨大なものは、火山的または氷河的または有機的に成長し、その後壊れます。小さなものに分割し、次に再び小さくします。生と死は荒野で共存し、共依存しています。陰陽。地球は自分自身を成長させるために自分自身を消費します。

パットスプリングスのキャンプ場の上にそびえ立つ急な丘があり、それは珍しい地球のように感じられます。林床は花崗岩と松ぼっくりで覆われ、果てしなく複雑な地形です。すべての方向に無限のビュー。

スロープ

2016年のSoberanes火災の境界の交差点—一部の樹木は焼失または部分的に焼失し、他の樹木は無傷です。「何かが生き、何かが死ぬ。」

パットスプリングスの上の丘の火傷エリア

私たちは早く到着し、私が対処することに慣れていない構造化されていない時間の午後を残しました。最初は不安で不安でした。ウォードがゆっくりとした春の小川から貯水池を満たすための巧妙な装置を思いついた後、私たちは別々の道を進み、私はそれに沈み、自然の中で一人で午後を瞑想しました。モーターを遅くするのは難しいですし、これは孤独な平和に落ち着く貴重な機会でした。

2016年のソベラネス火災で部分的に焼けた独特の樹形。

座って果てしなく続く景色を眺め、半分焼けた樹皮のパズルのピースに近づき、巨大な横向きの木を抱きしめ、エイミーとエリとマイルズへの樹皮の贈り物を「買い物」しました。目を閉じて、それは美しく、風が頭を包み込み、太陽の光が肩にかかっていました。それらを開いた、そしてそれはまだきれいだった。

午後の残りの時間は、この素晴らしい丘を一人で歩き回り、ゆっくりと動き、私ができることを吸収して過ごしました。旅の唯一の哺乳類であるリスを1匹見ました。水が多ければ、この地域はどのように変わるかを想像しました。やがてキャンプに戻り、ウォードと一緒に夜を過ごしました。

パットスプリングスの尾根の病棟

炎を完全に消すのに十分な水が供給されたここで、私たちの最初で唯一の旅行の火を作りました。眠りにつくと、樫の葉の張り出しの下側に火の輝きが反射し、空全体が星と遠くの雲で満たされ、最も深い満足感を覚えました。

彼にとって非常に意味のあるこの場所を共有してくれたワードに多大な感謝を感じました

5日目
、カリフォルニアで育ち、空に鮮やかな色が見えるとき、それは日没を意味します…太平洋を西に見下ろします。しかし、これらの高い山のいくつかから、東を見ると、日の出はあらゆる点で活気に満ちています。

今日のもう1つの長いスローグ—PatSpringsがTheHoistに戻ります。私たちは5日間、ゴミも、人間以外の人間も見ていませんでした。数人のトレイルランナーに遭遇しました(1組が1日で40マイルのサーキット全体を実行し、超軽量スタイルでした。1週間生き残る必要がない場合、パックがどれほど小さいかは驚くべきことです)。

iPhoneセルフィー、どうして

魔法のパットスプリングスに別れを告げるのは難しいですが、すべてのものは合格しなければなりません。Coming's Campまでのジャンクションで再編成されました。これは、昨年滞在しようとしたものと同じですが、水が不足していることがわかりました。今、トレイルサインは地面で衰退しています—時代の終わり?

コミングスキャンプへのジャンクションで再編成。自分撮りの時間。

帰りに、1日目にトラックで火の道を持ち上げてくれた親切だが風変わりな仲間のテオに会いに戻った。毒樫と一緒に暮らすというテーマが浮かび上がり、テオは言った。私たち彼はそれを少量食べることで免疫を維持しました。帰り道、彼は地面からいくつかの小さな葉を摘み取り、人間のビリーヤギのように舌の上に置き、飲み込んだ—完璧なキャッパー。

テオは毒樫の免疫力を高めます…それを食べることによって!

火の道を下った厳しいスローグの後、私たちは車に戻り、準備ができているかどうかにかかわらず、すべてがTheBuiltWorldに戻りました。今回はとても感謝しています。

その週に撮影した画像を約200枚保存し、そのうちのいくつかをここに含めました。興味があれば、Lightroomのフルアルバムを利用できます(Adobeログインを持っている場合はコメントを許可します)。また、 Flickrアルバムは、私が少しずつ取り出していくにつれてゆっくりと表示されます。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved