Apple Sillicon(M1チップ)のフルパワーを解き放ちます

May 08 2022
M1 Macは、この方法で高速化できます。問題macOSの一部のアプリは、CPUを不必要にビジー状態に保ちます。

M1 Macは、この方法で高速化できます。

問題

macOSの一部のアプリは、CPUを不必要にビジー状態に保ちます。たとえば、Logitechのマウス/キーボードをカスタマイズできるアプリであるLogitechのG Hubは、25%のCPUで動作し続けますが、ヘルパープロセスlghubはCPUの約1000%を占めます。これはWindowsにも当てはまるようで、Logitechはこの問題にできるだけ早く対処する必要があると思います。

しかし、それはLogitechGHubだけではありません。他の多くのアプリも、正当な理由もなく大量のCPUを使用しています。その場合、バッテリーの消耗が早くなり、Macが熱くなり、システムの速度が低下します。この問題を修正する方法はありますか?

解決

今日、MacでアプリのCPU使用率を制限できることがわかりました。方法は次のとおりです。

  • 古いバージョンのmacOS(Yosemiteまで)では、 CPUThrottleと呼ばれるアプリを使用できます。ただし、新しいバージョンのmacOSでは実行されないため、Homebrewはリポジトリから削除しました。まだYosemite(またはそれ以前)を使用している場合は、このページをチェックして、CPUスロットルの使用方法を確認してください。
  • 新しいバージョンのmacOSには、他のオプションがあります。Intel Mac(2021より前のすべてのMac)を使用している場合は、オープンソースで無料のAppPoliceを使用できます。
  • ただし、M1(別名、Apple Sillicon)を使用している場合、AppPoliceは機能しません。ただし、M1で機能するオプションは2つあります。(1)CPU Setter、(2)AppTamer。
App Tamerは、不正なアプリを真剣に*飼いならす*!

CPUSetterとAppTamerのどちらが優れていますか?

ベルやホイッスルのない基本的な機能だけが必要な場合は、CPUセッターを使用してください。M1Macで動作します。しかし、CPU Setterについて私が気に入らなかったのは、各アプリに割り当てるCPUの量を選択できる「スライダー」でした。対照的に、App Tamerでは、CPU制限を直接入力できます。さらに、App Tamerは、高性能コアが使用する電力の約10%を使用するCPUコアであるM1の効率コアを利用します。これは、App Tamerに、高性能CPUの恩恵を実際に受けていないアプリに効率コアを割り当てるように指示できることを意味します。

どちらのアプリでも、アプリの機能を台無しにするため、途方もなく低い制限を設定しないでください。たとえば、SpotifyのCPU制限を10%に設定すると、音楽が歪んでしまいます。ただし、Logitech G Hubなどに5%を設定することは、アプリを実行する場合を除いて、まったく問題ありません。アプリを実行する場合は、CPUパワーが低いため、明らかに遅延します。ただし、AppTamerを一時的に無効にすることはできます。

私のテストでは、バックグラウンドアプリのCPU消費を制限するか、バックグラウンドアプリがないときに完全に無効にすることで、M1Proチップを搭載したMacbookProのすでに低い熱を減らしました。これは、Macをクラムシェルで使用しているので便利です。これにより、バッテリーが節約され、システムで実行される内容をより細かく制御できます。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved