「アイ・アム・ザ・ウォルラス」がジョン・レノンのお気に入りのビートルズの曲の1つだった理由

Apr 21 2022
ポール・マッカートニーは、有名な子供向けの本がジョン・レノンにビートルズの「アイ・アム・ザ・ウォルラス」と「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」を書くように促したと感じました。

TL; DR:

  • ポール・マッカートニーとジョン・レノンはどちらもビートルズの「アイ・アム・ザ・ウォルラス」のソフトスポットを持っていました。
  • ジョンはなぜ彼がその歌をとても楽しんだのかを説明した。
  • ジョンは「アイ・アム・ザ・ウォルラス」を1970年代のバンドの作品と比較しました。
ビートルズのジョン・レノン| ロンハワード/レッドファーンズ

ポール・マッカートニーは、ビートルズの「アイ・アム・ザ・ウォルラス」が有名な児童書に部分的に触発されていると感じました。興味深いことに、ジョン・レノンは、「アイ・アム・ザ・ウォルラス」が彼のお気に入りのビートルズの曲の1つである理由を明らかにしました。その後、彼はそれを有名な1970年代のバンドの作品と比較しました。

ポール・マッカートニーは、児童書の詩がジョン・レノンに影響を与えたと述べました

1997年の本PaulMcCartney:Many Years From Nowで、PaulはJohnがLewisCarrollの大ファンであると述べました。キャロルは、不思議の国のアリス鏡の国のアリスを書いたことで最もよく知られています。ポールは、「ジャバーウォッキー」と呼ばれる  スルー・ザ・ルッキング・グラスの詩がジョンの作詞作曲に影響を与えたと語った。

「ストロベリーフィールズ[フォーエバー]」と「アイアムザウォルラス」はどちらも「ジャバーウォッキー」から来ています」とポールは意見を述べました。「『私はあなたと同じように彼です…』彼がそれをすることができたのは 『ジャバーウォッキー』のおかげです。」

関連: ビートルズ:ジョン・レノンはポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンがこの曲で彼に影を落としたと言った

ジョン・レノンは、ビートルズの「アイ・アム・ザ・ウォルラス」が好きだった理由を明らかにしました

『レノンのレノン:ジョン・レノンとの会話』という本によると、ジョンは1973年のインタビューでお気に入りのビートルズの曲について話し合った。「私の中で、私は 『ストロベリーフィールズ[フォーエバー]』と 『[アイアムザ]ウォルラス』が好きです」と彼は言いました。「ポールの中で、私は 『ここ、そこ、そしてどこでも』が好きです。リンゴの中で、私は「ハニー・ドント」が好きです。そしてジョージの中で、私は「ウィズイン・ユー・ウィズイン・ユー」が好きです。もちろん、私はまだ「エリナー・リグビー」が好きで、もう1つは「誰もいない」が好きでした。」

1974年のラジオ番組で、ジョンは有名なビートルズの曲を演奏しました。「そして今、 マジカル・ ミステリー ・ツアーのトラックを再生します。これは、とても奇妙だったので、私のお気に入りのアルバムの1つであり、「アイ・アム・ザ・ウォルラス」です」とジョンは言いました。「もちろん、私がやったので、それは私のお気に入りのトラックの1つでもあります。しかし、それは、100年後でもあなたが興味を持ち続けるのに十分な小さなビットを持っているものの1つだからです。」ジョンは、この曲はエレクトリックライトオーケストラのファンを喜ばせるはずだと言った。

関連: ジョン・レノンの息子は、それについて尋ねられるのが嫌いなのに、彼の2つのお気に入りのビートルズの曲に名前を付けました

「アイ・アム・ザ・ウォルラス」がアメリカとイギリスでどのように演奏されたか

「アイ・アム・ザ・ウォルラス」はアメリカでマイナーヒットになりました。曲はBillboardHot100の56番でピークに達し、4週間チャートにとどまりました。「IAmtheWalrus」は、マジカルミステリーツアーのサウンドトラックに最初に登場しました。アルバムはビルボード200で8週間1位で、合計93週間チャートに残りました。

オフィシャル・チャート・カンパニーによると、「アイ・アム・ザ・ウォルラス」は英国ではチャートを作成していませんでした。その間、マジカルミステリーツアーはささやかなヒットになりました。英国では31位でピークに達し、10週間チャートにとどまりました。

「アイ・アム・ザ・ウォルラス」はファブ・フォーの最大の曲の1つではありませんでしたが、ジョンの心の中で特別な場所を持っていました。

関連: ポール・マッカートニーは、有名な詩人がジョン・レノンにビートルズの「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」を書くように促したと述べました

© Copyright 2021 - 2023 | hachiwiki.com | All Rights Reserved