40日間の製品管理—パート12

May 09 2022
このストーリーでは、人間の偏見のいくつかと、製品マネージャーとしてそれらをどのように活用できるかについて説明します。2.2。

このストーリーでは、人間の偏見のいくつかと、製品マネージャーとしてそれらをどのように活用できるかについて説明します。

  1. 最も人気のあるもの—希少性効果
Myntraの「2左」のテキストはユーザーに衝動的な購入を促します

2.アンカーバイアス

人間は、既存の/最初の情報を使用して、購入しているものの価値を判断することに慣れています。たとえば、スターバックスはカップサイズの手法を使用して、顧客に最も高価なコーヒーを購入するように誘います。

スターバックスのコーヒーの価値を最も安いカップの価格(まだ高価です)から推測するため、大きいものの方が良いと感じています。最も安いものをアンカーとして使用します。

スターバックスは、アンカー技術を使用して、「トレンタ」を購入するように誘惑します

3.少ないほど多い/認知のしやすさ

人間として、私たちは雑然としたものを嫌い、通常、明示的に言及されていないことを理解します。プロダクトマネージャーとして、ユーザーにとって十分直感的な最小限のUIを備えた製品インターフェイスを設計するのは良いことです。

情報が多すぎると、ユーザーは私たちが提供しようとしているコア製品の提供から気をそらされます。下の画像に示すように、HeadspaceアプリがUIのアプリ「Play」のコアアクションをクリーンなインターフェイスでプッシュする方法が気に入っています。

ヘッドスペースは、コアアクションにプッシュするためのシンプルで直感的なUIで「再生」を表示します。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved