350Zエアロダイナミクス

Nov 24 2007
日産350Zの空力特性は、ボディリフトを低減するように設計されており、スピードでシャープなハンドリングを提供します。日産350Zの空気力学の詳細をご覧ください。
車の下側は完全に平らで揚力を減らすように設計されました。

350Zのボディを開発するにあたり、エンジニアは日産テクニカルセンターの風洞で350Zの空気力学のテストに多くの時間を費やしました。しかし、あなたが考えるかもしれない理由のためではありません。

これはスポーツカーであり、筋肉質で個性が溢れていました。石鹸の科学実験ではありませんでした。世界で最も低い抗力係数を持つ車の自慢する権利は待たなければならないでしょう。

代わりに、空力作業は主にゼロボディリフトを達成することを目的としていました。安定性の向上は利点であり、風切り音が少ないことは心地よい副作用です。車内の空気の流れを管理することで、高速走行時の車体の浮き上がりを解消し、まるで真空走行のように感じました。低速での正確なハンドリングも高速でも楽しめます。

この調査から生じた無数の変化は微妙でしたが、重要でした。手始めに、350Zの床は可能な限り平らになるように設計されており、いくつかの部品が突き出て抗力を生み出しています。エキゾーストシステムは、クロスフローマフラーをフラットに配置して、アンダーボディを抱き締めるようにルーティングされました。

燃料タンクはラゲッジエリアの下の床の下に押し込まれていました。フロントバンパーとエンジンアンダーカバーは、空気を圧縮して速度を上げるのに役立つように形作られました。これにより、圧力が下がり、車の下に真空が発生し、地面に吸い込まれます。

エンジン後部では、揚力を低減するためにアンダーカバーの気流が分散されていました。空気は誘導され、床側の運賃と床下のデフレクターを通ってさらにハッスルされました。リアリフトを低減するリアディフューザーに加えて、トラックモデルはバンパーの後ろに小さなチンスポイラーを備え、ハッチドアの最後端に同様に最小限のデッキスポイラーを備えていました。

そのホイールハウジング上の無視できない膨らみを考慮して、ベース350Zはかなりの0.30の抗力係数を相殺しました。トラックモデルの場合、Cdはかなり滑りやすい0.29に低下しました。

日産Zやその他の優れたスポーツカーの詳細については、以下をご覧ください。

  • 日産Z
  • スポーツカー
  • ポルシェカー
  • フェラーリ

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved