1968-1969ダッジチャージャーの仕様

Nov 26 2007
1968-1969年のダッジチャージャーの仕様は、強力なパフォーマンスを支持していました。で1968-1969ダッジチャージャーの仕様を見つけてください。
後のダッジチャージャーモデルは、塗りつぶされたファストバックルーフラインとフラッシュグリルを備えていました。

1968-1969年のダッジチャージャーの仕様は、その無駄のない平均的な設計の精神に合ったパフォーマンスを優先して大きく傾いていました。

仕様

エンジン:すべてのOHV V-8:318 cid(3.91 x 3.31)、230 bhp; 383 cid(4.25 x 3.38)、290 / 330bhp充電器R / T 426 cid(4.25 x 3.75)、425 bhp; 440 cid(4.32 x 3.75)、375 bhp

トランスミッション: 3速マニュアル(318-cidのみ); オプションの4速マニュアルおよび3速TorqueFliteオートマチック(R / TのTorqueFlite標準)

サスペンション、フロント:ショート/ロングアーム、トーションバー、スウェイバー

サスペンション、リア:ライブアクスル、リーフスプリング

ブレーキ:フロント/リアドラム(フロントディスクはオプション)

ホイールベース(インチ): 117.0

重量(ポンド): 3,100-3,646

最高速度(mph):ヘミ142-156 R / T 113+

0-60 mph(sec):ヘミ4.8 R / T 6.0-7.2

車の詳細については、以下を参照してください。

  • クラシックカー
  • マッスルカー
  • スポーツカー
  • 消費者ガイド新車検索
  • 消費者ガイド中古車検索

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved