1967年マーキュリーサイクロンGT

Nov 27 2007
1967年のマーキュリーサイクロンGTは、前年からのわずかな外観の変更によってのみ特徴づけられました。1967年のマーキュリーサイクロンGTの詳細をご覧ください。
1967年のマーキュリーサイクロンGTは、下半身のラリーストライピングとブラックアウトグリルが特徴でした。

1967年のマーキュリーサイクロンGTは、中央に記章が付いた単一セクションの水平バーグリルを着用していました。テールライトやリアエンドの装飾もさわやかでした。エンジンの変更により、390-cidV-8は320馬力に低下しました。通常の289-cidサイクロンV-8は200bhpのままでした。

下半身のラリーストライピングは、ブラックアウトグリルと同様に、マーキュリーサイクロンGTの識別に再び役立ちました。ツインスクープフード、明るいエンジンコンポーネント、ワイドオーバルホワイトウォール、補強されたサスペンション、パワーフロントディスクブレーキなど、GTエクストラはあまり変わりませんでした。

1967年までに、彗星の名前は基本的な202セダンでのみ公式に使用されました。今年はサイクロンの販売にとって良い年ではありませんでした。さらに言えば、Cometから派生したモデルはありませんでした。GTの生産量は急激に減少し、合計でわずか3,797になり、ラグトップはわずか378になりました。さらに少ない普通のサイクロンが工場を去りました。

1967年のマーキュリーサイクロンGTは、以前は水平であった垂直テールライトを搭載していました。

好調なスタートを切った後、中型のマーキュリーのパフォーマンスは衰えているようで、フェアレーンのいとこのように定着することができませんでした。1966年のインディ500(ベンソンフォードが指揮を執る)のペースカーとしてのサービスと、スーパーストック誌からの「今年のパフォーマンスカー」としての賞は、ショールームでは役に立ちませんでした。彼らはがっかりしなければなりませんでしたが、次世代の中間体が示すように、マーキュリーの人々はまだ辞める準備ができていませんでした。

次のページの1966年と1967年のマーキュリーサイクロンGTの詳細な仕様を参照してください。

車の詳細については、以下を参照してください。

  • クラシックカー
  • マッスルカー
  • スポーツカー
  • 消費者ガイド新車検索
  • 消費者ガイド中古車検索

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved