1966年フォードブロンコレビュー

Nov 29 2007
1966年のフォードブロンコのレビューによると、この車はオフロードでの使用に最適であり、最高速度が遅いことは欠点ではありませんでした。1966年のフォードブロンコのレビューをチェックしてください。
クロームメッキのバンパーとバンパーガードは、1966年のフォードブロンコのオプションでした。

1966年のフォードブロンコのレビューで、自動車雑誌は、この車両がオフロードでの使用に最も適していることに大いに同意しました。

モータートレンドは、二輪駆動で、ブロンコが「5.5秒で時速30マイルに跳ね上がり、11.5秒で時速45マイルを通過し、21.2秒で時速60マイルに達し、(フォードの試験場の1/4マイルのストリップの)フィニッシュラインを通過したことを発見しましたテストトラック)21.5秒で、5輪の電気速度計が正確な時速62マイルを読み取ります。」最高速度は時速約80マイルでした。

MTは、ブロンコのヒルクライム能力を次のように説明しています。「フォードのテストトラックには、さまざまなテスト手順のための急な舗装された丘があります。高さは約50〜60フィートで、両側に急な芝生の斜面があります。最初はローレンジで泣き言を言ったが、最初から素早くシフトした後、3番目にそれをしたとき、私たちはさらに感銘を受けた。

「トップでリバースにシフトすることで、ブレーキの助けを借りて完全にコントロールしながらのんびりと撤退することができました。丘をバックアップするのも同じくらい簡単でした。運転席からは真っ直ぐ下を向いていました。」

カーライフカリフォルニア、ないミシガン州で行われたのテストは、実際の環境でブロンコを置きます。「南カリフォルニアの高速道路のツアーはすぐに、ギアの低いブロンコがバックカントリーで頭を置くのが最善であることを示した」と同誌は述べた。

「この特定のブロンコの快適な高速道路クルーズは時速55マイルでした-高速道路の基準の大部分では遅いです。時速60マイルの速度は小さなエンジンのタイトな巻きとトランスミッションとトランスファーケースの可聴動作を生み出しました;時速74マイル、絶対に上限ブロンコの進歩の、維持するのが難しく、身に着けていて、おそらくエンジンを不必要に叩きました。

「したがって、ブロンコはその能力の評価により適した地域に連れて行かれました。カリフォルニアの山岳の背骨、急な峡谷とドロー、岩、ブラシと松、湿った雪の斑点が飛び散った土地です。鋭いホッグバックの尾根の太陽が不足している北側に沿って氷。」

ここで、カーライフは、「ブロンコのサスペンションは、控えめに言っても、客観的に過酷ではないが、硬い乗り心地を提供します。ステアリングは非常にポジティブで楽ですが、24:1の全体的な比率は時々遅すぎることがありますオフロードドライバーに必要な、迅速なボルダー回避操作のいくつか。....ブロンコは、馬を気にしないが、馬の小道にぶつかりたいと思っているオンブルには適しています。

「ブロンコは雑貨店からグラブをトートバッグに入れたり、若い子供たちを校舎に詰め込んだりできます。ピンチでブロンコは春の耕作を手伝うことができます。ブロンコの何よりも素晴らしいのは、ペコスの西にあるロデオのオーラが運転手は「Eeeeeaaaaayyhhooo!」と叫びます。彼が渓流を​​四輪フルティルトで耕したり、山の頂上で空中に浮かんでいるのを壊したりするとき。」

基本的なブロンコワゴンの重量は3,025ポンドで、800ポンドのペイロードを搭載していました。ヘビーデューティーパッケージでは、耐荷重は約3倍になりました。

標準タイヤは7.35x 15の黒いサイドウォールタイヤで、四輪駆動車の基本的な使用法すらありませんでした。これはおそらく、フォードが価格を抑え、セールスマンがバイヤーを高収益のオプションタイヤの幅広い選択肢に移動させたいと考えていたためです。(カーライフは、高速道路とブラシの両方の使用を希望するブロンコの購入者は、2セットのタイヤとホイールを検討する必要があることを示唆しました。)

ディーラーが設置したオプションには、クロームハンドホールドレール、インサイドハンドレール、ワゴン用ラゲッジラック、過負荷空気ばね、さらには除雪車が含まれていましたが、エアコンはありませんでした。

モータートレンドはブロンコのブレーキについて報告しませんでした、しかしカーライフはそうしました、そして感銘を受けませんでした。ブロンコは11インチを備えたドラムフロント及びリアに10インチのドラム。

境界線上適切なブロンコブレーキを与えることについての説明はありませんでした。市場の一部がブロンコをショーに行くよりも見せたいと思っている郊外の人々であるように思われたので、なぜそれがオプションの二輪駆動で提供されなかったのかについての説明もありませんでした。

ブロンコの初年度の生産台数は、4,090台のロードスター、6,930台のスポーツユーティリティ、12,756台のワゴンでした。

次のページに移動して、1967年と1968年のモデルイヤーの変更について学びます。

車の詳細については、以下を参照してください。

  • クラシックカー
  • マッスルカー
  • スポーツカー
  • 新車検索
  • 中古車検索

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved