1966-1967マーキュリーサイクロンGT仕様

Nov 27 2007
1966年と1967年のマーキュリーサイクロンGTは、116インチのホイールベースと強力なパフォーマンスパッケージを備えていました。1966- 1967年のマーキュリーサイクロンGTの仕様を参照してください。
1967年のマーキュリーサイクロンGTでのエンジンの変更により、390-cidV-8は320bhpに低下しました。

1966年から1967年のマーキュリーサイクロンGTでは、390 V-8が標準の(そして唯一の)エンジンでした。1966年のマーキュリーサイクロンの生産量は16,000近くに達しましたが、1967年のマーキュリーサイクロンの販売数は4,000未満でした。

仕様

エンジン: OHV V-8、390 cid(4.05 x 3.78)、335 bhp(1966)320 bhp(1967)

トランスミッション: 3速マニュアル; 4速マニュアルおよび3速スポーツシフトMerc-O-Maticオプション

サスペンションフロント:アッパーアーム、ストラット安定化ロアアーム、コイルスプリング、スタビライザーバー

サスペンションリア:ライブアクスル、リーフスプリング

ブレーキ:フロント/リアドラム(1966年にはフロントディスクはオプション、1967年には標準)

ホイールベース(インチ): 116.0

重量(ポンド): 3,075-3,595

最高速度(mph): 123

0-60 mph(sec): 6.6

車の詳細については、以下を参照してください。

  • クラシックカー
  • マッスルカー
  • スポーツカー
  • 消費者ガイド新車検索
  • 消費者ガイド中古車検索

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved