1956カイザー-ジープFC-150

Dec 27 2007
カイザーフレーザーは1953年にウィリスオーバーランドを購入し、ジープも一緒に購入しました。写真で1950年代半ばから後半までのジープについてもっと学びましょう。

1956年11月27日、カイザージープは新しい3/4トンのピックアップトラックを発表しました。このデザインは、小型トラック市場にとってまったく新しいアイデアでした。ドライバーを前輪の真上で前方制御位置に配置しました。

コマーシャルカージャーナルは、1956年12月に、フォワードコントロールジープトラックの使命を述べました。「ホイールベースに関連して最大の貨物スペースを提供することを目的として、新しいFC-150は、81インチのホイールベースにもかかわらず、6フィート以上の貨物ベッドの長さを提供するためにエンジンのかなり前方にキャブを配置しています。」

全長は147.5インチで、小型のナッシュメトロポリタンより2インチ短く、シボレーのハーフトンピックアップより38インチ短かった。シャーシは基本的にCJ-5ジープのものでしたが、3/4トンユニットに分類されましたが、FC-150は75馬力と114ポンドフィートの4気筒Fヘッド「ハリケーン」エンジンを搭載していました。トルク。

3速マニュアルトランスミッションが標準でしたが、4速はオプションでした。四輪駆動が採用され、トランスファーケースは車両を停止することなくシフトできました。これは当時の大きな革新でした。ピックアップの価格は2,320ドルで、従来の4 x4ジープトラックよりわずか64ドル高かった。

ジープの広告プログラムは、FC-150の優れた視認性を強調し、従来の車両よりも200%大きいと主張しました。実際、デラックスモデルは2,747平方インチのガラス面積を提供しました。

しかし、モータートレンドは、「T-Birds、Corvettes、Hawks、および右側を通過する可能性のあるその他の低身長のアイアンは、運転席からは見えにくい」と述べています。雑誌はFCの「ヘリコプターの外観」に言及し、「この小さな働き者の運転台に登ったときの第一印象は、渦巻き鳥の泡の天蓋の下に身を投じたということかもしれません」と述べています。

他の四輪駆動ジープ車のように、フォワードコントロールモデルはほとんどすべての種類のグレードを登ります。モータートレンドの報告をしているボブ・スカラは、次のように回想しています。「最初のテストホップでは、トランスファーコントロールを低速の四輪駆動位置に押し込み、このジープの山のスタブノーズをオートバイのヒルクライムコースに向けました。 。このコースは狭く、深く轍があり、でこぼこした道でした。パーセントグレードの見積もりは拒否しましたが、従来のトラックや乗用車で交渉しようとは夢にも思いませんでした。

「ジープはこれで何の問題もなく、着実に確実に上に登りました。私たちは振り返り、スキージャンプから跳躍する感覚を体験し、エンジンの圧縮によって安全に下に降りることができました。私たちは目を離さないでいます。ジープを止めるかもしれない丘のために開いている、しかし我々はそれが垂直に近くなければならないであろうと思う。」

このモデルのトランスファーコントロールは、他のジープに典型的な2レバー操作の代わりに、1つのレバーに削減されました。ステアリングは軽くて簡単でしたが、やや遅いものでした(32.0:1の比率では、ロック間で5回転半が得られました)。クラッチペダルとブレーキペダルは振り子式で、当時広く使われるようになりました。

便宜上、ブレーキフルードリザーバーカバーはダッシュボードに配置されました。エンジンへのアクセスは、簡単に取り外し可能なカバーを介して行われ、重いグラスファイバー断熱材がエンジンの騒音を抑えました。ペイロードベッドは、便利な積載のために、地上からわずか24インチの高さにありました。しかし、ベッドの奇妙な構成は、その収容力をいくらか制限していました。FCを他のKaiser-Jeep製品にリンクするために、同社は、対照的なボディカラーの使い慣れた7スロットツインヘッドライトグリルを提供しました。

ジープの詳細については、以下を参照してください。

  • ジープの歴史
  • 消費者ガイド新しいジープの価格とレビュー
  • 消費者ガイド中古ジープの価格とレビュー

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved