1954年ジープステーションワゴン

Dec 27 2007
カイザーフレーザーは1953年にウィリスオーバーランドを購入し、ジープも一緒に購入しました。写真で1950年代半ばから後半までのジープについてもっと学びましょう。
1953年のジープステーションワゴンの生産台数は6000台を超えました。

ジープステーションワゴンとパネルの納品は、1953年から1955年の間にほとんどキャリーオーバーでした。しかし、1954年に両方の4輪駆動バージョンに1つの重要なオプションが追加されました。115bhpの6気筒エンジンです。その年はまた、フロントエンドにマイナーな改訂をもたらしました。これには、5つではなく3つの水平スラットが付いたグリルが含まれます。

1954年9月、レポートモータートレンドはフラットヘッド6でワゴンをテストしました。このエンジンは、カイザーの自動車で使用されていたものと本質的に同じであり、その後、米国でのキャリアの終わりに近づいていました。

奇妙なことに、ウィリスの名前はまだ目立つように取り上げられていましたが、この時点で「ジープ」という用語は軽視されていました。ステーションワゴンを扱った文献には、ジープ自体についての言及はありませんでした。しかし、四輪駆動バージョンは依然として典型的なジープのように機能しました。

よるとモーター・トレンドのレビュアーの報告、駅ワゴンは「(私たちは同じ『タンクトラップ』を介して他の車を取ることができなかった)我々は見つけることができる最悪の轍の上に有界かつ迅速に落ち着いた。一つの塵に覆われたドライバがの外に出ましたジープはそれを動かせなかったと不平を言っています!それが柔らかい土や砂を通り抜け、ブラシを通り、そして丘を上り下りする方法は驚くべきことです:車輪はいくつかの周りを飛び回っていますが、車はただ掘り続けています雨に濡れた泥だらけの傾斜で、ウィリーズは決して衰えることはありませんでした。実際、そのドライバーは、滑りやすい丘が征服される前に、他のいくつかの後ろにスライドして回転する車を溝から引き出さなければならないと熱心に予想していました。 「」

四輪駆動のジープワゴン(典型的なモータートレンドの主題とはかなり異なる品種)に対する彼らの反応を要約すると、テストドライバーは次のようにコメントしました。

  • 「間にあるものに関係なく、ポイントAからポイントBに移動するための、足以来の最大の発明。」
  • 「快適で、静かで、経済的なファミリーカーとして走っているわけではありませんが、その頑丈さと素晴らしい牽引力のために私はそれが好きです。」
  • 「裏の森に向かうのが好きな場合、または山や砂漠(または道路の有無にかかわらず)に家を持っている場合、これは車です。都市や高速道路での使用も、高速道路の使用も目的ではありません。であることになっている。"
  • 「快適かどうかにかかわらず、車がハングアップしなかったかのようにバウンドすることで、(複数の方法で)大きな衝撃を受けました。ジープには欠点がありますが、もっと頑強だと思います。状況が悪化したときの多くのドライバーよりも」
  • 「控えめなトラックのようなインテリアはその目的を表しています。それはどんな基準でも快適な車ではありませんが、私はそれを非デラックスなファミリーカーとピックアップトラックの間の良い妥協点と見なしています。」

ジープユーティリティワゴンについて知るために読んでください。

ジープの詳細については、以下を参照してください。

  • ジープの歴史
  • 消費者ガイド新しいジープの価格とレビュー
  • 消費者ガイド中古ジープの価格とレビュー

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved