1型糖尿病の人は糖尿病性ケトアシドーシスにかかる可能性がありますか?

Sep 22 2021

回答

DouglasNoble1 Jul 25 2020 at 02:56

はい。彼らはできるし、する。彼らは馬鹿で、注意が必要で、自分の面倒を見ていないからです。または、彼らは馬鹿ではなく、インフルエンザや怪我などの他の病気にかかっているためです…そして、注意深いケアによって症候群から抜け出すことはできません。

PuneetAggarwal1 Nov 06 2020 at 14:27

アーユルヴェーダの研究者は、サラシアの植物種が、抗糖尿病活性を持つアーユルヴェーダの薬草として伝統的に使用されてきたと報告しています。腸からの炭水化物の取り込みを阻害することで機能し、高脂血症の軽度から中等度のグレードとともに糖尿病前症の状態を管理するのに役立ち、血清脂質プロファイルとグリセミック指数レベルを効果的に改善します。
そのような研究の1つは、夕食ごとにサラシアハーブサプリメントを摂取すると、2型糖尿病患者のHbA1Cレベル(HbA1Cはブドウ糖コントロールの割合)を低下させる可能性があることを推奨しています。サラシアの単回投与は、食事と組み合わせて摂取すると、同様に、2型糖尿病患者の食後インスリンレベルを低下させ、食後血糖を低下させるのに役立ちます。これらの減少は、より良い血糖コントロールを示しています。もう1つの研究では、サラシアを6週間食事と一緒に摂取すると、2型糖尿病患者の食前血糖値とHbA1Cレベルが低下するようであることが明らかになりました。

ニロガムのサラシアマルメロには天然のサラシア抽出物が含まれており、体組織を保護し、炭水化物の吸収を減らすことで、優れた代謝促進剤として機能します。Salacia-Oカプセルは、血糖値を下げ、血中コレステロールとトリグリセリドを減らし、糖尿病による網膜症を予防することで、2型糖尿病の治療に役立ちます。食事とライフスタイルの制限があるこの飲み込みやすいサプリメントを服用すると、糖尿病を自然にコントロールするのに役立ちます。

© Copyright 2021 - 2022 | hachiwiki.com | All Rights Reserved